【BMW】新型X4 フルモデルチェンジ最新情報まとめ【2018】

スポンサーリンク

BMWが2014年に投入したばかりのSUVといえば「X4」。X3をベースとしたクーペフォルムスタイルのSUV。まさにSUVブームに乗った車種の一つ。

(autoevolution.com)

このBMW・X4が早くも次期モデルのテストカーが走行中らしい。そこで今回はBMW新型X4のフルモデルチェンジ最新情報をまとめてみました。次期X4の発売時期など購入を考えてるお金持ちの方は、テキトーに参考にして下さい。

BMW新型X4の発売時期は2018年夏以降

まずはBMW新型X4の発売時期。一体いつフルモデルチェンジするのか。

残念ながらまだ具体的な時期は分かっていません。

ただBMW次期X4は2019年モデルとして発売される予定のため、おそらく新型X4がフルモデルチェンジするのは2018年中であることはほぼ間違いないはず。時期的には夏頃か。BMW現行X4も2014年春のニューヨークモーターショーに初出品された後、そこから程なくして実際に発売されております。

気になるのは国内販売ですが、現行X4は同年8月に日本国内でも予約注文が開始されていたため、BMW次期X4のフルモデルチェンジのタイミングは世界も日本もほぼ同時期と考えていいはず。

ちなみに次期X4が初お披露目されるのは2018年春のジュネーブモーターショーというのがもっぱらの噂。今から一年後の2018年11月頃までには、日本国内でもフルモデルチェンジされていると思います。

もし今現在クルマの買い替えや増車を考えてるお金持ちの方は、もう少し待ってみるのも一つの手か。

フルモデルチェンジでX4は何が変わるのか?

最後はBMW新型X4の変更点をざっくりまとめてみました。果たしてフルモデルチェンジで一体何が変わるのか?

結論から書くと、基本的にデザインに関してはキープコンセプト。BMWといった高級車ブランドは大きくデザインを変更させてくることはありません。そのためクーペフォルムの印象が減りそうという意見もありますが、新型X4のテストカーを見る限りはそこまで心配はしなくてもいいのかも。

ただ地味に変更点もあって、例えばサイドのプレスラインやリアコンビネーションランプのデザインなどが変更されている模様。

(autoevolution.com)

そして一番特徴的な変更点は、マフラー(エキゾーストパイプ)。現行X4では運転席側にまとまっていたのが、新型X4では両側に二本出しに変更されています。次期X4では引き続きベース車両はX3であるため、そこに追従してくるカタチなんだと思います。

だから新型X4の内装面もX3を参考にするといいはず。

次期X4の中身はフルモデルチェンジしたばかりのX3ベース

つまり次期X4の中身は、つい先日フルモデルチェンジしたばかりのX3そのもの。

「CLAR」と呼ばれる新型軽量プラットフォームを採用することで、新型X4の車重はかなり軽くなります。もちろん剛性感は損なわれることはないため、結果走りや燃費面で性能が大きく向上する予定。

フルモデルチェンジ後のエンジンラインナップは2.0L直4ターボエンジン、3.0L直6ターボエンジンなどが次期X4でも用意される予定。変速機は現行X4と同様に8速ATのまま。

ただ次期X4にもMパフォーマンスが引き続き設定されると思いますが、フルモデルチェンジ後に2.0L直4ディーゼルターボが新たに採用されるかは不明。ただ新型X3には用意されているため、そこは期待を持って待ちたいところ。

BMW新型X4の価格は不明。ただ先日フルモデルチェンジした新型X3の価格が数十万円ほど値上がりしてたはず。新型プラットフォームの採用など大幅に改良されてるのは、次期X4でも同様。

つまり現行X4の価格が726万円からということを踏まえると、フルモデルチェンジ後の新型X4の乗り出し価格は750万円ぐらいからになりそうか。以上、BMW新型X4の最新フルモデルチェンジ情報まとめでした。