【2022】トヨタ新型ランドクルーザープラド フルモデルチェンジ最新情報まとめ!ハイブリッド化?発売日や次期デザインは?

トヨタ現行ランドクルーザープラドは2009年9月に発売。2017年のマイチェンで自動ブレーキが搭載されるなど何度もテコ入れは図られてきましたが、乗り心地などランドクルーザープラドの商品力の古くささは否めません。

2a6595d38a93335665784fe6bdfbdc69 500x260

ベストカー2020年12月26日号 講談社

そこで今回カーギークではトヨタ新型ランドクルーザープラドのフルモデルチェンジ最新情報をまとめてみました。

発売日は2022年冬?

まずは「発売日」の最新情報。

トヨタ新型ランドクルーザープラドの「発売日は2022年冬頃」と報じるのはベストカーの最新情報。ちなみに、新開発のガソリンエンジン搭載のモデルの発売日は一年遅れて2023年になるとの見立て。

当初はランドクルーザー300系のフルモデルチェンジとほぼ同時と伝えられてたこともありますが、やはり新型プラドの発売日はそこから一年ほど遅れそう。現行プラドも本家ランドクルーザーより遅れての発売でしたから、次期プラドも以下同文。

ましてや状況が状況。トヨタも販売台数や利益は大幅に持ち直してるものの、開発環境という点で考えるとやはり「足かせ」になる要素は依然として多い。現状では本家ランドクルーザーと同時にフルモデルチェンジする可能性は低そう。

car-geek.com

新型プラドのパワートレインやシャシーは?

続いてはパワートレインやシャシーの最新情報。

トヨタ新型ランドクルーザープラドでは「TNGA設計の新型プラットフォーム」に刷新されます。シャシーの構造はラダーフレームのまま。減価償却という観点で考えても、ラダーフレームのプラットフォームを新開発するメリットは大きい。

先にフルモデルチェンジするフルサイズSUVの次期ランドクルーザー300系(700B)との差別化を図るため、新型プラドの車体サイズは全長4850mm、全幅1890mm前後に引き続き留まります。

ちなみに次期ランクル300系の兄弟車のレクサス新型LXの発売日は2022年頃と言われているので、新型ランドクルーザープラドとフルモデルチェンジは重なる可能性が高そう。

car-geek.com

○2.8Lディーゼルターボは流用される

一方、エンジンは「2.8L直4ディーゼルターボ」の改良版が搭載されます。既に2020年のマイナーチェンジで同エンジンは改良され、最高出力204PS/3000~34000rpm、最大トルクは51.0kgm/1600~2800rpmにパワーアップ。

フルモデルチェンジではこれが改良されて、更にパワーアップする見通し。現行ランドクルーザープラドの加速感は物足りないという評価もあるので、さらなるパワーアップは既定路線でしょう。

ただし、今後未来がないディーゼルエンジンを新開発する余力はトヨタにもなさそう。そのため次の次のフルモデルチェンジでパワートレインがどう進化していくか?今後の新型ランドクルーザープラドの未来には不安も残りそう。

そして、ガソリンエンジンには新開発の「2.4L直4ターボエンジン」が搭載されると見られてます。

これは次期ノアといったミニバン車にも投入される予定。もちろん次期ノアではハイブリッドモデルも発売されるため、新型ランドクルーザープラドも同様にハイブリッド化する可能性も言われてます。長い目で見るとプラドからディーゼルは淘汰されるか。

car-geek.com

新型プラドのデザインはキープコンセプト?

続いては「次期デザイン」の最新情報。新型ランドクルーザープラドのリーク画像はあるのか?

2a6595d38a93335665784fe6bdfbdc69 500x260

ベストカー2020年12月26日号 講談社

トヨタ新型ランドクルーザープラドの予想デザインがこちら。いわゆる「キープコンセプト」になりそう。本家ランドクルーザー300系はデザイン案が差し戻されるなどしましたが、新型ランドクルーザープラドは現行モデルを素直に踏襲するのかも。

f462ebe592636859d53dea24b4fb16e0 500x326

トヨタ現行ランドクルーザープラド

現行ランドクルーザープラドの顔つきと比べると、確かに今回のフルモデルチェンジで大きな変化はなさそう。

ca6c6c1af423518b5a440edbe8713830 500x249

一方、新型ランドクルーザープラドのリア周りの予想デザインがこちら。あくまでリーク画像ではなく予想画像に過ぎませんが、やはり今回のフルモデルチェンジでリア周りの雰囲気も大きな変化はなさそう。

それでも新型ランドクルーザープラドの「内装面」はフルデジタルメーターをあしらうなど、時代に合わせた進化は期待できそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました