【2019年9月17日】トヨタ新型カローラ フルモデルチェンジ最新情報まとめ【次期セダンワゴン】【カローラクロス】

トヨタを代表する人気大衆車が「カローラ」。

日本国内ではステーションワゴンタイプの「カローラフィールダー」とセダンタイプの「カローラアクシオ」が販売中。未だに毎月5000台前後の販売台数を誇ります。

でも、アメリカでは実は更にカローラは人気。アメリカの新車販売台数ランキングでも年間トップ10に入るほど。想像以上に世界中でカローラは安定して売れ続けており、まさに「世界一売れてる車」という肩書も納得。

(トヨタ新型カローラワゴン 最新画像)

そこで今回カーギークではトヨタ新型カローラアクシオやフィールダーのフルモデルチェンジ最新情報をまとめてみました。

現行カローラは11代目にあたるため、次期型モデルでついに12代目。もはや歌舞伎役者すら彷彿とさせる歴史の長さ。既にカローラスポーツを発売済みですが、次期フィールダーとアクシオはいつフルモデルチェンジするのか?

フルモデルチェンジを機に「カローラセダン」「カローラワゴン」に改名!

まず今回のフルモデルチェンジから変更される重大情報をおさらい。

結論から書くと、カローラアクシオとカローラフィールダーの名前は消滅し、両者は「カローラセダン」と「カローラワゴン」に改名される予定。

当初はカローラツーリングという情報もあったものの、現時点ではカローラワゴンに改名される説が有力。最終的にはカローラツーリングワゴンなどのグレード名になる可能性を指摘していたカーギークの予想が見事に当たりか。

確かに新規ユーザーにとって、アクシオと言われてもなんのこっちゃピンと来ませんからね。もしかすると今後は「カローラクーペ」などさらなる派生車種も発売されていく布石なのかも知れない。

car-geek.com

新型カローラセダン・ワゴンの発売日は9月17日か

続いては「発売時期」の最新フルモデルチェンジ情報。

結論から書くと、新型カローラセダン・カローラワゴンの発表時期は「2019年9月17日」と言われてます。

フルモデルチェンジ情報に定評があるマガジンXなどでは「2019年5月に発表」と当初予想されてたんですが、ベストカーの最新情報でも「9月半ば」と発売時期を予想するなど信憑性が高いと考えていいでしょう。

おそらく発売日は発表日と同じになりそう。遅れても発売日は10月半ばぐらいでしょう。ただし、納期は10月を超える可能性が高いため、車両価格には消費税10%が適用された値段になりそうです。

今月6月中には既に現行カローラアクシオ、カローラフィールダーはオーダーストップする予定。ただし、「X」グレードはフルモデルチェンジ後も当面販売が続きます。

やはり5ナンバーサイズ需要を取りこぼすのが不安なのか。いずれカローラセダンはプレミオ・アリオンと将来的に統合される予定なので、トヨタからは5ナンバーセダンが近々消滅しそう。

○SUV風カローラクロスが2019年8月に発売か

この新型カローラワゴンをベースとしたSUV風モデルの「カローラクロス」も発売されます。今回のフルモデルチェンジと同じタイミングで発売されるかは不明ですが、既に海外では「カローラトレック(Corolla Trek)」というモデル名でお披露目済み。

このカローラクロスはホイールアーチなどに樹脂製ガーニッシュやルーフレール、専用バンパーなどが装着され、車高がわずかに上がって見た目がうっすらオフロード風に仕上がる。

言っちゃえば、アクアクロスオーバー的なモデルですが、実は先代カローラにも「クロスフィールダー」と呼ばれるSUV風モデルも用意されていた模様。消費増税前に販売の底上げに繋げたい狙いがありそう。

ただし、アクアクロスオーバーほどナンチャッテ感が薄いため、カローラクロスはベース車両より価格は5~15万円ほど割高になりそう。

一方、2015年に販売が終了した「カローラルミオン」はフルモデルチェンジされない模様。

car-geek.com

既にトヨタではルーミーやタンクが人気ですので、おそらく今後もカローラルミオンが再販・復活される可能性は低そうです。ちなみに、同じく2019年を予定してる新型ルーミー・タンク マイナーチェンジ最新情報なども参照。

【フルモデルチェンジ】新型カローラセダンなども3ナンバー化へ!

