【試乗】新型ヴェルファイア・アルファード 評価インプレッションまとめ【おすすめ長所・短所etc】

スポンサーリンク

つい先日、2017年12月25日にマイナーチェンジしたのがトヨタ新型アルファードとヴェルファイア。こんな忙しい年の瀬に何してくれてんねん」とトヨタディーラーの中の人は内心思ったかどうかは不明。ただ意外と新型アルヴェルは進化した部分も多いらしい。

そこで今回はトヨタ新型ヴェルファイアとアルファードの試乗インプレッションを今更ながらレビューしたいと思います。いちいち試乗記事を読んでから購入する人も少ないとは思いますがアルヴェル購入時の参考に使ってください。

アルファード・ヴェルファイアの内外装は更に質感アップ

まずは新型アルファードとヴェルファイアの内外装をチェックしたいと思います。アルファードとヴェルファイアはそれぞれ違いはあるものの、基本的に見た目以外は大きく変わらないため個別で改めて比較はしてません。

(新型ヴェルファイア 内装インパネ)

最初は内装インパネ周り。先代アルファード・ヴェルファイアと違って、インパネ周りに木目調デザインが全グレードであしらわれるようになりました。実際に試乗した方が質感の高さが伝わると思います。

確かにアルヴェルは割高ではあるものの、ガソリン車なら最低でも300万円台半ばぐらいから購入できることを考えたら、この内装の質感は実はお買い得感があるのかも知れない。600万円ぐらいの高級輸入車と言われても、なんら遜色はないでしょう。

(新型ヴェルファイア 内装室内空間)

横から新型アルヴェルの内装をチェックすると、本当に居心地が良さそうなシートをしてることが雰囲気的にも伝わります。エアロ仕様の「エグゼクティブラウンジ」というグレードでは、シート表皮にプレミアムナッパーレザーが採用されており、更に乗り心地は上質。

(新型ヴェルファイア)

そして「エグゼクティブラウンジ」ではLEDシーケンシャルターンランプが前後に標準装備されました。

いわゆる流れるように点灯するLEDライト。それ以下のグレードに関しては+7万円ぐらいで設定できるようなんですが、その程度の価格差なのであればいっそ全グレードで標準装備しても良かったぐらい。

やはり新型アルファード・ヴェルファイアのブランド力を高める意味では、下手な捨てグレードは必要ない。そこまでしてアルヴェルが欲しいなら中古車を買うか、もう一つ下のノアヴォクを購入すればいいだけですから。

(旧型と新型ヴェルファイア)

エクステリアを改めてチェックすると、新型ヴェルファイアは先代・先々代と比べるとここまで進化を遂げてる模様。かなりイカつく仕上がった感もありますが、存在感がハンパない。

未だに「トヨタ車はダサい」と主張する方もいますが、少なくともそんな評価はできないでしょう。むしろ昔のヴェルファイアの方が断然ダサかった気がします。