【2024】トヨタ新型クラウンはフルモデルチェンジでFF駆動車に?マツダのFRシャシーを採用か?発売日など次期クラウン最新情報まとめ

トヨタ15代目クラウンは2018年6月にフルモデルチェンジ。外観はキープコンセプトでしたが、中身はTNGAプラットフォームに刷新され、「車載通信機(DCM)」も全グレードに標準装備されるなどトヨタ初の繋がるクルマ(コネクテッドカー)に進化して話題になりました。

car-geek.com

既に筆者もトヨタ新型クラウンの試乗記事はレビュー済みですが、世間的にも評判が良い。実際、新型クラウンの2019年上半期の販売台数を見ると約2万2000台。月販3600台前後売れてる計算。ただし、増税の影響もあって早くも失速。

そして、既に「16代目新型クラウン」のフルモデルチェンジ情報も流れております。

3a0e8644938a3f4e08e6e33cd50ec8e6 500x219

(トヨタ現行クラウン)

そこで今回カーギークでは「トヨタ新型クラウンのフルモデルチェンジ最新情報」をまとめてみました。果たして16代目新型クラウンの発売時期は?次期クラウンはどう進化するのか?

16代目クラウンの発売日は2024年以降か?

まずは「発売日・発売時期」の最新情報。2018年にフルモデルチェンジしたばかりですが、果たして次期16代目クラウンはいつ発売されるのか?

結論から書くと、「トヨタ新型クラウン16代目の発売日は2024年」と早くも報じるのはマガジンXの最新情報。2018年に発売した15代目クラウンから約6年後に発売されると予想してる模様。確かに新車のモデル周期のタイミングとしては最適。

car-geek.com

ただし、トヨタ新型ハリアーやトヨタ新型86やトヨタ新型ランドクルーザープラドなど2021年や2022年ぐらいまでのフルモデルチェンジ情報は結構あるんですが、さすがに2024年前後に発売する車種はほぼ不明。さすがに先の話すぎて、2024年に行われるイベントすらパッと思い浮かばない。

だから今回のフルモデルチェンジ情報も現在は話半分に聞き流してもいいかも知れない。

次のフルモデルチェンジで「FF駆動化」される?

続いては「新型クラウンの中身」に関する最新情報。

結論から書くと、16代目新型クラウンは「FF駆動化される」と報じるのはやはり前述のマガジンXの最新情報。もちろんクラウンの代名詞はFR駆動でしたが、要するに16代目のフルモデルチェンジ際には「FF車に変わる」ということ。

現行15代目クラウンはFR用のTNGA-Lプラットフォームを採用してるんですが、16代目にフルモデルチェンジする際には「FF用のTNGA-Kプラットフォーム」に置き換わる。これは新型カムリにも採用されてるシャシー。新型クラウンがFF化する理由はシンプル。

何故なら、16代目新型クラウンでは「ガソリンエンジン車が消える」から。既にトヨタは「ガソリンエンジン専用車の販売中止」を公言してますが、トヨタのフラッグシップモデルとも言えるクラウンがその先頭を次のフルモデルチェンジで切る模様。

正確には2.5L直4ガソリンエンジン(ターボ含む)自体はフルモデルチェンジ後も搭載されるものの、最低でも新型クラウンの「全モデルがハイブリッド車以上」に進化。2024年というタイミングを考えると、次期クラウンのPHV化だって当然考えられる。

car-geek.com

トヨタ次期86はMR駆動化も言われてますが、そうすると今後新型クラウンを電動化(BEV化やPHEV化)させることを考えると、大容量バッテリーを床下に搭載する際にFR駆動に必須の「プロペラシャフト」が邪魔になってくるという理屈。

16代目新型クラウンは「FR車の衰退」を象徴?

どうやら次期クラウンに限らず、今後トヨタ車からはFR駆動車を全て消しさって、FR用のTNGA-Lプラットフォームを搭載する車種は「レクサスのみ」に限るそう。実際、今回の新型クラウンのフルモデルチェンジは「レクサスのブランド戦略の一環」と絡めて報じてるのはマガジンXの最新情報。

既に自動車に関する様々な技術の進歩は凄まじく、FR車でしか体現できない走りはほぼ存在しない。FF車でもかなりスポーティーな走りが体現できる時代。サーキット場ですんごいカーブ走行したいなら別ですが、もはやFR駆動にこだわる時代は終わりつつあります。

実際、BMWに代表されるようにドイツ車も最近はFF化にこぞって取り組んでるのが好例。そのためレクサスもどこまでFR駆動にこだわち続けるかはやや疑わしい気もします。何故なら電動化の条件だって、クラウンもレクサスも同じはずだから。

やはりコスト低減など、FF化によるメリットは多い。クラウン級の車種でも室内スペースが拡大すれば、それだけで快適な居住性が更に高まる。だから、2024年前後の新型クラウンのフルモデルチェンジは「FR駆動車の衰退」そのものも象徴してるのかも知れない。

次期クラウンのシャシーは「マツダ製」になる?

最後は「次期クラウンのトンデモ情報」を解説して終わりたいと思います。

結論から書くと、トヨタ新型クラウンのシャシーは「マツダ製」になると報道するのはベストカーの最新情報。

まず確認しておくと、マツダは現在「ラージアーキテクチャ」と「スモールアーキテクチャ」という二種類のプラットフォームを開発してる。名前の通り、後者は既に車格が小さい新型MAZDA3に採用され、今後は次期MAZDA2などにも採用されそう。

一方、この前者のラージアーキテクチャは「FR用プラットフォーム」と言われてる。そのためマツダ次期CX-5マツダ次期MAZDA6は今後FR化される予定。結果的に頓挫したという情報もありますが、2019年初夏にマツダは公式に発表済み。

そして、トヨタ・クラウンは言うまでもなくDセグメントサイズのFR駆動車。

だから、このマツダが開発してるラージアーキテクチャが「トヨタ新型クラウン」にどうやら用いられそう。今後マツダはMAZDA6を上回るラグジュアリーセダンの開発を進めているとされ、それがトヨタ新型クラウンの兄弟車となる可能性すらある。

マツダのFRコンポーネントには「直6ターボエンジン」の搭載がほぼ確定しているため、新型クラウンも同様に直6化は必至。しかも2019年12月に販売終了したマークXの後継車にもマツダ製プラットフォームを採用して復活するという情報もあります。

○フルモデルチェンジ後もFR駆動が維持されるかマツダの手にかかってる?

さすがにツッコミどころ満載の情報という気もしますが、前述のように次期クラウンのFF化も予想されてる状態。またレクサス次期ISを含めて、今後トヨタがFR車の開発から撤退する兆しは強く見て取れます。

だからマツダが開発中のFRコンポーネントの発売時期と次期クラウンがフルモデルチェンジするタイミングは合致するなど、両者の情報を意外と重なる部分が多い。BMW製のスープラやダイハツ製のコンパクトカー勢の成功を考えると、あながち間違ってもなさそう。

つまり、新型クラウンは「脱FR車」を目指してるものの、一方でマツダのFRコンポーネントを同時に利用する道も模索してる状態っぽい。今後新型クラウンをピュアEV化させることも考えると、やはりFF車の方が圧倒的に都合が良い。

少なくとも、最近のトヨタが「脱FR化」を目指してることは確実なので、新型クラウンのフルモデルチェンジもその流れには逆らえない。それに対して、マツダのコンポーネントを使うというウルトラCの技で対応しようと試みてる。

例えば、GRブランドのように「別グレード」として「マツダの新型FRクラウン」を発売する可能性なども考えられそう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました