【2019年10月】トヨタ新型C-HR マイナーチェンジ最新情報まとめ【ついにデザイン変更か?】

トヨタの人気SUVが「C-HR」。

当初は奇抜なデザインから売れるかどうか疑問視もされていましたが、フタを開けてみると爆売れ。様々な面白いコラボCMも話題になりましたが、C-HRは2016年12月に発売されてから早3年目。

やや商品力も鈍ってきた感もなくはない。

そこで今回カーギークではトヨタ新型C-HRのマイナーチェンジ情報をまとめてみたいと思います。果たして、今回のマイナーチェンジで新型C-HRはどうテコ入れされるのか?

car-geek.com

新型C-HRは2019年10月にマイナーチェンジ?

まずは「発売時期」。トヨタ・C-HRはいつ頃マイナーチェンジするのか?

結論から書くと、トヨタ新型C-HRは2019年10月頃にマイナーチェンジすると予想されております。2019年10月に安倍政権が消費増税を行うため、新車販売が落ち込むタイミングでのマイナーチェンジはまさに妥当。

当初は12月にマイナーチェンジすると言われていたんですが、新型C-HRの発売日は少し早まった感じ。C-HRのGRモデルも東京モーターショーに出品されるため、そこに合わせる形でマイナーチェンジ情報も発表されそう。

2019年12月にはトヨタ新型ヤリスが発売すると噂されており、新型C-HRのマイナーチェンジはそこと被らないように発売日を調整した可能性も。

とりあえず現行C-HRの発売から「およそ3年後」のタイミングでマイナーチェンジされる計算。逆に言うと、そこまでテコ入れしてこなかったのはC-HRの商品力の高さを裏付けるか。

car-geek.com

マイナーチェンジで新型C-HRの「デザイン」が変更される?

続いては「外観デザイン」の最新情報。どうやら今回のマイナーチェンジでC-HRの外観がテコ入れされるっぽい。

結論から変更点を書くと、新型C-HRはフロントバンパー周辺やエアインテークの形状が変わる予定。

メッシュ状のデザインが変更されるのか、そもそもメッシュ状ではなくなるのかなど詳細は不明ですが、日本と海外でデザインが統一されます。逆に言うと、C-HRのデザインは地域差があった模様。コストカットの一環も含まれたマイナーチェンジということか。

他だとリアバンパーやリップスポイラー、タイヤホイールなどのデザインが変更される可能性があります。ヘッドライトは廉価グレードにも三連タイプのものが採用され、リアにもシーケンシャルターンランプが搭載されるとか。

上級グレードのみに設定されてるブラウン系の内装色には、上質な「サドルタン」に新たに置き換わる予定。やはり試乗評価が高い新型RAV4の発売もあってか、とりわけ新型C-HRは上級グレードに関するテコ入れが多い。

ただし、ここまで聞くと新型C-HRはビッグマイナーチェンジ級のテコ入れがされるようにも思いますが、各パーツは小幅に変更されるだけでC-HRの雰囲気そのものが大きく変わることはなさそうです。

car-geek.com

新型C-HRの安全装備などが地味に向上する!

続いては「安全性能」に関する最新情報。

結論から書くと、今回のマイナーチェンジで新型C-HRの安全装備が地味に向上します。もちろん現行C-HRにも新型トヨタセーフティセンスが搭載されてるものの、C-HRはデザイン的に後方を確認しづらい。

そのため今回のマイナーチェンジから、リアバンパー周辺にセンサー(クリアランスソナー)を搭載することで、新型C-HRは後方に対する自動ブレーキにも対応します。小さいお子さんが犠牲になる悲しい事故も少なくないですからね。

他にもパノラミックビューモニターもセットオプションで購入可能になり、新型C-HRには盗難防止アラームが新たに標準装備されたり、エアコンの冷媒機能が高められると見られてます。

car-geek.com

エンジン周りもマイナーチェンジでテコ入れか?

最後は「エンジン周り」の最新情報。搭載エンジンはそのままで大きな変更点は少ないものの、今回のマイナーチェンジで新型C-HRの走りは充実しそう。

例えば、ハイブリッドモデルには「E-Four」と呼ばれる4WDシステムが搭載される予定。現行C-HRの4WDはガソリンターボのみにしか設定されていないので、雪国でのC-HRの販売の押し上げが期待されます。

他にも1.2Lターボには「6速MTモデル」が新しく用意されます。ハイブリッド車ではバッテリーがニッケル水素からリチウム電池に変わる予定。ただし、当初予定されていた新型2000ccエンジンの搭載は見送りか。

前述のように、「C-HR GRスポーツ」が今回のマイナーチェンジから導入される予定。

ビッグマイナーチェンジとまでは行かないものの、今回のマイナーチェンジで新型C-HRの内装面など商品力は地味に充実しそう。もしC-HRの購入を急がないのであれば、2019年秋のマイナーチェンジを待っても良さそうです。

安倍自民党政権の消費増税は痛し痒しですが…。

car-geek.com