【2019】トヨタ新型RAV4 フルモデルチェンジ最新情報まとめ

スポンサーリンク

2016年に惜しまれながら販売停止されたトヨタのSUVといえば、「RAV4(ラブフォー)」。このRAV4は割りとコスパが高いSUVであって、中古車を探すと掘り出し物が散見されます。

ちなみにRAV4はかなり独特な読み方をするため、ずっと「アールエーブイフォー」と読んでたことは内緒。車名の由来は「Recreational Active Vehicle 4Wheel Drive」の頭文字らしい。

ただ日本で発売されていた3代目RAV4は2005年に発売された一世代前のモデルだけあって、晩年の新車販売台数は特に奮わず。またライバルの魅力的な新型SUVの台頭もあって、去年RAV4はひっそりと消えたのも納得。

(spyder7 次期RAV4予想CG)

でもトヨタ新型RAV4が再び日本国内へ投入されるとのこと。そこで今回は新型RAV4の最新フルモデルチェンジ情報をまとめてみました。次期型モデルの発売時期なども含めて、もし興味がある方はテキトーにチェックしてみて下さい。

トヨタ新型RAV4の発売時期は2019年頃

まずフルモデルチェンジ情報といえば発売時期。新型RAV4はいつ日本国内に投入されるのか?

結論から書くと、トヨタ新型RAV4のフルモデルチェンジ時期は2019年頃と見られています。東京オリンピック前年。あくまで海外での話。もしかすると日本国内での発売時期は遅れる可能性はあります。

ただ、そもそも次期RAV4の日本投入の可能性はあるのか?という疑問も。

残念ながら現時点ではまだまだマユツバ情報ではあるものの、初代RAV4は1990年代にホンダ・CR-Vなどライバルメーカーに触発された誕生したと言われてる。でもホンダ次期CR-Vが2018年に国内に復活するのは確定的。

そのためトヨタ的には「国内のコンパクトSUVはC-HRやハリアーだけでいいのか?」と当然考えているはず。つまりトヨタ新型RAV4が国内で再び復活するのはほぼ確定的でありましょう。

次期RAV4のエンジンスペックなどに関するフルモデルチェンジ情報

続いては新型RAV4の中身をチェックしたいと思います。

例えばプラットフォームはプリウスやC-HRと同じCセグメント用の「TNGAプラットフォーム」が採用されます。そのため高剛性かつ軽量に特化したものになり、フルモデルチェンジ後の次期型RAV4の走りには期待できそうです。

エンジンはトヨタ新型カムリに搭載された2.5L直4エンジン(A25A型)を軸に展開される予定。日本国内に次期型RAV4が投入される場合、やはり1.8Lハイブリッドエンジンも欠かせないでしょう。もしかするとターボエンジンもラインナップされるか。

新型RAV4のフルモデルチェンジ予想デザインがイカツい理由

続いては、新型RAV4はフルモデルチェンジ後にどういった見た目になるのか?改めて冒頭画像をチェックしながら次期型デザインをチェックしたいと思います。

(spyder7 次期型5代目RAV4予想CG)

改めて次期RAV4のフルモデルチェンジ予想画像を見ておくと、かなりイカツイ。さながらレクサス風。でも「巨大なエアダクトや次期クラウンのようなV型ウイングバーを配置される」といった具体的な情報も散見されるため、意外と確度が高いフルモデルチェンジ予想CGだと推察されます。

(トヨタ現行4代目RAV4)

ちなみに、世界で今もなお販売されてる現行RAV4は実は四代目。その現行RAV4のエクステリアを見ると、完全にC-HR。日本国内だと3代目の古くさいRAV4のイメージで止まってる方も多いと思いますが、これじゃあRAV4が日本国内から撤退するのもむべなるかな…つか日本のC-HRが海外でのRAV4?

だからC-HRとの競合を避ける狙いもあって、おそらく次期型RAV4はかなり尖ったデザインに仕上げたんだと思います。様々なフルモデルチェンジ情報を勘案すると、トヨタは若者受けを狙った都会的なC-HRに対して、新型RAV4は「硬派なハードSUV」を売りにしていく模様。

例えばC-HRのホイールアーチは丸みを帯びてるのに対して、新型RAV4のホイールアーチはスクエア状に仕上がってたりするんですが、それだけ新型RAV4は「よりSUVらしさ」が追求されている雰囲気。

つまり逆説的に考えたら、両者の違いを際立たせるということは「新型RAV4の日本国内での復活販売の可能性」はそれだけ高い裏返しと考えられます。期待しても良い?ちなみにいずれ次期RAV4とC-HRの比較記事も作りたいと思っていますが、一応現行RAV4はハリアーと同じプラットフォームを採用。そのためRAV4とは車格が一回りほど違います。