【ホンダ】新型インサイト 復活最新情報まとめ【フルモデルチェンジ】

スポンサーリンク

ホンダ・インサイトといえば、かつてはプリウスを追い越したほどのハイブリッド専用車でした。ただ面白いぐらいにバブルってすぐさま消えたイメージ。最近の時事ネタで絡めると、ビットコインや希望の党みたいなもんでしょうか。

(カートップ3月号 交通タイムス社 佐藤靖彦)

ただこの度、ホンダ新型インサイトが復活します。昨年2017年の段階から報じていた自動車雑誌もございますが、既にアメリカのデトロイトモーターショーで新型インサイトのプロトタイプ版が出品済み。つまり、タイミングもそろそろ。

そこで今回はホンダ新型インサイトに関する最新情報をまとめてみました。厳密には「フルモデルチェンジ」と表現した方が良いのかも知れませんが、果たして一体いつ新型インサイトは復活するんでしょうか?

新型インサイトの発売時期は2018年後半?

まずは新型インサイトの発売時期。一体いつ復活するのか?フルモデルチェンジするのか?

結論から書くと、2018年中に新型インサイトが復活するのではないかと見られています。既にアメリカのモーターショーで出品されている新型インサイトも2019年モデル。ただ2019年に発売時期がずれ込む可能性もありそう。

でも問題は日本国内への導入です。アメリカではシビックが新車販売ランキング上位に入っていることからも分かるように、新型インサイトの売れ行きはアメリカならそれなりに見込めそうです。

しかしながら、日本国内はシビックですら…という具合。あくまで海外で復活したとしても、新型インサイトがそのままおとなしく日本国内で再販される可能性があるかは微妙かも知れない。

インサイト≒シビックハイブリッドのこと?

でも光明も少なからずあります。

既に「ホンダ新型シビックハイブリッド 最新情報」でもお伝えしましたが、今年2018年にはシビックのハイブリッド版の導入が予定されています。でもフィットの「1.5L i-VTEC+i-DCD」がそのまま搭載されるのではないか?など情報が不確か。それなら車重増なども踏まえると、グレイスの劣化版じゃないかと思ったり。

だからもしかすると新型インサイトが「シビックハイブリッド」として日本国内では発売されるのではないか?と予想する自動車雑誌も存在します。確かにシビックハイブリッドも販売した上、ハイブリッド専用のインサイトも販売してしまったら、ただでさえ少ないボリュームゾーンでバッティングしまくり。

そのためもっと考察するなら、自動車雑誌の中でもインサイトとシビックハイブリッドの情報がごっちゃになってる可能性もありそう。とりあえず、2018年秋には東京モーターショーも開催されるため、そこに新型インサイトが出品されるかどうかで実際に販売されるかどうかも分かるはず。