【2021】レクサス新型LX フルモデルチェンジ最新情報まとめ【LX600】【発売日・次期デザイン・ハイブリッド化】

レクサスの最上級SUVが「LX」。ライバルはメルセデスベンツ新型Gクラスなど非常に限られそう。

日本では2015年に初めて導入されたました、レクサス現行LXは海外では2007年に既に発売済みでした。そのためレクサス・LXは発売から12年以上が経過しており、さすがに古臭さは否めなくなってまいりました。

ce0920b8eb233ad1d0cb43348f546a23 500x329

そこで今回カーギークではレクサス新型LXのフルモデルチェンジ最新情報をまとめてみました。果たしてレクサス新型LXはいつフルモデルチェンジするのか?

発売日は2021年秋?

まず最初は「発売時期」の最新情報。レクサス新型LXはいつ頃フルモデルチェンジを果たすのか?

結論から書くと、レクサス新型LXの発売日は2021年秋頃と報じるのはマガジンXの最新情報。

2021年秋には東京モーターショーが開催されるため、そこでレクサス新型LXがお披露目される可能性大。でもそれだと発売日直前すぎるため、レクサス新型LXそのものは2021年春頃の中国モーターショーで初お披露目される可能性も。

実際、レクサス新型LMは上海モーターショーで初めて発表されており、やはり高級車市場が一番賑わってるのは世界最大の新車販売大国の中国。レクサス新型LXもご多分に漏れず、日本より世界のモーターショーを優先しても不思議ではない。

ちなみに、フルモデルチェンジ後もレクサス新型LXのベース車両はトヨタ・ランドクルーザー。このランクルは2020年頃に先駆けてフルモデルチェンジを予定しており、レクサス新型LXの発売日はそこから一年ほど遅れる計算。

当初、自動車雑誌・マガジンXの最新情報では「レクサス新型LXと同時期にトヨタ・ランドクルーザーもフルモデルチェンジする」と予想していたものの、結果的には少し間違いでした。

car-geek.com

car-geek.com

フルモデルチェンジ後もラダーフレームを踏襲

続いては「シャシーやプラットフォーム」の最新情報。

結論から書くと、前述のようにレクサス新型LXはトヨタ・ランドクルーザーと「同じシャシー」が共有されます。つまり、レクサス新型LXも引き続き「ラダーフレーム構造」がフルモデルチェンジ後も採用されます。

乗り心地などを考えるとどうなんかなと思いますが、ラダーフレーム構造も「TNGA世代」についに進化。現行LX以上に剛性感が高まって、フルモデルチェンジ後は車重もそれなりに軽量化されそう。

もちろん足回りなどはランドクルーザーとは別のLX専用パーツが多く起用される予定。だからレクサス新型LXの乗り心地も高級車ブランドらしく改善されそう。

だから、最近はトヨタもレクサスも販売ラインナップは整理縮小されつつありますが、試乗評価も高いスズキジムニーのように息が長いモデルだからこそ、10年20年という長い目で見ても投資する価値があるということなのでしょう。

少なくとも、レクサス新型LXが近い将来においてほぼ販売終了することはなさそう。

car-geek.com

car-geek.com

フルモデルチェンジ後もほぼキープコンセプトだが…

続いては「次期デザイン」の最新情報。レクサス新型LXはフルモデルチェンジでどういったデザインに変更されるのか?

結論から書くと、レクサス新型LXの次期デザインは「キープコンセプト」になりそう。フルモデルチェンジ後もフロントマスクにレクサス独特のスピンドルグリルがあしらわれ、新型LXの雰囲気は大きく変化しなさそう。

ただし、マガジンXの最新情報によると、レクサス新型LXのデザインは微妙に変更点も多い。

ボンネットフード中央には凹みが設けられるなど、フルモデルチェンジ後の新型LXは視界性が改善しそう。ハッチゲートなどリア周りは凹凸感が少なめに成形。「クロスオーバーを思わせるほどのまとまり具合」と報じるのはマガジンXの最新情報。

リアコンビランプも左右が一直線に繋がるなど、レクサス・UXやESのトレンドが次期LXにも取り込まれそう。二本出しマフラー(エキゾーストパイプ)はメッキリングで覆われたスタイリッシュなデザインに進化。

○次期デザインに関する目ぼしい情報は少なめ

レクサス新型LXのサイド周りを確認すると、台形型の前後ホイールアーチに樹脂製のガーニッシュが施されそう。ただし、ゴリゴリの樹脂モールが施されるわけではなく、メルセデスベンツ・GLEやGLSレベルのもの。

例えば、Cピラーは部分的にブラックアウト化されることで屋根が浮いたように見せる演出が施される。

一方、次期LXに予定されていた「Cピラーのブラックアウト化は中止」と報じるのはマガジンXの最新情報。サイドやリア周りなどRXの雰囲気に近くなる…とも報じられていましたが、やはり両者の差別化が図られる?

だからラダーフレーム構造が踏襲されるため更に無骨さを印象付けてくれそうですが、現状だと次期デザインの目ぼしい情報は少なめ。やはり新型LXのベース車両のランクルが実際にフルモデルチェンジする時期までならないと?

新型LXは「VIPグレード」を販売?

