【ホンダ】新型インサイト 復活最新情報まとめ【フルモデルチェンジ】

スポンサーリンク

ホンダ・インサイトといえば、かつてはプリウスを追い越したほどのハイブリッド専用車でした。ただ面白いぐらいにバブルってすぐさま消えたイメージ。最近の時事ネタで絡めると、ビットコインや希望の党みたいなもんでしょうか。

(カートップ3月号 交通タイムス社 佐藤靖彦)

ただこの度、ホンダ新型インサイトが復活します。昨年2017年の段階から報じていた自動車雑誌もございますが、既にアメリカのデトロイトモーターショーで新型インサイトのプロトタイプ版が出品済み。つまりタイミング的にそろそろ。

そこで今回はホンダ新型インサイトに関する最新情報をまとめてみました。厳密には「フルモデルチェンジ」と表現した方が良いのかも知れませんが、果たして一体いつ頃に新型インサイトは復活するんでしょうか?発売時期は?

新型インサイトの発売時期は2018年後半?

まずは新型インサイトの発売時期。一体いつ復活するのか?フルモデルチェンジするのか?

結論から書くと、ホンダ新型インサイトの発売時期は2018年11月頃と見られています。既にアメリカのモーターショーで出品されている新型インサイトも2019年モデル。少なくとも新型インサイトの発売時期は2018年中。

実際、主戦場となるアメリカでの発売時期は2018年8月ともうすぐ。アメリカではシビックが新車販売ランキング上位に入っていることからも分かるように、新型インサイトの売れ行きはアメリカならそれなりに見込めそうです。

最初は日本国内での再販は微妙な気はしましたが、既に日本国内で新型シビックは復活済み。ホンダ新型インサイトに関する最新情報も日に日に具体性が帯びてるため、日本国内で復活する可能性は高いと考えて良さそう。

当初は新型インサイトの情報が錯綜していたため、「新型インサイトはシビックハイブリッド化?」という予想も書いたんですが結果的には間違いでした。詳しくは「ホンダ新型シビックハイブリッド 最新情報」も参照。

復活新型インサイトの予想主要諸元まとめ

ということで、今回日本国内でも復活する予定の新型インサイトの中身をチェックしたいと思います。新型インサイトの車体サイズはどうなるのか?どんなエンジンを搭載するのか?

(ベストカー5月10日号 講談社)

ホンダ新型インサイトの車体サイズは4570×1750×1450mm。モーターショーで出品されたインサイトを見ても分かるようにホイールベースも長く、かなりイカしたクーペスタイルしちゃってます。燃費を意識した流線型モデルとも言えます。

ホンダ新型インサイトはシビックセダンがベース。ただ車格だけ見ると、新型インサイトはややサイズアップ。新型インサイトは、ちょうどホンダ・アコードとシビックの間を狙っているそう。

○ホンダ新型インサイトの内装画像

(ベストカー5月10日号 講談社)

ホンダ新型インサイトの内装インパネ画像がコチラ。アメリカで先駆けて公開されてるため、画像は左ハンドル仕様ではありますが、それでもホンダ新型インサイトの内装がどんな雰囲気かは伝わるはず。

新型インサイトはベースがシビックセダンだけあって、やはりデザイン的にはあまり大差なさそう。Bluetooth機能搭載の7インチのTFT液晶ナビは標準装備され、メータ周りもデジタル感が満載。

新型インサイトの価格情報は判明してませんが、もしシビックと同様に200万円台で収まるなら十分質感は高いと評価はできそう。新型インサイトも同様に非常に見切りもいいため、実用性の面でも評価できそうな内装。

ホンダ新型インサイトは新型「i-MMDハイブリッド」を搭載!

新型インサイトのパワートレインは一つのみ。

ただ1.5Lガソリンエンジンと2つの電気モーターを組み合わせた「i-MMD」と呼ばれる新しいハイブリッド方式が採用されます。オデッセイハイブリッドなども同様の仕組みを採用してますが、そちらはガソリンエンジンは2.0L。

そのため1.5Lガソリンと組み合わせた「i-MMD」というハイブリッド方式は新型インサイトで初めて搭載されそう。スペックは不明ですが、新型インサイトは非常にパワフルな加速感が実現されるはず。

当初、自動車雑誌では新型インサイトにはフィットの「1.5L i-VTEC+i-DCD」がそのまま搭載されるといった情報が流れていたため、ホンダはグレイスの劣化版を作るつもりか!?…と内心ガッカリしたんですが、そういうことはありませんでした。

しかも新型インサイトは軽量化と静粛化に力が入ってる。例えばボンネットは全てアルミ製に仕上げられ、エンジンマウントなどには遮音材などがシビック以上に盛り込まれているらしい。これは非常に楽しみ。

ちなみに2020年前後にフルモデルチェンジするホンダ・ヴェゼルも、同様の「i-MMD」というハイブリッド方式が採用される予定。ヴェゼルは新型インサイトよりややサイズが小さいため、もしかするとモーターやバッテリーが小型化される可能性も。

○新型インサイトのカタログ燃費は30km/Lちょい?

新型インサイトのカタログ燃費はEPA複合モードで21.0km/L程度とのこと。

一見すると大したことなさそうですが、これは3代目プリウスとほぼ同じ水準。既に「WLTCモード」が定着しつつあると思うので、新型インサイトのカタログ燃費は30km/Lは超えてくるのかなーと予想してみる。

ただ少なくともカタログ燃費も現在は厳格化されてるため、ホンダ新型インサイトはかつてのように40km/Lを超えるような異常値にはならないでしょう。それでもホンダの「i-MMD」の評判は良いため、新型インサイトの実燃費はそれなりに期待できそう。

シビックの需要減をインサイトが補う?

ただホンダ新型インサイトがどれだけ日本国内で売れるかは不透明。

何故なら、シビックより上級車という位置付けだから。確かに先代先々代のインサイトはコンパクトさも売りにしていましたが、前述のように車体サイズはシビック以上。新型インサイトのサイズ感が日本市場にマッチングするかは…うーん。

逆に言えば、アメリカだとホンダ新型インサイトはめちゃめちゃ売れそう。

既に「新型シビックの試乗インプレッション」などもまとめていますが、確かにシビックは走りが非常に良い。でも価格が価格。ブランド力という点でも日本ではそこまで高級感がないのもネック。

もちろん、新型インサイトは高性能かつ静粛性が高いハイブリッドセダンに仕上がりそう。そのため新型インサイトの価格帯は余裕で300万円を超えてきそう。現状シビックの販売台数は知れており、新型インサイトがシビックを上回る可能性がどこまであるのか。

ホンダは将来的に、新型インサイトが「シビックの需要の落ち込み」を補うことを想定しているらしい。じゃあ、シビックを色んな意味で超える新型インサイトに需要が素直にシフトしていくかは疑問が残ります。

またインサイトが消滅しないといいんですが、2018年のホンダには要注目です。