続いては「車体サイズ」の最新情報。

既に発売済みのカローラスポーツと同様に、新型カローラワゴンや新型カローラセダンも3ナンバーサイズに全幅が拡大されます。ベストカーのフルモデルチェンジ情報では「5ナンバーサイズを維持」などとも報じられてたもののハズレ。

何故なら、今回のフルモデルチェンジで「Cセグメント用のTNGAプラットフォーム」が採用されるから。現行カローラはヴィッツ系のプラットフォームを使用してたんですが、新型カローラはプリウスと同じシャシーに変わります。

そのため車名の変更も含めて、フルモデルチェンジ後の新型カローラは「海外基準に合わせる」のが大きな方向性。実際、日本以外の世界中で販売されてる海外版カローラは既に3ナンバーサイズ

「Bセグ用プラットフォームの開発が間に合わない」といったトヨタの内情も大きいようですが、2016年にフルモデルチェンジした3ナンバー化したインプレッサが未だに安定して4000~5000台売れてることを考えたら妥当な選択。

car-geek.com

○国内向けカローラは小さくなるが基本骨格は同じ

ただし、国内向けのカローラセダンやカローラワゴンはややサイズは小ぶりになる予定。海外版カローラワゴンやセダンの全幅は1790mmまで拡大するものの、国内版カローラの全幅は1745mmまで縮小します。

例えば、日本仕様の新型カローラセダンの主要諸元は4495×1745×1430mm(全長×全幅×全高)に留まる。現行カローラアクシオと比べると一回り少し大きくなった程度。むしろ全高が下がったことでクーペ感が増すっぽい。

もし新型カローラが1790mmまでいきなり全幅が広がれば、「さすがにちょっと…」という印象を持つ消費者は確かに少なくないか。

ただし、フェンダーなど外板部分のパーツをデザイン的に変更するだけ。トレッド幅などは海外版カローラも国内版も車体の骨格部分などは同じ。海外向けのカローラも国内向けも70%近くは同じパーツが流用されます。

そのため海外向けの新型カローラセダン・ワゴンと日本国内向けとで走りや乗り心地に違いはなさそうです。

【最新情報】次期デザインはカローラスポーツを踏襲!

続いては「デザイン外観」の最新情報をチェック。

(トヨタ新型カローラツーリング 最新画像)

結論から書くと、新型カローラワゴンも新型カローラセダンの外観は既に発売済みのカローラスポーツのフロントマスクを踏襲されます。大方の予想通り、カローラスポーツと大きな違いはなし。

ただし、新型カローラフィールダーのサイド画像を確認すると、いかにもステーションワゴンタイプ的な伸びやかさが表現されています。

厳密には、海外向けのカローラセダンは国内仕様とデザインが異なる(ヘッドライトが大人しめのデザイン)んですが、中国向けのカローラセダン(中国名レビン)と日本国内向けのデザインは同じ。

(トヨタ新型カローラセダン 内装インパネ画像)

また新型カローラセダンの内装なども、既に発売済みのカローラスポーツとやはり大きな違いはございません。そのため後部座席周りを確認すると、どうやら新型カローラセダンもそこまで広くはない可能性も。やや不安。

新型カローラセダン・ワゴンはエンジンもアップサイジング?

続いては「エンジン周り」の最新情報。

結論から書くと、新型カローラセダン・ワゴンのエンジン構成は「1.2L直4ターボ(8NR-FTS型)」と「1.8L直4ハイブリッド(2ZR-FXE型)」の2種類になります。つまり、新型カローラスポーツと同じエンジン構成。

現行カローラアクシオなどの搭載エンジンは1.5L直4NAエンジンと1.5L直4ハイブリッドのため、フルモデルチェンジ後はアップサイジングとダウンサイジングの波が一度に訪れたような感じ。

ただ1.2Lターボの場合、加速感ではフルモデルチェンジ後の方が痛快に走れるはず。他にも新型カローラセダン・ワゴンにも「iMT」と呼ばれる最新の変速機も設定されます。

新型カローラセダンなどは車重が重くなるため一概に言えないものの、新型カローラワゴンには「AVS(アダプティブ・ヴァリアブル・サスペンション)」が採用し、新型カローラスポーツよりも乗り心地の良さが追求されてるのが特徴。

car-geek.com

○【フルモデルチェンジ】将来的には「1.5L直3NAエンジン」が主流に?

また2019年9月のフルモデルチェンジ後、具体的な投入時期こそ不明ですが、新型カローラには「1.5L直3NAエンジン」も新たに追加される予定。TNGA設計のもとに開発された新型エンジン。

現在はまだどの車種にも搭載されてないエンジンですが、2020年にフルモデルチェンジ予定の次期ヴィッツにも搭載予定。そのためトヨタ的には1.5L直3NAエンジンを全車種で主軸に据え置きたい思惑も見えます。

もちろんターボエンジンは徐々に普及してるものの、日本国内でやはり主流になることはないでしょうから。今後はハイブリッドシステムと直3エンジンが組み合わされる可能性も高そうです。

ただ「直3NAエンジン」というのは響きだけ聞けば非力感は否めないので、そこらへんは実際に早く試乗してみたいところ。

○カローラGRスポーツは2020年初頭に発売?