レクサスは今後LXを超える高級モデル「LF-1」の販売を予定してますが、今回のフルモデルチェンジで新型LXの高級感が更に強められる予定。マガジンXの最新情報では「ロールスロイスを意識した商品設計」がなされる模様。

結論から書くと、レクサス新型LXには新たに「VIPグレード」が設定されます。現行LXのラインナップは「LX570」の1グレードのみと寂しい。価格は約1100万円とお高いものの、世の中にはもっと割高な高級車が発売されてる。

だから、レクサス新型LXでは「商品ラインナップの薄さ・物足りなさ」を埋められます。おそらくフルモデルチェンジ後は2000万円に匹敵する超高級モデル(LSのエグゼクティブのような?)が新設定されるに違いない。

例えば、2列目シートに左右独立式のキャプテンシートが採用され、中央部分にはドリンクホルダー付きの高級感あるコンソールボックスが設置。もしかすると新型LXのVIPグレードだけは3列目シートが排除される可能性も。

car-geek.com

car-geek.com

レクサス新型LXは「3.5L V6ターボ」にダウンサイジング?

続いては「搭載エンジン」の最新情報。

結論から書くと、レクサス新型LXには「3.5L V6ツインターボエンジン」が設定されます。

レクサス・LSに既に搭載されてるエンジン(V35A-FTS)が流用される予定。現行LXは5.7L V8エンジンが搭載されてるためフルモデルチェンジ後は排気量が大きく落ちますが、いわゆる「ダウンサイジングターボ」が搭載。

スペックを見ておくと、最高出力が310kW(422PS)/6000rpm最大トルクは600Nm(61.2kgm)/1600~4800rpm。現行LXを遥かに上回る非常に低速トルクが太いエンジンであることが分かります。

つまり、現行LXに搭載されてる「5.7L V8ガソリンエンジン」はお役御免。維持費や税金のことを踏まえると、さすがに時代遅れ感は否めない。エンジン排気量が小さくなれば、多少の軽量化も期待できるでしょうし。

またフルモデルチェンジ後は変速機に「10速AT」が採用されるため、新型LXの走りに過不足は見られないでしょう。新型LXのカタログ燃費は10km/L超えるか微妙ですが、それでも「正常進化」と捉えて良さそう。

フルモデルチェンジ後に「マイルドハイブリッド化」される理由

そして、今回のフルモデルチェンジの目玉は「マイルドハイブリッド化」。レクサス新型LXはトヨタが得意とするTHSシリーズのような「2モーター式ハイブリッド」ではなく、スズキや日産の軽自動車のような「1モーター式ハイブリッド」が採用される。

前述の3.5L V6ターボがマイルドHV化されるため新型LXには「非力」でしかないんですが、実はポルシェなど海外では48V仕様のマイルドハイブリッドが主流。効果としては弱いものの、手軽に燃費を少しだけ稼げるのが人気。

今後、新型LX以外にもアメリカのピックアップトラック(タンドラ)などにも流用されると見られております。トヨタは新車ほぼ全てを電動化することを宣言しており、今回のレクサス新型LXのようなマイルドHVも含まれる。

他にも、今回のフルモデルチェンジで新型LXに最新デバイスが追加投入されていくに違いない。

car-geek.com

car-geek.com

LX600hの正体とは「ツインターボマイルドHV」か?

続いては「LX600」の最新情報。最近になって各自動車サイトや自動車雑誌で取り上げられている謎のグレード。実際、2019年後半にアメリカと日本で「LX600」という車名が商標登録されたばかり。

レクサス車と言えば、車名の数字とエンジン排気量が連動しがち。

そのため「レクサス新型LX600には6000ccエンジンが搭載される」と予想する自動車サイトが多い。トヨタの社長が東京モーターショー2019で「ガソリンエンジンすっきゃねん」と発言したことも話題になりました。

つまり、今後次期LXがフルモデルチェンジする際に「LX600」と呼ばれるグレードを発売するということ?少なくとも、トヨタが意味もなくLX600という名前を突然商標登録するはずがない。

ただし結論から書くと、レクサス新型LXに今更6000ccエンジンが登場するかは疑わしい。

○フルモデルチェンジ後に6000ccエンジンが搭載される可能性は低い

何故なら、環境規制が厳しい海外でレクサスブランドを展開していくことを考えると、トヨタがブランド全体の燃費基準を悪化させる or 足を引っ張る措置を取るとは考えにくい。BEV先進国である中国でも4000cc以上の排気量は税負担が重くなるとか。

ポルシェなどもこぞって電動化してる時代において、新型LXが純粋な6000ccガソリンエンジンを搭載するとは考えにくい。だから、あくまで「6000ccエンジン相当の馬力に匹敵するエンジン」が搭載されるだけの可能性は高そう。

実際、LS500は「3.5L V6エンジン」が搭載されてるものの、排気量は5000ccではない。だからレクサス新型LX600とやらの新グレードも同様に、LSに搭載されてるエンジンを更にパワーチューンしたものが搭載されるのかも?

実は、前述のツインターボに電動モーターが組み合わされるという情報もあるため、例えば新型LX600hの正体はおそらく「それ」ではないか。電動モーター自体はかなり非力なため、「大言壮語のグレード名」でごまかそうというトヨタの判断も?

car-geek.com

car-geek.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました