【達成率】WLTCモードの実燃費はどんなもん?

スポンサーリンク

最近チラホラと自動車のカタログ燃費で見かけるようになったのが「WLTCモード」と呼ばれるもの。これまではJC08モードしか記載されてなかったと思うんですが、果たしてWLTCモードとは何ぞこれ?

そこで今回は「WLTCモード」について詳細な記事を書いていきたいと思います。果たしてカタログ燃費は実燃費との乖離が激しいと言われていますが、WLTCモードは実燃費に近いのか?

WLTCモードとは?

まず「WLTCモードとは何なのか?」から簡単に解説したいと思います。

WLTCモードとは、今年2018年から導入されている新しい燃費モードのこと。2018年10月からはWLTCモード表記が義務化されます。確か2022年頃までJC08モードの併記が許可されていた気がしますが、早晩にWLTCモードに統一されるでしょう。

WLTCモードは国際基準のカタログ燃費表記。かつては日本はJC08モード、海外ではEPA複合モードなどバラバラ。そのため日本と海外とではカタログ燃費に様々な差が生まれていたものの、今後はWLTCモードの導入で国際的にカタログ燃費が統一されます。

WLTCモードの導入で自動車メーカーからすると、わざわざ各国の状況に合わせて燃費を計測しなくても済むのがメリット。要するにコストカット。プロの自動車メディアの方からしたら、きっと誤報や誤記が減るはず。

○WLTCモードとWLTPモードの違い

ただ厳密には海外では「WLTPモード」と呼ばれます。「ワールドハーモナイズド・ライトビークル・テスト・プロシージャ(Worldwide harmonized Light vehicles Test Procedures)」の略語。

WLTPモードは4つの走行モードにおいて燃費値が計測され、それぞれの走行状況に応じたカタログ燃費が個別に表記されているのが特徴。もちろんWLTCモードも同様に、走行モード別にカタログ燃費が表記されていきます。

走行モードには60km/hまでの市街地の「ローフェーズ」80km/hまでの一般道の「ミドルフェーズ」100km/hまでの都市高速の「ハイウェーズ」130km/hまでの高速道路の「エクストラハイウェーズ」

このように様々な速度で走行することで、より日常生活で使う実燃費に近くなるという考えのもとで導入されたのがWLTPモード。でも、あれ?日本は時速130kmまで速度を出せたっけ?

そう。WLTCモードではエクストラハイウェーズは除外され、実は「3つの走行モード」に減らされています。試験的に一部高速道路で時速120km/hまで出せるようになってるものの、基本的に日本の道路では最高時速100km/hまでしか出せない。

このことがWLTPモードとWLTCモードの違いであり、日本がWLTPモードそのものを素直に導入できなかった理由ではないかと考察されます。

ということでWLTCモードのそれぞれの走行シーンに応じた実燃費をチェックしていきましょう。果たして本当にカタログ燃費と実燃費に乖離は存在しないのか?