【2021】レクサス新型LX フルモデルチェンジ最新情報まとめ【ハイブリッド化】

レクサス・LXはレクサスの中でも最上級SUV。日本には2015年に導入されたばかりですが、既に現行LXは海外だと2007年に発売済み。

そのためレクサス・LXもそろそろフルモデルチェンジを行う模様。

そこで今回カーギークではレクサス新型LXのフルモデルチェンジ最新情報をまとめてみました。果たして新型LXはいつフルモデルチェンジするのか?

レクサス新型LXの発売時期は2021年後半か?

まず最初は発売時期の最新情報。レクサス新型LXはいつ頃フルモデルチェンジを果たすのか?

結論から書くと、レクサス新型LXの発売時期は2021年後半頃と見られています。同年には東京モーターショーが開催されるため、そこで新型LXが初お披露目される可能性。

レクサス新型LXと同時期にトヨタ・ランドクルーザーもフルモデルチェンジすると予想するのは自動車雑誌・マガジンX。当初の情報だと2020年発売と報じてたものの、確かにLXもランクルもプラットフォームは共通。

むしろ両者の発売時期がズレると考える方が不自然か。

レクサス新型LXはフルモデルチェンジ後もランクルと共有

じゃあ、フルモデルチェンジ後のレクサス新型LXは引き続きトヨタ・ランドクルーザーとプラットフォームが共用されるのか?

結論から書くと、フルモデルチェンジ後もLXはトヨタ・ランクルとシャシーは共有化されます。

ただし、プラットフォームそのものは「TNGA世代」に進化。現行LX以上に剛性感が高まり、ランクルも同様にある程度は軽量化されていくはず。

だからトヨタもレクサスもラインナップは整理縮小されつつありますが、今後もLXやランクルもしばらく発売が続くことは確定的で、ほぼ販売終了することはなさそう。

car-geek.com

フルモデルチェンジ後もほぼキープコンセプトだが…

続いては「次期デザイン」の最新情報。

結論から書くと、レクサス新型LXの次期デザインは「キープコンセプト」になります。フルモデルチェンジ後もフロントマスクにスピンドルグリルがあしらわれ、新型LXの雰囲気は大きく変化しなさそう。

ただマガジンXなどによると、レクサス新型LXのデザインは微妙に変更点も多いらしい。

例えば、Cピラーはブラックアウト化されることで屋根が浮いたように見せる演出が施されるとか。ミニバンや軽自動車などでは多く見られるデザインですが、新型LXも流行りを取り入れるとか。

他にもフェンダーアーチモールに樹脂ガーニッシュがあしらわれることでよりSUV感が演出されるとか。

レクサス新型LXがマイルドハイブリッド化される理由

続いては「搭載エンジン」の最新情報。

結論から書くと、レクサス新型LXには「3.5L V6ツインターボエンジン」が設定されます。変速機は10速AT。レクサス・LSに既に搭載されてるエンジンが流用。

現行LXには5.7L V8エンジンが搭載されてるため、フルモデルチェンジ後はかなり排気量は落ちますが、いわゆるダウンサイジング。

低速トルクが非常に太いエンジンですので、新型LXの走りに過不足は見られないでしょう。

そして、フルモデルチェンジの目玉は「マイルドハイブリッド化」

トヨタが得意とするTHSシリーズのような2モーター式ハイブリッドではなく、スズキのSエネチャージのような1モーター式システム。これが前述の3.5L V6ターボに追加。

そのため新型LXに設定するには非力でしかないんですが、実はポルシェなど海外では48V仕様のハイブリッドは主流。効果としては弱いものの、手軽に燃費を少しだけ稼げるのが受けてるとか。

今後、新型LX以外にもアメリカのピックアップトラック(タンドラ)などにも流用されるとか。

他にも今回のフルモデルチェンジでは最新デバイスが追加投入されていくに違いない。

car-geek.com

フォローする