【2020】トヨタ新型RAV4がマイナーチェンジで「PHVモデル」を投入か!?

2019年春、トヨタ新型RAV4がフルモデルチェンジしました。日本国内でRAV4は長らく販売終了車だったので、実質的には「数年ぶりの復活販売」ということで話題になりました。

トヨタ新型RAV4の試乗評価も高く、新車販売も値段を考えると絶好調。しかし、早くも新型RAV4のマイナーチェンジが行われる模様。しかも、ビッグマイナーチェンジレベルのテコ入れ。

80fd78d41aa7411418b511e8a717047e 500x383

(トヨタ現行RAV4)

そこで今回カーギークでは「トヨタ新型RAV4のマイナーチェンジ最新情報」をまとめてみました。果たして早くもマイナーチェンジする新型RAV4はどう変わるのか?

car-geek.com

新型RAV4は2020年秋頃にマイナーチェンジか?

まずは「マイナーチェンジ」のタイミング。

結論から書くと、トヨタ新型RAV4のマイナーチェンジは「2020年秋頃」を予定しております。新型RAV4がフルモデルチェンジしてから約1年半後。おそらく東京オリンピックが終わってすぐぐらいのタイミング。

月販7000台8000台と販売が絶好調ということを踏まえると、新型RAV4がマイナーチェンジするには早い印象も否めません。それでも、一応これにはそれなりにカラクリが隠されているそうです。

car-geek.com

新型RAV4に「PHVモデル」が投入へ!

じゃあ、今回のマイナーチェンジでトヨタ新型RAV4はどんな進化を遂げるのか?

結論から書くと、トヨタ新型RAV4に「PHVモデル(プラグインハイブリッドモデル)」がいよいよ投入されます。プリウスPHVについで、トヨタで二車目にあたるPHV車がRAV4になりそう。

でも当初は新型RAV4がフルモデルチェンジした2019年中の発売を予定していたものの、マンパワー不足でPHVモデルの投入が遅れた…と報じるのはマガジンXの最新情報。だから厳密にはマイナーチェンジと表現するのはやや大げさか。

ただかつて「BEVとは?」という記事でも解説しましたが、いい加減、「プラグインハイブリッド車≒PHEV」に統一しても良さそうな気はしますが、今後もトヨタだけはPHVという表記を使っていくのか。

既にRAV4 PHVのテストカーが海外では走行しており、かなり現実味が高い情報と考えて良さそう。新型RAV4 PHVは三菱・アウトランダーをモデルとして開発が進んでおり、EV航続距離なども期待できそう。同様に新型RAV4も3モーターを採用するのか。

ちなみに、2020年に三菱新型アウトランダーPHEVもフルモデルチェンジする可能性が指摘されており、新型RAV4 PHVが結果的にどこまで追いつけるのかも興味深いところです。

car-geek.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました