【感想】新型デイズ&新型eKクロス 試乗徹底レビュー!乗り心地や安全装備の評判は?【口コミ評価まとめ】

2019年4月に日産新型デイズがフルモデルチェンジを行いました。同時に兄弟車の三菱新型eKワゴンもフルモデルチェンジし、両者ともに先代モデルから大進化したことが話題に。

(日産新型デイズハイウェイスター)

そこで今回カーギークでは「日産新型デイズ&三菱新型eKワゴンの試乗インプレッション」を徹底レビューしたいと思います。

ちなみに、どっちも中身は同じなので、新型デイズもeKもまとめて同時にレビューします。また主にカスタムグレード(日産はデイズハイウェイスター、三菱はeKクロス)を試乗した感想がメイン。

デイズとeKクロスの外観デザインの評価は?

まずは「外観デザイン」を評価していこうと思います。

結論から書くと、新型デイズも新型eKも軽自動車の中ではかなりかっこいい部類に入りそう。実際そういった試乗の感想は多く、少なくともダサいと評価する試乗レビューは見たことがありません、

(三菱新型eKクロス 外観デザイン)

例えば、三菱新型eKクロスは非常に存在感が強いフロントマスク。

三菱が誇るメッキパーツを活かした「ダイナミックシールド」を上手に軽自動車のサイズ感にも落とし込めてる。ポジションランプ周辺のジュエル風のLEDも先進的で、もはやかつての古臭い三菱自動車感はゼロ。

(三菱新型eKクロス 外観デザイン)

とりわけ新型デイズも含めて、新型eKはサイド画像もカッコいい。

サイドガラスもリアにかけて狭まったデザインに仕上げ、Cピラーもブラックアウト化を最小限に抑えることで、実に「流線型のスタイル」が強調されてる。フォルム感は言っても軽自動車ですが、一昔前の軽自動車っぽさが皆無。

car-geek.com

ただ強いて言えば、三菱のダイナミックシールドはSUVを発端したデザインのため、どうせならフェンダーアーチモールはスクエア型だった方が面白かった気はします。

○新型デイズハイウェイスターも基本デザインは共通するが…

(日産新型デイズハイウェイスター)

一方、日産新型デイズハイウェイスターはこんな感じ。

フロントマスクには日産を代表するV字型のメッキグリル(Vモーショングリル)が採用されており、三菱新型eKクロスとはまた違ったカッコいい雰囲気が漂ってる。

「よりシャープで切れ長になったヘッドライト」と評価するのはベストカーの試乗レビュー。ポジションランプも「∠」型に発光するなど、結構飽きさせない仕掛けも盛り沢山で新型デイズハイウェイスターも面白い。

○新型eKクロスは車体カラーが豊富

(三菱新型eKクロス 車体カラー)

基本的にデイズもeKもフォルム感やリア周りは一緒なので、これ以上デザインに関して言及することはないんですが、両者の大きな違いを上げると「車体カラー」。

実は、新型eKクロスの方が車体カラーは豊富。

car-geek.com

例えば、グリーン系のツートンカラー(有料色)などは新型デイズには用意されておりません。理由は不明ですが、もしツートンカラーを選ぶ場合、新型デイズより新型eKをおすすめします。

内装インパネの試乗評価はどんなもん?

続いては「内装インパネ周り」の試乗感想。要するに新型デイズ、新型eKの内装の質感は高いのか?

(日産新型デイズ 内装インパネ周り)

結論から書くと、新型デイズの内装インパネの質感は高めです。ちなみに、三菱新型eKもデザインや素材に関しては同じなので画像は割愛。

例えば、ダッシュボード周りもソフトパッドが採用されるなど、新型デイズのインパネ周りの触り心地は上質。軽自動車では珍しく本物のステッチ(上級グレード)が織り込まれるなど、全体的に質感が高め。

またピアノブラック調のエアコンパネルはタッチパネルを採用し、風量調整などを視覚的に行える。色んな試乗の感想では「すごい」「面白い」といった好意的な評価が目立ちました。

シフトレバーも握りやすく、操作性は上々。「アクセルペダルの角度が調整されたことで女性でも踏み込みしやすい」とは竹岡圭の試乗動画。新型デイズ、新型eKは細部に渡って細かい改良が行われてることが分かります。

○収納力はどうなんだい?

(三菱新型eKクロス モーターマガジン 竹岡圭)

また新型eKクロス、新型デイズの収納力も優れてる。

例えば、インパネ周りだけでも7個ほど収納スペースが隠されており、一つ一つもゆったりと大きなスペースが確保されてるのが特徴。

アッパーパネルには500mlサイズのジュース、引き出し式トレイにはティッシュボックスも置けるなど使い勝手は十分。とことん収納スペースの確保が徹底されており、新型eKクロス&新型デイズにデッドスペースはなし。

(日産新型デイズ メーターパネル)

液晶デジタルメーターを採用し、中央部には時間や温度、実燃費などのインフォーメーションが表示されます。普通車にも負けないほど質感は高いように個人的には思いました。

まさに新型デイズ&新型eKの内装は実用性と質感が見事に両立されてる軽自動車と評価できそうです。

新型デイズ,eKの室内荷室、後席シートは相当広いが…

続いては「室内や後部座席の広さ」や「荷室の大きさ」の試乗評価。

結論から書くと、新型デイズ・新型eKの室内空間は広いです。

実際、ホイールベースは2495mmと先代比で+65mmも伸長し、トヨタ・パッソ並。車体サイズは一回りほど違いますが、新型デイズ・新型eKの中身はほぼコンパクトカー並。

荷室スペースも軽自動車でもトップクラス。後部シートが一番後ろに下げた状態でも荷室長は385mm。床下収納も54L。日常のお買い物程度であれば、ほぼ困ることはなさそう。

後席シートも荷室側からワンタッチレバーで倒せたり、前方にスライドさせることが可能になりました。非常に便利ですが、やや力が必要でそこまで手軽に…とはいかないかも。

(ベストカー5月26日号 講談社)

例えば、新型デイズ・新型eKのニースペースは+70mmも拡大し、他社のライバル軽自動車をしのぐ。頭上空間も超ハイト系スライドドア軽並に広く、サイドガラスも思ったより狭くはなく、ほぼ全く圧迫感を感じないほど広い。

また後席床下のコンモリしがちな中央部もフラットに設計されてるのもポイント。後席シートのスライド量も他車を圧倒するほどであり、まさに新型デイズ・新型eKの居住空間はかなり広い部類。

○シートアレンジや後席の乗り心地はイマイチか…

ただし、新型デイズ・新型eKに残念なネガティブな評価もちらほら。

例えば、「乗り心地」の評価。

確かに新型デイズ・eKは相当広く、シートの座面長や座面幅などサイズ感は十分なんですが、実はシート座面と床下の段差があまりないため、どうしても座るとヒザが浮いてしまう状態になってしまう。

要するに、しっかりドシッと沈み込むようにシートに座れない。本来はベタッと張り付くように接地してて欲しいモモ裏にも変な空間ができてしまう。色んな試乗の声や感想を聞いてても、個人的には同意できる部分か。

例えば、「サポート性も良くない」とはベストカーの試乗レビュー。中学生程度の子供であれば気にならないかも知れませんが、そこそこ身長が大きい成人男性ならシートの座り心地に不満感を抱くかも。

どうやら日産三菱の開発陣曰く「小柄な女性が座ってもフロアに足が付くような着座姿勢を目指した」とのこと。そこらへんの割り切った方向性が試乗の感想では良し悪しが分かれてきそう。

また後席シートは5:5の可倒式シート。今どき6:4ではなく、前方に倒してもフルフラットにならず、荷室との段差が出来上がってしまう。新型デイズなどで車中泊は困難。

他にも前後にスライドさせる場合、シートが独立してないため左右一体で動いてしまう。だから室内空間こそ広いものの、新型デイズ・新型eKのシートアレンジ力は他の軽自動車より見劣りか。

新型デイズ・新型eKの主要諸元まとめ

続いて車体サイズや室内空間など「主要諸元」をチェック。新型デイズも新型eKも主要諸元はほぼ同じなので割愛。

  • 全長…3395mm
  • 全幅…1475mm
  • 全高…1640mm(4WDは1660mm)
  • ホイールベース…2495mm
  • 最小回転半径…4.5メートル(カスタム系は4.8メートル)
  • 最低地上高…155mm
  • 室内長…2065mm
  • 室内幅…1340mm
  • 室内高…1270mm

搭載エンジンはルノーとの共同開発した元800ccエンジン

続いては「搭載エンジン」の詳細スペック。

今回新型デイズ・eKに搭載されてるエンジンは、実はルノーが小型車向けに開発したもの。

更に言うと、既に日産が海外で展開してるダットサンブランドに投入されていた「800cc3気筒エンジン」を愛知機械工業(日産子会社)が今回軽自動車向けにアレンジしたものになる。

一方、変速機は引き続きジャトコ製のCVTを採用してますが、今回から副変速機が排除され、ステップ制御が追加。最近スズキの軽自動車も副変速機が排されるなど、脱カタログ燃費に根ざした調整がされております。

またマイルドハイブリッドモデルのバッテリーには、東芝製のリチウムイオン電池を採用。既にスズキの軽自動車にも搭載済み。新型デイズの部品は既存のものを手堅くまとめてきており、故障は少なそう。

ちなみに、三菱新型eKの搭載エンジンも同スペックのため、日産新型デイズのみ掲載。

また電気モーター未搭載エンジンもラインナップされてますが、ガソリンエンジンのスペックは全く同じなので割愛。カタログ燃費にも違いはないため、ハイブリッドかどうか気にする必要はなさそうです。

○660cc直3NAマイルドハイブリッドエンジン

  • 形式…BR06-SM21
  • 最高出力…38kW(52PS)/6400rpm
  • 最大トルク…60Nm(6.1kgm)/3600rpm
  • 電気モーター…2.0kW(2.7PS)/40Nm(4.1kgm)
  • 車重…840~860kg
  • カタログ燃費(WLTCモード)…21.2km/L
  • 燃料タンク…27L

○660cc直3ターボエンジン

  • 形式…BR06-SM21(インタークーラーターボ)
  • 最高出力…47kW(64PS)/5600rpm
  • 最大トルク…100Nm(10.2kgm)/2400~4000rpm
  • 電気モーター…2.0kW(2.7PS)/40Nm(4.1kgm)
  • 車重…860~880kg
  • カタログ燃費(WLTCモード)…19.2km/L
  • 燃料タンク…27L

【デイズ】乗り心地などの走りの試乗評価は?【eK】

ということで試乗記事の本題。

新型デイズ・新型eKの走りや乗り心地、ステアリングフィールなどの感想をレビューしていこうと思います。

結論から書くと、新型デイズと新型eKの走りの質感は高めです。

例えば、加速感。

先代デイズなどは評判がイマイチでしたが、発生回転域などを低くすることで「小さめのアクセル開度でも思いのほかスイスイとよく走る」と加速の良さを評価するのはベストカーの試乗レビュー。

車重は800kg台後半とそれなりに重いため過度な期待は禁物ですが、元が800ccエンジンだけあってNAでも割と不満感はなし。出足の鈍さは増したという感想もありますが、新型CVTの採用で随分と加速の気持ち良さは増したか。

電気モーターのトルクはほぼゼロに等しいですが、発進時の不快さは軽減。エンジン音もまずまず静か。ボンネットフード裏にインシュレーターが追加されるなど、体感的な静粛性は軽自動車の中では上々です。

ターボエンジンの加速感に関しては言うまでもないでしょう。他の軽自動車と同様に、複数人で同乗する場合は基本的にターボで走るのがベター。

○乗り心地も操縦安定性も軽自動車ではトップクラス?

car-geek.com

続いては「乗り心地」などの評価。

結論から書くと、新型デイズ・新型eKの乗り心地は上々です。

リアシートの乗り心地はやや評価が分かれましたが、運転席のシートサイズがたっぷりあって、サポート性能にも優れる。また車内の静粛性も相まって、ドライバーの乗り心地はコンパクトカー並に快適。

また乗り味は「NAエンジンモデルの方がマイルド」と感じる試乗の声も。ターボエンジンの加速感はやや雑味もあって、そこらへんが乗り心地に影響してる可能性もなくはないか。

そして、とりわけ新型デイズ・新型eKで特筆すべきは「操縦安定性」

何故なら、電動パワーステアリングにブラシレスモーターが採用され、体感的な小回り性能の良さにも貢献。また新型デイズなどのステアリングは太くてしっかり握りやすい。ちゃちい軽自動車感はゼロ。

先代デイズ・eKと共通の部品がほぼ皆無に近いほど改良された新型プラットフォームは車体剛性も高く、タイヤの接地感・グリップ感もしっかり。ブレーキの制動力の味付けも絶妙で、走り全体の素性が良い。

そのため「走る曲がる止まるに関しては相当良い」と新型デイズ・新型eKを評価するのは河口まなぶの試乗動画。まさに、この感想に新型デイズ・新型eKの「試乗の評判の全て」がまとまってる気がします。

【価格一覧】新型デイズがやや割安傾向な理由とは?

続いては新型デイズと新型eKの「価格一覧」をチェック。

結論から書くと、何故か三菱新型eKの方がデイズよりも少し割高傾向になります。

例えば、渋滞時でも対応する全車速域追従クルコン(ACC)標準搭載モデルがデイズハイウェイスターに用意されてるのに対して、新型eKクロスは全車でメーカーオプション止まり。

ちなみに、日産新型デイズでは「プロパイロット(PRO-PILOT)」、三菱新型eKでは「マイパイロット(MI-PILOT)」とそれぞれ呼び名が違いますが、この試乗記事では便宜上プロパイロットに統一します。

言っても全車速域ACCは価格的に+7万円程度のオプションですが、未搭載の新型eKクロスと標準搭載モデルの新型デイズハイウェイスターがほぼ同じ価格帯ということからも明らかに割高。

装備類を細かくチェックしても大きな違いが分からなかったんですが、おそらくフロントマスクの違いか。三菱新型eKはメッキパーツやLEDゴリゴリのライト類がデイズより豊富なことが価格面に影響してそう。

car-geek.com

  • デイズ・S…127万円
  • デイズ・X…132万円
  • デイズ・ボレロ…141万円
  • デイズハイウェイスター・X…147万円
  • デイズハイウェイスター・X・プロパイ…156万円
  • デイズハイウェイスター・Gターボ…155万円
  • デイズハイウェイスター・Gターボ・プロパイ…164万円
  • eKワゴン・M…129万円
  • eKワゴン・G…137万円
  • ekクロス・M…141万円
  • ekクロス・G…155万円
  • ekクロス・T…163万円

新型デイズ・eKは安全装備の評判も高い!

最後は「安全装備・安全性能」の評価をレビューして終わります。一般人の試乗では全てを試すことはできないため、自動車雑誌などの試乗評価も参考にしてます。

結論から書くと、新型デイズと新型eKの安全性能は高い部類に入ります。とりわけ軽自動車の中ではトップクラスと断言できます。

何故なら、カーテンエアバッグが全グレードで標準装備されてるから。軽自動車の中ではN-BOX、ミラトコットに次ぐ3車種目。前方からの衝突だけではなく、横から衝突された場合でもある程度の衝撃がカーテンエアバッグで緩和できる。

プロパイロット機能がかなり優秀

とりわけ自動ブレーキ・プロパイロットが優秀。渋滞時でも対応可能な追従クルーズコントロール(ACC)が軽自動車とは思えないほど精度が高く、セレナの経験が活かされているはず。

アクセルペダルやブレーキペダルを踏まなくても、先行車に合わせて加速減速やハンドル操作を見事に行ってくれる。しかも高速道路上では時速50km/h以上であれば、先行車がいなくても自動的に走行してくれる代物。

当然、車線逸脱防止支援システムも搭載されており、例えば白線に寄っていくとステアリングが自然と重くなっていく。白線の直前でハンドル操作が急激に慌てて調整されるようなことがなく、ドライバー自身で自然に中央に戻る味付けになってる。

それだけカメラが周囲を認識する精度も高い証拠で、元々のステアリングフィールの良さも相まって、ステアリングの自動操作が割と優秀。電動パーキングブレーキも設定されており、高速道路街中問わず運転を楽にさせてくれる。

このプロパイロット機能は手軽にステアリングスイッチの操作一つでポンとできるため、今後普及していく予感しかしない。車両価格100万円台でこれだけの安全装備が提供できる時代がヤバすぎる。

ただし、プロパイロット搭載グレードは車重が+20kg増してしまうため、走りの加速感は若干鈍さが増しそうです。

ちなみに、新型デイズにのみ「SOSコール」と呼ばれる緊急時に連絡できる機能もメーカーオプションとして設定されてますが、実際にどこまで緊急時に役立つかは試せてないので不明(笑)

【新型デイズ・eKクロス】試乗評価・評判・口コミ感想まとめ

car-geek.com

以上、カーギークによる日産新型デイズ、三菱新型eKの試乗感想でした。

個人的な感想を一言でまとめると、新型デイズ、新型eKの商品力はまさにスキがないと思います。本当にこれといった弱点が少ない軽自動車。この出来だと次期デイズルークスのフルモデルチェンジも期待が膨らみます。

外観デザインは非常にカッコ良くて男ウケを狙ってる感がありますが、中身の基本設計は「女性ウケ」をかなり狙ってる。それゆえにオトコが試乗すると「あれ?」という評価もなくはない

それでも新型デイズ、新型eKの内外装は質感が高く、「運転してると軽自動車であることを忘れるレベル」という試乗の感想も。室内も広すぎるぐらいに確保されており、実用性・収納力も十分。

ACC未搭載グレードでも車線逸脱警報などが搭載された自動ブレーキシステムが標準装備されており、安全装備の高さで独壇場だったN-BOXもタジタジか。

だからネガティブな要素もなくはないですが、新型デイズハイウェイスター・新型eKクロスは素直に購入しやすい軽自動車だと思います。

もし男の自分が買うならデザイン重視で、マイパイロット付きの「eKクロス(160~170万円)」がおすすめグレードかな。非スライドドアの軽自動車としては割高ですが、下手なコンパクトカーを買うより満足感は絶対得られるはず。

逆にデザインにそこまでこだわりがなければ、プロパイロット標準搭載の新型デイズハイウェイスターのグレードをおすすめします。コスパという点で三菱新型eKより若干上回ると思います。

フォローする