【2021】トヨタ新型パッソ フルモデルチェンジ最新情報まとめ!次期ブーンはアイゴと統合?発売日やデザインは?パッソGRも登場?

トヨタが2004年に発売したコンパクトカーが「パッソ」。現在は完全子会社化されたダイハツが開発生産し、トヨタに供給してる。ダイハツでは「ブーン」という車名で販売されてるものの、やはりパッソの名前が一般的には浸透してるはず。

現行3代目パッソは2016年にフルモデルチェンジして以来、4年目に突入。車両価格の安さもあって、2019年のパッソの年間販売台数は4万台超え。スズキ・ソリオの4万4千台に迫る勢い。ただし、ルーミーやタンクの台頭もあって、パッソは以前ほど売れてないのも事実。

186de3729c7cb919e2b74f840abe4c97 500x400

(トヨタ現行パッソ)

そこで今回カーギークでは「トヨタ新型パッソ(ダイハツ新型ブーン)のフルモデルチェンジ最新情報」をまとめてみたいと思います。既にトヨタ次期パッソ、ダイハツ次期ブーンの情報は流れており、どうやらフルモデルチェンジ後は海外でも販売される?

発売日は2021年4月?

まずは「発売日・発売時期」の最新情報。トヨタ新型パッソ(ダイハツ新型ブーン)はいつフルモデルチェンジを果たすのか?

結論から書くと、トヨタ新型パッソの発売日は2021年以降と報じるのはマガジンXの最新情報。一方、「2021年4月」と更に発売時期を具体的に絞ってるのがベストカーの最新情報。どうやら次期パッソ・ブーンのモデル周期は約5年とどちらも見てる模様。

ただし、これまでのパッソは「6年周期」でフルモデルチェンジされてるため、発売時期が2022年以降に伸びる可能性も高そうです。

やはり今回も同様に新型パッソや新型ブーンの開発の主体は「ダイハツ」。2019年7月は新型タントのフルモデルチェンジ、11月には新型ロッキー(新型ライズ)の発売、2020年にはダイハツ新型ムーブのフルモデルチェンジが立て続けに予定。

ダイハツの限られた開発リソースを考えると、どこまで新型パッソ・ブーンの開発が順調なのかは微妙か。

ちなみに、これからフルモデルチェンジされる新型車一覧の記事も後でご参照下さい。

car-geek.com

新型パッソは「DNGAプラットフォーム」が採用

続いては「プラットフォームなど中身」の最新情報。

結論から書くと、トヨタ新型パッソにはダイハツの「DNGAプラットフォーム」が新たに採用されます。このDNGAは基本フレームを曲線構造に変えることで、これまでよりねじり剛性や車体の衝突安全性を向上させたプラットフォーム。既に新型タントに採用されており評判は上々。

ダイハツ新型タントの試乗レビューもご参照。

もちろんパッソはコンパクトカー。「軽自動車のシャシーを使って大丈夫なん?」という疑問もわきそうですが、DNGAはBセグメントまで対応可能なように初期から開発が進んでた。パッソごときは問題なし。既にトヨタ新型ライズやダイハツ新型ロッキーの搭載済み。

少なくとも、今回のフルモデルチェンジで剛性感が高まることは間違いない。実際、現行パッソは10年以上前に発売された先代モデルのシャシーを流用してる。それと比べると、新型パッソの剛性感を心配する必要はなさそうです。

○変速機も刷新されて、新型パッソの走りは大進化!?

そして、新型パッソ・新型ブーンの変速機には「新型CVT(D-CVT)」に換装される予定です。この新型CVTはスプリットギアが採用され、8速AT並のワイドレンジ化に成功。エンジンの加速感をダイレクトに体現してくれる。タントやロッキーなどでも評判が良い。

だから新型パッソ・ブーンはシャシーが一新されることで、車体の軽量化と高剛性化が両立される。またダイレクト感が強い変速機に刷新されることで、フルモデルチェンジ後の走りは期待できそう。一方、新型パッソのエンジンは引き続き1.0L直3エンジンが搭載されそう。

トヨタ・ルーミー(ダイハツ・トール)の1.0L直3ターボの搭載も期待されますが、新型パッソ・ブーンの価格帯を考えると見送りの公算大。次期デザインは後述しますが、新型パッソは内外装の質感も高めてくる予定。エンジンまで力を入れられないのかも知れない。

新型パッソ・ブーンにもダイハツの全車速域追従クルコン(ACC)月の自動ブレーキシステムに換装されそうですが、ACCの精度がイマイチといった評判も。やはり第二世代トヨタセーフティセンスがある以上、新型パッソにそのまま投入しても良さそう。

既にダイハツはトヨタの子会社になった以上、そこまでダイハツ製に全部こだわる必要なくね?といい加減思ってしまう。

新型パッソの「次期デザイン」はアイゴ風に?

続いては「次期デザイン」の最新情報。

43917cec3d37c96f9e854a5cc566c281

(ウィキ)

結論から書くと、「トヨタ新型パッソの次期デザインはトヨタ・アイゴ風に近づく」と報じるのはマガジンXの最新情報。

ちなみに、トヨタ・アイゴとはトヨタがチェコで開発生産してるAセグメントカー。主にヨーロッパのみで展開してるヤリスより一回り小さい車種。韓国ドラマに頻繁に聞かれそうなフレーズですが、アイゴの車名の意味は「I go」。

例えば、新型パッソのリア周りはアイゴのように縦長のコンビランプが採用され、リアガラスとハッチゲートが一体化する模様。リアバンパー下部にはガーニッシュカバーがあしらわれ、新型パッソはややスポーティーさも増す模様。

一方、新型パッソ・ブーンのデザインは「コストを抑えた構造」とも報じられます。そのためホンダ新型N-WGNのように「かなりプレーン」な印象も強まるかも知れない。ダイハツが開発してるだけあって、ミライースのように「質素なデザイン」に軸足が置かれる可能性も。

dfadd47939a3888b18a03f82a951523f 500x315

(ベストカー2020年2月10日号 講談社)

例えば、トヨタ新型パッソの次期デザインを上記のように予想するのはベストカーの最新情報。どこかフランス車のシトロエンを彷彿とさせるフロントマスク。車体の小ささも相まって、意外とあり。少なくとも新型パッソのデザインはキープコンセプトとは見てない様子。

新型パッソはフルモデルチェンジ後に「アイゴ」と兄弟車に?

続いては衝撃の情報。

結論から書くと、トヨタ新型パッソは海外専売の「トヨタ・アイゴ」と兄弟車になると報じるのは、やはりマガジンXの最新情報。だから、新型パッソとアイゴのデザインが似通うのも当然の話なのか。さながら三兄弟といったところ。

トヨタの2代目現行アイゴが発売されたのが2014年。現行パッソの発売時期とあまり変わらない。初代アイゴが2代目にフルモデルチェンジするまでの期間は9年だったことも踏まえると、新型パッソと同時にフルモデルチェンジが行われるとしてもおかしくない。

つまり、ダイハツが「次期パッソ」「次期ブーン」「次期アイゴ」の三兄弟を今後開発するのではないか?といこと。この仮説が事実であれば、やはり順調に2021年の早い段階でフルモデルチェンジされるか改めて微妙な気もしてきます。

現在の自動車業界の関係図を見ると、トヨタはダイハツを完全子会社化するだけではなく、実はアイゴを生産している合弁会社のTPCAも子会社化にしてる。既に新型パッソとアイゴが兄弟車になる下地は存在。結果的に、パッソが「アイゴ」という名前を借りて世界に羽ばたく可能性が考えられる。

他にも、スズキが次期アイゴ(次期パッソ?)のOEM供給を受けるという情報も流れております。さすがにスズキもコンパクトカーを強みにしてるため考えにくいと思いますが、ソリオとスイフトが取りこぼしてる需要を埋める価値はあるのか。

新型パッソにスポーツグレードが発売?パッソGRが登場?

続いては「スポーツグレード」に関する最新情報。

結論から書くと、トヨタ新型パッソ(ダイハツ新型ブーン)に「スポーツグレード」が新たに設定されそう。最近は各メーカー、各ブランドでスポーツグレードの投入が目立ちます。実際に売れてるかどうかはさておき、新型パッソ・ブーンもご多分に漏れず。

搭載エンジンは「1.0L直3ターボエンジン」。一瞬ルーミーなどのエンジンが頭によぎりますが、ダイハツが新開発する新型ターボとのこと。あくまでパッソはダイハツが開発してるため、トヨタ新型ヤリスのスポーツグレードなどに今後投入されるものとも違うはず。

一方、現時点で「パッソのGRモデル」が発売される情報はありません。いくらパッソはトヨタから発売されてるとは言っても、あくまでダイハツが開発製造するのは次期モデルでも同じ。GRブランドはトヨタが推し進めるものであって、ダイハツとは関係ない。

ただし、既にダイハツ・コペンのGRモデルが発売済み。ダイハツは言ってもトヨタの完全子会社。もし新型パッソにスポーツグレードが展開される場合、フルモデルチェンジ後の「パッソ(ブーン)のGR化」は自ずと期待して良さそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました