【2019年12月】トヨタ新型C-HR マイナーチェンジ最新情報まとめ【デザイン変更?】

トヨタの人気SUVといえば、C-HR。当初は奇抜なデザインから売れるかどうか疑問視もされていましたが、フタを開けてみると爆売れ。

様々な面白いコラボCMも話題になりましたが、C-HRは2016年12月に発売されてから早3年目。やや商品力も鈍ってきた感もなくはない。

そこで今回カーギークではトヨタ新型C-HRのマイナーチェンジ情報をまとめてみたいと思います。現状そこまで詳細な情報はないためサクッと行きますが、C-HRはどうテコ入れされるのか?

新型C-HRは2019年12月にマイナーチェンジ?

まずは「発売時期」。トヨタ・C-HRはいつ頃マイナーチェンジするのか?

結論から書くと、トヨタ新型C-HRは2019年12月頃にマイナーチェンジすると予想されております。現行C-HRの発売からちょうど3年後のタイミング。

また2019年10月に安倍政権が消費増税を行うため、新車販売が落ち込むタイミングでのマイナーチェンジはまさに妥当。トヨタに限らず、12月は新型車の投入が多いためC-HRもご多分に漏れずか。

ちなみに新型C-HRのマイナーチェンジからしばらくして、トヨタ新型ヴィッツのフルモデルチェンジが行われるという噂。

マイナーチェンジでC-HRのデザインが変更?

最後はマイナーチェンジ情報の目玉。新型C-HRはどういったテコ入れがなされるのか?

現状だと目ぼしい情報は少ないものの、例えばハイブリッドモデルには「E-Four」と呼ばれる4WDシステムが搭載される予定。現状だと4WDはガソリンターボのみのため、雪国でのC-HRの販売の押し上げが期待されます。

他にも新型2000ccエンジンが新たに搭載されたり、C-HR GRスポーツが設定されるタイミングも2019年末頃のマイナーチェンジと同時期と見られております。

他にも新型C-HRで注目したいのが「外観デザイン」。

かなり注目を浴びたフロントマスクが、今回のマイナーチェンジで変更されるという噂。ただし、2018年末にマイナーチェンジしたプリウスのように丸く仕上がるのか、更に新型C-HRの個性がドギツく仕上がるのかは不明。

他にも今回のマイナーチェンジではインテリアや内装の質感が高められるとか。もしC-HRの購入を考えていた方はもう少し待ってもいいかも知れませんが、消費増税が待っているためそこらへんは痛し痒し。

ちなみに【トヨタ】新型RAV4 最新情報まとめ【最新情報】新型ランドクルーザー フルモデルチェンジなども併せてご参照ください。

フォローする