その代わり、新型カローラワゴンには250馬力(27.0kgm)を発生する「1.6L直4ターボエンジン」の搭載も噂されております。何故かカローラセダンには設定されないとか。そこらへんは前述のSUVモデルとの兼ね合いも?

変速機には6速MTが設定され、スポーティーさを売りにしたモデル。次期ヴィッツにも同様の噂が存在するため、現行カローラワゴンでも同様に「GR系」のカスタマイズブランドに高性能ターボが新たに投入される可能性は高そう。

ただし、自動車雑誌のフルモデルチェンジ情報によれば「カローラスポーツGT-Four」というグレード名で発売するとのこと。トヨタはGRブランドを展開しているため、何故GTなのかは疑問。

そのまま「カローラスポーツGR」で発売するのが筋では?

(トヨタ新型カローラGRスポーツ)

実際、2020年に「トヨタ新型カローラGRスポーツ」と呼ばれるモデルが発売予定。

トヨタ新型ヴィッツ(次期ヤリス)もフルモデルチェンジ後に1.6直3ターボエンジンを搭載したGRモデルを発売すると噂されており、新型カローラスポーツに同ターボが先駆けて投入される可能性はありそう。

また新型カローラワゴンの「GT-Four」のモデルには、レクサスUX250hと同じハイブリッドエンジンを搭載するという情報も。投入時期は今回のフルモデルチェンジから1年ほど遅れて2020年頃に発売されるとか。

car-geek.com

フルモデルチェンジでカローラスポーツ以上に装備が充実?

続いてはフルモデルチェンジ後の「装備面」の最新情報。

結論から書くと、新型カローラセダンなどにも新型トヨタセーフティセンスが標準搭載され、予防安全性能がグーンと高まります。詳細は別記事を参照してほしいんですが、セーフティーセンスは夜間でも歩行者を認識できるなど高性能なスグレモノ。

また新型プリウスのマイナーチェンジ新型クラウンのフルモデルチェンジでも標準搭載されたDCM(車載通信機)が次期カローラツーリングなどにも設定される予定。最近トヨタとソフトバンクの提携会見が話題を呼びましたが、新型カローラ以外の車種にも続々と標準搭載されていくはず。

他にも新型アクアのフルモデルチェンジや新型エスティマのフルモデルチェンジなども同様の措置が取られることは想像に難くない。興味がある方は【最新版】自動車業界関係図一覧まとめなどもご参照。

既に新型カローラスポーツでも同装備が採用されており、基本的には次期フィールダーもアクシオのフルモデルチェンジ情報は既に解説済みの「新型カローラスポーツ」とほぼ一緒と考えて良さそうです。

そのため詳細は下記の「カローラスポーツ」の情報も参照。でも価格帯的にはカローラスポーツよりも割高になるはずなので、新型カローラフィールダーやアクシオの装備面は更に充実される可能性もありそうか。

オーリスはフルモデルチェンジで「カローラ」に統合!

ここからは過去2017年以前に記載した内容になります。だから特に読まなくても大丈夫ですが、後半に「新型カローラGT-Four」の情報を追記しております。

トヨタは「オーリス」と呼ばれるコンパクトハッチバックを販売。見た目は少しカローラと似てたんですがトヨタで初めて1.2Lターボが搭載されるなど、オーリスは今まで何故か意欲的なテコ入れが行われていました。

ただ、残念ながらオーリスは不人気車種で販売は奮わず。このまま販売終了するのかと思いきや、実はオーリスもフルモデルチェンジ予定。出し惜しみしても仕方ないので、新型オーリスはフルモデルチェンジ後に「カローラブランド」に統合されます。

そのため今回の記事は次期オーリスのフルモデルチェンジも兼ねております。

ちなみにオーリスはヨーロッパなど一部地域では売れており、海外ではそのまま「オーリス」の名前が継続されるとも言われていましたが、結局、海外版オーリスもカローラスポーツという名称に改名されることになったとか。

○車名はカローラスポーツ?カローラハッチバック?

その名も「カローラスポーツ」。

車名は「カローラハッチバック」といった候補が当初取り沙汰されており、発売直前までトヨタもハッチバックの車名を使用しておりましたが、最終的には「カローラスポーツ」に落ち着いたらしいです。ホンマに紛らわしい話やで。

既に新型カローラスポーツの外観エクステリアは非常にパンチが効いたデザイン。フロントマスクには巨大なグリルが配されるなど、さながらカムリ風フェイス。新型カローラスポーツの全体的な雰囲気はC-HR風。

またリアバンパーには大型のガーニッシュが施され、リアコンビランプは横長にデザインされております。当初はオーリスはモデルチェンジせず販売終了するとも言われていたため、まさに大胆すぎる衣替え。

本家の新型カローラフィールダーやアクシオもフルモデルチェンジ後は、このカローラスポーツと似たようなフロントマスクに仕上がるはず。

新型カローラスポーツの発売日は2018年6月26日!

