【最新情報】トヨタ新型RAV4 フルモデルチェンジまとめ【発売時期やエンジンスペック・価格etc】

2016年に惜しまれながら販売停止されたトヨタのSUVといえば、「RAV4(ラブフォー)」。このRAV4は割りとコスパが高いSUVであって、中古車を探すと掘り出し物が散見されます。

ちなみにRAV4はかなり独特な読み方をするため、ずっと「アールエーブイフォー」と読んでたことは内緒。RAV4の車名の由来は「Recreational Active Vehicle 4Wheel Drive」の頭文字を取ったものらしい。

ただ日本で発売されていた3代目RAV4は2005年に発売された一世代前のモデルだけあって、晩年の新車販売台数は特に奮わず。またライバルの魅力的な新型SUVの台頭もあって、去年RAV4はひっそりと消えたのも納得。

(トヨタ新型RAV4 先行公開画像)

でもトヨタ新型RAV4が再び日本国内へ投入されるとのこと。そこで今回は新型RAV4の最新フルモデルチェンジ情報をまとめてみました。次期RAV4の発売時期や確定デザインも含めて、もし興味がある方はチェックしてみて下さい。

トヨタ新型RAV4の発売時期は2019年春頃

まずフルモデルチェンジ情報といえば発売時期。トヨタ新型RAV4はいつ日本国内に投入されるのか?

結論から書くと、トヨタ新型RAV4のフルモデルチェンジ時期は2019年春頃と見られています。当初は新型RAV4の発売時期は2019年夏や後半といった予想もされていましたが、トヨタが既に公式にアナウンス済み。

そのためフルモデルチェンジの時期は、今から一年半後と当分先の話。新型RAV4が復活するのは東京オリンピック開催から前年と、そう表現すると更にフルモデルチェンジのタイミングが遠く感じてしまいます。

ちなみに、新型RAV4の量産が開始されるのは2018年10月と意外と早い。トヨタ次期RAV4は引き続き愛知県の高岡工場と豊田自動織機で製造されます。あくまでRAV4の主戦場はアメリカのため、おそらくアメリカでの新型RAV4の発売時期はもっと早いのでしょう。

新型RAV4はホンダ・CR-Vに触発された?

今回2019年にトヨタ新型RAV4が再び日本国内で販売する経緯となったのが、ホンダ新型CR-Vの存在と言われております。

何故なら、ホンダ次期CR-Vも海外でのフルモデルチェンジをキッカケに、再び2018年中に日本国内に復活するのは確定的。初代RAV4は1990年代にホンダ・CR-Vなどライバルメーカーに触発された誕生したと言われてる。

そのためトヨタ的には「国内のコンパクトSUVはC-HRやハリアーだけでいいのか?」と当然考えたに違いない。トヨタ自動車は無駄にセダン車などは充実してますが、確かに日本国内におけるミドルクラス以下のSUVのラインナップはまだまだ脆弱。

そういった数少ないトヨタの弱点を今回の新型RAV4を復活させることで克服したいんだと考察されます。もし興味がある方はホンダ新型CR-V 試乗レビューまとめも後でチェックしてみて下さい。

次期RAV4の主要諸元まとめ【フルモデルチェンジ情報】

続いてはトヨタ新型RAV4の主要諸元や搭載エンジンといった「中身」をチェックしたいと思います。

○トヨタ新型RAV4のプラットフォームはカムリ譲り

例えばプラットフォームはカムリと同じ「TNGA-Kプラットフォーム」が採用されます。

ただし全く同じプラットフォームではなく、新型RAVに合わせた改良が施される予定。確かにカムリはセダン車、RAVはSUVと全く違います。そこらへんのSUVらしい味付けが新型RAV4ではやってくる模様。

当初はプリウス系のCセグ用のTNGAが採用されるとも言われていましたが、残念ながらカムリ用のエンジンが搭載できないためお流れになったそう。どのみち次期RAV4の車体は高剛性かつ軽量に特化したものになり、フルモデルチェンジ後の走りには期待できそうです。

○トヨタ新型RAV4の搭載エンジンは?

そのためエンジンもトヨタ新型カムリに搭載された2.5L直4エンジン(A25A-FKS型)を軸に海外では展開される予定。

ただし、日本国内で販売される新型RAV4は「2.0L直4エンジン(M20A-FKS型)」と「2.5L直4ハイブリッド(A25A-FXS型)」の二種類のグレードが展開される見通し。変速機はCVTではなく「8速AT」が組み合わされます。

前者は「ダイナミックフォースエンジン」と呼ばれる新型エンジン。パワフルかつ低燃費仕様の技術。今後ダイナミックフォースの技術はトヨタ新型ヴィッツのフルモデルチェンジなどでも採用されていきますが、そことハイブリッドを組み合わせる模様。

○トヨタ新型RAV4の4WDシステムは期待大?

他にも新型RAV4のガソリンモデルには「ダイナミック トルクベクタリングAWD」と呼ばれる新型4WDシステムが注目。前後の駆動輪を状況に応じて動力を最適化するトルクベクタリングは、トヨタで初めて採用されるとのこと。

このダイナミックトルクベクタリングは新型RAV4の上級グレードのみに展開されます。それ以外のグレードはFF(2WD)のみ。つまり、トヨタ新型RAV4のグレード構成は欧州車っぽく設定されそう。

また、新型RAV4のハイブリッドにはトヨタですっかりお馴染みの「E-Four」が設定されます。ただ従来のプリウスなどとは違って、新型RAV4の「E-Four」はパワーアップ。後輪駆動のトルク感は1.3倍ほど強化される。

そのため新型RAV4はガソリン車もハイブリッド車も含めて「4WD」はそれなりに楽しめそうな雰囲気。いずれ新型RAV4の試乗記事もレビューしたいと思います。

○新型RAV4の主要諸元まとめ

次期RAV4の車体スペックは4595×1855×1700mm(全長×全幅×全高)と予想されています。先代RAV4より全長がやや短く設計されてる。この理由は次期RAV4から「三列シートモデルが廃止」されるからとのこと。

新型RAV4のサイズ感的には、ちょうどC-HRとハリアーの中間あたり。もしかすると日本国内に次期型RAV4が投入される場合、1.8Lハイブリッドエンジンあたりもラインナップされるかも…とカーギークは予想してみる。

トヨタ新型RAV4の価格はどうなる?

続いての情報は、トヨタ新型RAV4の「価格情報」。いくら走りの質感がアップしても、さすが値段が高すぎると購入対象から外れることもあります。

結論から書くと、残念ながら2018年5月時点で新型RAV4の価格は不明。そこでカーギークではトヨタ新型RAV4の価格帯を予想してみたいと思います。

○新型RAV4の価格帯はハリアーに迫るか?

まず新型RAV4の価格情報で参考になるとしたら、やはり同じトヨタのSUVである「C-HR」と「ハリアー」の存在。新型RAV4の車体サイズは両者の中間に位置しているため、当然新型RAV4の価格帯もその中間と予想されます。

結論から書いちゃうと、新型RAV4のガソリン車の価格が270万~310万円程度。新型RAV4のハイブリッド車の価格が310万~350万円程度とカーギークでは予想してみる。

何故なら、新型RAV4は「第2世代セーフティーセンス」が全車で標準装備され、オートホールド機能付き電動パーキングブレーキやステアリングヒーターなど装備面が充実。最低価格250万円のトヨタ・C-HRを新型RAV4のガソリン車の価格が下回ることは可能性は低い。

またガソリン車の上級グレードがもし4WDのみであれば、新型RAV4の上限の価格帯は300万円は余裕で超えてくると予想されます。それでもハリアーのガソリン車の価格帯より10~30万円程度は安いはず。

一方、ハリアーハイブリッドの価格が最低でも370万円程度。さすがにキャラクターや路線が異なる新型RAV4ハイブリッドが、そこまで割高の価格帯になるとは考えづらい。そのため新型RAV4ハイブリッドの上級グレードの価格はそこは下回るはず。

実際、RAV4のグレード構成を見ると、具体的には「RAV4 Limited」「RAV4 Adventure」「RAV4 XSE Hybrid」の合計3グレードが展開されます。グレード名を観る限り、新型RAV4はさながら高級車路線を歩んでることも伺えます。

もちろんアメリカでの話。日本国内でも同様のグレード構成が展開されるかは不明ですが、それでも新型RAV4がハリアーの価格帯に迫っている可能性も否定できなさそう。つまり一言でまとめると、新型RAV4の価格帯はそこそこ高い気はします。

トヨタ新型RAV4はグレードによって見た目が異なる

続いては2018年3月28日に開催されたニューヨークオートショーで公開されたばかりの、新型RAV4の見た目を改めてチェック。この新型RAV4が面白いのはグレードによって見た目が異なる点

「RAV4 Limited」のデザイン

(トヨタ新型RAV4 先行公開画像)

まず記事冒頭でも貼りましたが、エントリーモデルの「RAV4 Limited」のデザインがこちら。。ホイールアーチがスクエア状だったりして、非常に無骨感があります。一方で、それなりに都会的な一面も覗かせるデザイン。

新型RAV4の雰囲気はさながらフォード・エコスポーツ。パット見はダサい印象も受けましたが、トヨタ・C-HRが売れている現状を考えたら、割と見れば見るほど慣れるデザインかも知れない。

この新型RAV4の記事も何度か再編集してるんですが、最初は「ダサッwww」としか思えませんでしたが、不思議と新型RAV4を購入したくなってきた不思議。そのため十分「許容範囲内のオリジナリティ」とは言えそうです。

「RAV4 Adventure」のデザイン

(トヨタ新型RAV4 先行公開画像)

続いてはトヨタ的には最も売り出したいとされる「RAV4 Adventure」のデザインがこちら。

一見すると先程のRAV4との違いは見て取れませんが、フロントグリルは八角形状のものに洗練されてる。またフォグランプも上部に移動して左右が繋がり合うまとまったデザインに進化しております。

他にもルーフレールが標準装備化されるなど、デザインだけではなく使い型も含めて「アクティブさ」を売りにしてる新型RAV4。きっと新型RAV4でツートンカラーが選べるのも、このアドベンチャーからかも知れない。

そのため先程は新型RAV4の価格を予想したものの、実際にはもっと跳ね上がる可能性もなくはないか。

○新型RAV4のフルモデルチェンジ前の予想デザインがいかつすぎたw

(spyder7 次期型5代目RAV4予想CG)

最後は余談ですが、トヨタ次期RAV4のフルモデルチェンジ予想画像はこんなデザインでした。正直、「いかつい」の一言。そして、実際のトヨタ新型RAV4と見た目とかすりもしてないことに笑いすらこみ上げてきます。

「巨大なエアダクトや次期クラウンのようなV型ウイングバーを配置される」「ホイールはブラック塗装がベースに仕上がっている」といった具体的な情報も散見されたものの、「意外と確度が高そうな情報」と表現した自分が恥ずかしい。

(トヨタ現行4代目RAV4)

ちなみに、現行の四代目RAV4のデザインがこちら。そう実はトヨタ・C-HRそのもの。この現行RAV4はアメリカで一番売れている車種のため、C-HRが世界的に売れてるかもRAV4の存在からも分かります。

ただトヨタ自動車がどういった戦略を立ててRAV4やC-HRを製造したのか分かりませんが、こういった事情から日本国内ではRAV4が撤退したのもむべなるかな。だから先程の次期RAV4の予想デザインを信用したのも、こういったことがあります。

何故なら新型RAV4を日本国内に復活販売させるなら、やはりC-HRとのバッテイングを避けなきゃいけない。そういう意味で新型RAV4のデザインは更に厳つく仕上がったとカーギークでは予想してしまった。

ただ当初から「新型RAV4はC-HR風のデザイン」を予想している自動車雑誌も存在したので、そこはさすがだなと改めて痛感しました。以上、2019年春頃に日本国内で再販されるトヨタ新型RAV4の最新情報でした。

フォローする