【17年12月25日】新型アルヴェル マイナーチェンジ最新情報まとめ【アルファード・ヴェルファイア】

スポンサーリンク

トヨタの高級車ミニバンと言えば、アルファードとヴェルファイア。かつて「アルファードとヴェルファイアの違い」も旧ブログでまとめたことがあるので、もし興味がある方は後でご覧ください。結論から言っちゃうと、ほとんど違いはないんですけどね(笑)

この現行アルヴェルは2015年1月にフルモデルチェンジしたんですが、このたび2017年12月に初めてのマイナーチェンジを行うらしい。

当初は2018年1月にマイナーチェンジすると見られていましたが、年始商戦に合わせて発表を早めた模様。既にトヨタのディーラーでは新型アルファードとヴェルファイアの注文はできるはず。

そこで今回はトヨタ新型アルファードとヴェルファイアの最新マイナーチェンジ情報をまとめておきました。アルファードとヴェルファイアでもマイナーチェンジの変更点の違いも多いらしく、新型のエクステリアは最後に後述。

ちなみに来年2018年末頃にはトヨタ新型プリウスがマイナーチェンジするというウワサ。

V6ガソリンモデルは今回のマイナーチェンジで大幅進化!

まずは3.5L V6エンジンモデルのマイナーチェンジ情報からチェックしてみたいと思います。初期のアルファードとヴェルファイアでは排気量は3.0Lでしたが、トヨタ・アルヴェルといえばこのV6エンジン。結論から書くと、結構変更点が多い。

まず今回のマイナーチェンジの大きな変更点としては、V6モデルの廉価グレード(アルファードはSA、ヴェルファイアはZA)が消滅します。

価格は414万円とお安めでしたが、典型的な客寄せパンダだったため人気がなかったのでしょう。つまりミドルグレードとの価格差は40万円超もあったため、新型アルファードとヴェルファイアは相対的に値上がりします。

ただ3.5L V6エンジンは直噴の新型エンジンに換装されます。具体的には2GR-FE型から2GR-FKS型(レクサスGSなどに搭載)に変更。エンジンスペックも現行アルヴェルから最高出力は+20PS、最大トルクは+1.7kgmとパワフルに進化。変速機も今回のマイナーチェンジで6速ATから8速ATに変更。

結果、新型アルファードとヴェルファイアのカタログ燃費は1km/Lほど上昇。他にも前輪ディスクブレーキも1インチアップし、ショックアブソーバーも改良されるなど新型アルファードとヴェルファイア(3.6L V6モデル)は走りの質感や乗り心地はアップしてそうです。

新型アルファードとヴェルファイアに共通する変更点

続いては、アルファードとヴェルファイアの両方で共通する変更点をチェックしてみたいと思います。結論から書くと、今回のマイナーチェンジで注目すべき点は、やはりセーフティーセンス(自動ブレーキ)の全グレードでの標準装備化。

しかも従来のセーフティーセンスPとは違って、自動ブレーキそのものの性能が更にアップします。具体的には単眼カメラの精度がアップしたことで、対自転車でも車両を停止できたり、夜間でも歩行者が認識可能になります。

車線維持(レーンキープアシスト)機能や道路標識認識機能が搭載されるなど、他社も含めて新型アルファードとヴェルファイアの予防安全性はトップクラスの高性能を誇ります。前述のディスクブレーキの強化も安全面での寄与をトヨタは意識してそう。

詳しくは「第二世代セーフティーセンスまとめ」も参照。

マイナーチェンジでアルヴェルの装備面がさらに充実

他にも今回のマイナーチェンジから、DCM(車載通信機)やリア空調のnanoe化、盗難防止アラーム、三列目シートのアームレスト化、フォグランプのLED化などが、やはりガソリンモデルを含めて全車で標準搭載されるらしい。

また地味な部分だとシャークフィンアンテナも新型アルヴェルに標準装備化されます。さすがにアルファードやヴェルファイアのような高級車でアホ毛みたいなアンテナは相応しくありません。

全グレードではないものの、今回のマイナーチェンジからシートヒーターや送風機能が標準化されるグレードも増えます。

今回のマイナーチェンジで新型アルヴェルの価格は相当アップ?

あとは中間グレードのシート表皮がファブリックから「全面合皮」に変更される点も注目。決して大規模な改良とまでは言えませんが、かなり広範囲に渡ってテコ入れされてることが伺えます。

だから今回のマイナーチェンジでは新型アルファード・ヴェルファイアは相当質感がアップする予定。そのため残念ながら新型の価格情報はまだ判明してませんが、下手するとマイナーチェンジ後は+10万20万円ぐらいは値上がりするはずです。

(ハリアー LEDシーケンシャルターンランプ)

何故なら、今回のマイナーチェンジでは新型アルファードとヴェルファイアにも「LEDシーケンシャルターンランプ(いわゆる流れるように点灯するヘッドライト)」がようやく装着できるようになるんですが、まさかのセットオプション(最上級グレードのエグゼクティブラウンジには標準化)に留まりだから。

画像のトヨタ・ハリアーでは既に標準装備化されていることから、当然アルファード・ヴェルファイアにも標準化すべき話。でも何故標準化できないかと考えれば、やはり前述のように今回のマイナーチェンジではお得な装備が豊富に追加されてる。

つまりそれだけ新型アルヴェルは値上がりしてる裏返しだと推察されます。いくら高級ミニバン車でも急に40万50万円の値上がりは足踏みするのでしょう。

最上級グレード「エグゼクティブラウンジ」は更に質感アップ

トヨタ・アルヴェルが2015年1月にフルモデルチェンジした時に話題になったのが、最上級グレードの「エグゼクティブラウンジ」。価格はまさかの700万円前後。メルセデスベンツ・Vクラスよりお高め。

今回のマイナーチェンジでは同様に「エグゼクティブラウンジ」も質感アップしており、やはりコチラもご多分にもれず値上がりは避けられないでしょう。

具体的なマイナーチェンジ後の変更点をまとめておくと、「エグゼクティブラウンジ」には前後ドアに高遮音性ガラスが採用されるとのこと。かなり贅沢。更に新型モデルでは静粛性が高められていると思われます。

他にも後席ウィンドウガラスやハッチゲートのガラスにもスーパーUVカット機能が織り込まれたり、アルミホイールがスパッタリング塗装されたり電子ルームミラーが採用されたり、実用性とデザインの両面でテコ入れが図られます。

新型アルファード・ヴェルファイアの外観はマイチェン後にどう変わる?

最後はマイナーチェンジ後の外観。

(現行ヴェルファイア)

まず新型ヴェルファイアの外観は、マイナーチェンジ情報に定評があるマガジンXによると現行のフロントグリルからメッキバーがもう二つぐらい下に追加されてバンパーの一体感が増すらしい。

相変わらず特徴的な二段式ヘッドライトは踏襲されるものの、つい先日マイナーチェンジが施された新型ノアのフロントグリルをなんとなく想起するといいのかなーと思います。

(ベストカー12月26日号 講談社)

一方、ベストカーさんのマイナーチェンジ後の予想画像がコチラ。自動車雑誌によっても新型アルヴェルの予想デザインは違う模様。ただどのみち新型アルファードも含めて、マイナーチェンジ後はエクステリアはブラッシュアップされる予定。

ちなみに、今回のマイナーチェンジからアルファードとヴェルファイアの両方に「ノーマル仕様」と「エアロ仕様」が用意されます。つまりヴェルファイアは「アルファードのカスタム系」といった立ち位置は無くなる模様。

おそらくアルファードの商用車イメージを消したい意図もあると思うんdネスが、そのことが販売状況にどう影響するんでしょうか?あとハイブリッド車の生産が遅れるため、納車はガソリン仕様のアルヴェルより遅くなりそうです。

ちなみに既に【評価】トヨタ新型ヴェルファイア・アルファード試乗記事はレビュー済みなので、もし興味がある方はどうぞ。具体的には今回のマイナーチェンジで進化した「3.5L V6エンジン」に関する試乗レビューになります。