そして、新型オーリスは今回のフルモデルチェンジで中身も大幅に進化。

特に面白いのがカローラスポーツ(次期オーリス)は、本家の次期カローラよりも先に新世代TNGAプラットフォームを採用すること。確かにフルモデルチェンジが先に行われるので当然っちゃ当然なんですが、本家の新型カローラのお株を奪うにも程がある。

だから新型カローラスポーツの発売日はもうすぐ。既に現行オーリスは注文できない以前に、もはや公式サイトすら消滅済み。トヨタの中では既にいなかったクルマにされてるという悲しいお知らせ。

じゃあいつ頃発売されるのかと言うと、新型カローラスポーツの発売日は2018年6月26日。この発売日は新型クラウンのフルモデルチェンジ発表日の6月25日とほぼ同じ。相乗効果ってヤツかも知れない。

分かりやすく言えば、まさにロシアワールドカップの開催中。その間に新型カローラスポーツが発売。また新型クラウンのフルモデルチェンジが発表されます。ちょうど日本代表の予選が終わった直後。

そのためトヨタ的には決勝トーナメントにサッカー日本代表は行けないとふんでるのか(笑)

新型カローラスポーツのエンジンや主要諸元まとめ

このカローラスポーツの車体サイズは4375×1790×1435mm(全長×全幅×全高)前後と予想されております。もともとオーリスは3ナンバーサイズだけあって、ほぼ主要諸元は変更なし。

また「ハッチバック車」だけあって、本家の新型カローラよりサイズは若干小さいサイズ感ではありますが、ただ今回のフルモデルチェンジでホイールベースが+40mmほど伸長。そのため先代オーリスと比較すると室内の広さが拡大されているはず。

他にも新型カローラスポーツはTNGA-Cプラットフォーム採用によって、-20mmの低重心化が図られ、またリアサスペンションにダブルウィッシュボーン式を採用するなど、新型プリウスと同様に走りがかなり楽しみな足回りになりそう。

そのため名前通りに「ホットハッチ」を目指すっぽい?新型カローラスポーツの走りの感想などは前述の試乗レビューを参照。

○1.2Lターボと新型1.8Lハイブリッドを搭載

新型カローラスポーツのエンジンラインナップは1.2Lターボと改良版1.8Lハイブリッドの二種類のみ。オーリスに搭載されている1.5Lエンジンはフルモデルチェンジを機に、カローラスポーツに統合されるときに消滅。

そのため当初予想されていた「新型2.0Lハイブリッドエンジン」は新型カローラスポーツには搭載されません。前述の通り、新型カローラツーリングや新型カローラセダンにも搭載されないっぽい。

この新型2.0Lハイブリッドはアトキンソンサイクルエンジンの領域が拡大し、圧縮比も4割ほどアップして燃費性能が向上。パワーユニットも小型化されるなど、非常に走りと燃費性能が両立されてると言われてただけに残念。

でも、この新型2.0Lハイブリッドエンジンは2021年以降にフルモデルチェンジ予定の新型ノア・ヴォクシーにも搭載されるはず。さらなる詳細は【最新情報】新型ノアヴォクシーフルモデルチェンジまとめも併せて参照。

トヨタ新型カローラスポーツのグレード構成と価格

続いてはフルモデルチェンジ後の新型カローラスポーツのグレード構成。

「GZ」「G」「GX」の合計3グレード。それぞれに前述の2エンジンが設定。駆動方式は1.2Lターボも1.8LハイブリッドもFF(2WD)のみ。どうやら「E-Four」といった4WDシステムは新型カローラスポーツには用意されません。

○価格帯は214万~268万円程度

新型カローラスポーツの価格は「1.8L直4ハイブリッド」が約242万~268万円「1.2L直3ターボ」が約214万~約242万円。6速MTが-3万円ほど割安。200~270万円程度というカーギークの予想価格はほぼ正解。

非常にエンジンラインナップが豊富だった先代オーリスと違って、新型カローラスポーツの選択肢はかなり狭い。そのため新型カローラスポーツの価格に割安感はないはず。トヨタ車だとC-HRの価格帯に近いか。

だから「ハッチバック」というジャンルを考えるとやはり割高感は否めない。そのため新型カローラスポーツは走りなどがどう評価されるかが、今後しっかり売れるかにかかって来るのかなと思います。