【17年12月25日】新型アルヴェル マイナーチェンジ最新情報まとめ【アルファード・ヴェルファイア】

スポンサーリンク

トヨタの高級車ミニバンと言えば、アルファードとヴェルファイア。かつて「アルファードとヴェルファイアの違い」も旧ブログでまとめたことがあるので、もし興味がある方は後でご覧ください。結論から言っちゃうと、ほとんど違いはないんですけどね(笑)

この現行アルヴェルは2015年1月にフルモデルチェンジしたんですが、このたび2017年12月に初めてのマイナーチェンジを行うらしい。当初は2018年1月にマイナーチェンジすると見られていましたが、年始商戦に合わせて発表を早めた模様。既にトヨタのディーラーでは新型アルファードとヴェルファイアの注文はできるはず。

そこで今回はトヨタ新型アルファードとヴェルファイアの最新マイナーチェンジ情報をまとめておきました。アルファードとヴェルファイアでもマイナーチェンジの変更点の違いも多いらしい。新型のエクステリアについては最後に後述。

V6ガソリンモデルは今回のマイナーチェンジで大幅進化!

まずは3.5L V6エンジンモデルのマイナーチェンジ情報からチェックしてみたいと思います。初期のアルファードとヴェルファイアでは排気量は3.0Lでしたが、トヨタ・アルヴェルといえばこのV6エンジン。結論から書くと、結構変更点が多い。

まず今回のマイナーチェンジの大きな変更点としては、V6モデルの廉価グレード(アルファードはSA、ヴェルファイアはZA)が消滅します。

価格は414万円とお安めでしたが、典型的な客寄せパンダだったため人気がなかったのでしょう。つまりミドルグレードとの価格差は40万円超もあったため、新型アルファードとヴェルファイアは相対的に値上がりします。

ただ3.5L V6エンジンは直噴の新型エンジンに換装されます。具体的には2GR-FE型から2GR-FKS型(レクサスGSなどに搭載)に変更。エンジンスペックも現行アルヴェルから最高出力は+20PS、最大トルクは+1.7kgmとパワフルに進化。変速機も今回のマイナーチェンジで6速ATから8速ATに変更。

結果、新型アルファードとヴェルファイアのカタログ燃費は1km/Lほど上昇。他にも前輪ディスクブレーキも1インチアップし、ショックアブソーバーも改良されるなど新型アルファードとヴェルファイア(3.6L V6モデル)は走りの質感や乗り心地はアップしてそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする