【2019】新型WRX フルモデルチェンジ最新情報まとめ【スバル次期】

スポンサーリンク

スバルのスポーツセダンと言えば「WRX(ダブリュアールエックス)」。

WRXには「STI」と呼ばれるパフォーマンスモデルと、お手頃な「S4」と呼ばれる万能モデルが用意されております。ただ価格とジャンルもあって、WRXの月販台数はそれぞれ数百台に留まってるのが現状。

やはり日本ではそこまで売れるような車種ではないと思いますが、それでも現行WRXは2014年8月の発売以来、今年2018年で既に4年目に突入。ややモデルの古さも否めなくなってきました。

そこで今回はスバル新型WRXの最新フルモデルチェンジ情報をまとめてみました。果たして次期型モデルでは一体何が変更されるのか?また発売時期はいつ頃になりそうなのか?そもそもフルモデルチェンジするのか?

現行スバル・WRXの購入を考えてる方も参考にしてみて下さい。

次期WRXはいつ頃フルモデルチェンジするのか?

まずはスバル次期WRXの発売時期。やはり誰もが一番気になる所。

結論から書くと、次期WRXの正確なフルモデルチェンジ時期は不明。ただ最短で現行WRXにフルモデルチェンジして5年目にあたる2019年後半(夏以降)ではないか、と予想する自動車雑誌が多い印象。

2017年東京モーターショーで次期WRXのコンセプトモデル「VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT(ヴィジヴパフォーマンスコンセプト)」が出品されており、既に量産車に近い雰囲気も。

そのため確かにそこまで大きくフルモデルチェンジが遅れることはなさそう。次期WRXの発売時期は遅れても2020年春頃か。少なくとも現行WRXが「フルモデルチェンジしない」という選択肢はないと思います。