【2020】日産新型エクストレイル フルモデルチェンジ最新情報まとめ【次期デザイン・e-POWER・PHEV】

日産のミドルクラスSUVといえば「エクストレイル」。

海外ではローグという車名で発売されており、アメリカやヨーロッパでもエクストレイルは人気車種。日本だと若干デカいサイズ感ではあるものの、海外だとエクストレイルは「本当にちょうどいいサイズ感」なのだとか。

(ベストカー3月26日号 講談社)

そこで今回は日産新型エクストレイルの最新フルモデルチェンジ情報をまとめたいと思います。

日産次期エクストレイルの発売時期は2020年以降

まずは「発売時期」の最新情報。現行エクストレイルは2013年の発売から相当時間が経過しますが、一体いつ頃フルモデルチェンジするのか?

結論から書くと、日産次期エクストレイルの発売時期は2020年以降

複数の自動車雑誌では当初2019年の発売を予想してたものの、カルロス・ゴーン逮捕などの影響もあってかフルモデルチェンジは遅れてる。当初カーギークでも2019年中のフルモデルチェンジは間違いないと予想したものの結果的に間違い。

(ベストカー6月26日号 講談社)

例えば、ベストカーの最新情報では新型エクストレイルの発売日を2020年秋頃と見ているよう。

また2020年までには日産新型ジュークがようやくフルモデルチェンジすると言われているため、新型エクストレイルの発売時期はそこからタイミングが少し空くはず。

ただし、日本でもアメリカでもモデル末期だけあってエクストレイルの販売がやや低下傾向ではあるため、そこまでフルモデルチェンジを遅れさせることもしないはず。

car-geek.com

フルモデルチェンジ後のエクストレイルのデザインはどうなる?

続いては「次期デザイン」の最新情報。新型エクストレイルの見た目はキープコンセプトなのか?はたまた大胆にデザインが変更されるのか?

(ベストカー3月26日号 講談社)

結論から書くと、日産新型エクストレイルの見た目はキープコンセプトになりそう。ベストカーの新型エクストレイルの予想画像を見ても、フルモデルチェンジ後は大きく雰囲気は変わらない。

ただし、日産車を代表する「Vモーショングリル」が更にフルモデルチェンジ後は強調化されそうです。車体が大きいモデルほどV字グリルも巨大化するため、次期エクストレイルは日産車の中でもとりわけ大きくなりそう。

(ベストカー6月26日号 講談社)

新型エクストレイルのNISMOバージョンの予想デザインも、赤の差し色が効果的に次期モデルでも活きそう。クォーターピラーもブラックアウト化させるなど、最近の日産のトレンドも予想画像では盛り込まれております。

一方、新型エクストレイルは「Aピラーをブラックアウト化する」と予想するのはマガジンXの最新情報。ローグと統一されたことが一部で不評だったため、新型エクストレイルは「ワイルドな重厚感」が強まるとか。

バンパー周りやランプ周辺もメリハリを付けたデザインに仕上がるとも言われ、無難にクオリティが高いデザインになりそう。少なくとも、新型エクストレイルはダサくは仕上がらないはずです。

○新型エクストレイルはドギツく変身するパターンも?

(カートップ3月号 交通タイムス社 佐藤靖彦)

一方、カートップの最新情報ではデトロイトモーターショーに出品された「クロスモーション」というコンセプトカーが次期エクストレイルのデザインになるのではないかと予想してる。

確かに日産・エクストレイル(ローグ)の主戦場はアメリカ。可能性としてはゼロではないか。

でも、さすがにパンチが効きすぎてる。エクストレイルは手頃なSUVとして世界的に人気。いくら待望のフルモデルチェンジとはいえここまで冒険はしてくる可能性は低いとカーギークでは見た。

ただマガジンXの次期エクストレイルのデザインを見ると、画像の「フロントグリル」のような形状を予想してる。V字メッキをむしろ細く仕上げてグリルを取り囲むアレンジパターンも無きにしもあらずか。

でなきゃ、わざわざ日産自動車もモーターショーに出品しないでしょうしね。

car-geek.com

「エクストレイルe-POWER」の発売はフルモデルチェンジと同時!

そして新型エクストレイルのフルモデルチェンジで注目したいのが「e-POWER」モデルの搭載。

e-POWERとは、ガソリンエンジンで発電をし、電気モーターのみで走行するハイブリッドシステム。ワンペダルでスピードの加減速を行えるのも特徴。日産車ではノートe-POWERを皮切りに、セレナe-POWERなども非常に評判がよろしい。

結論から書くと、2020年以降のフルモデルチェンジと同じタイミングで「新型エクストレイルe-POWER」が発売される公算が大です。逆に言えば、フルモデルチェンジされるまでエクストレイルにe-POWERが搭載されることはない。

つまりエクストレイルe-POWERの購入を考えてる方は2020年のフルモデルチェンジを待つか、いさぎよく諦めて現行エクストレイルを購入するしかありません。もしくはノートe-POWERを買っちゃう?

○エクストレイルe-POWERも1.2Lガソリン+電気モーターのはず

じゃあ、新型エクストレイルe-POWERはどうなるのか?

結論から書くと、新型エクストレイルe-POWERは「1.2L直4ガソリンエンジン+電気モーター」で走行する仕組みは導入されそう。

エクストレイルの車重を考えると1.2Lエンジンで発電できるのかよ…と正直心配になっちゃいますが、セレナe-POWERのことを考えると基本的に問題なさそう。

SUVにカテゴライズされるため、もしかするとエクストレイルe-POWERは更にバッテリーやモーターが強化されるといった対応が取られる可能性も。日産新型リーフに最近投入された「e+」の高密度バッテリーに換装されるか。

またe-POWERには4WDモデルは存在しないので、現行エクストレイルの4WD仕様をフルモデルチェンジ後も残すという情報もあります。確かに「e-POWERの4WD化」は日産にとって大きな課題ではありそう。

そこらへんを新型エクストレイルのフルモデルチェンジでクリアできるのか。

car-geek.com

フルモデルチェンジ後はPHEVも設定される?

更に注目したいのが「PHEV(プラグインハイブリッド)モデル」の存在。

PHEVとはe-POWERと同じようにガソリンエンジンで発電するものの、バッテリーに外部から直接充電することが可能。その分だけバッテリー容量も大きく、電気モーターもパワフル。走行性能の面でもe-POWERよりも加速が力強いのは言うまでもない。

特にアメリカでは環境規制が強まっており、既に普通のハイブリッド車はエコカーとして認識されてない。最低でもエコカーと認定されるのはプラグインハイブリッドから。日本は重税国家のくせに環境規制は甘いのが不思議。

だから、フルモデルチェンジと同じタイミングになるか不明ですが、新型エクストレイルの主戦場はアメリカであることは変わらないと予想されるため環境規制に対応するためPHEVは設定されるのは間違いない。

car-geek.com

○エクストレイルPHEV≒アウトランダーPHEV?

日産は三菱自動車を傘下に収めてますが、どうやら新型エクストレイルPHEVは「次期アウトランダーPHEV」と電動化の技術が共用化が進んでるとのこと。既存の技術を流用できるなら両者にとってお得。

実際、三菱自動車の電動化技術目当てで日産は子会社化の道を選んだとも言われていますし、「三菱のPHEVユニットを組み合わせるマッチングは進んでいる」と予想するのはマガジンXの最新情報。

だから、「新型エクストレイルPHEV≒新型アウトランダーPHEV」と解釈しても良いのかも知れない。実際、新型アウトランダーも新型エクストレイルもフルモデルチェンジのタイミングも重なる。

エクストレイルもアウトランダーも車格やジャンル的にバッティングするものの、今後プラグインハイブリッドを普及させていく上で、両者同時フルモデルチェンジは世間に大きなインパクトを与えそうです。

car-geek.com