【2019】N-WGNとワゴンRを徹底比較!乗り心地や安全装備の違いはある?【ライバル車どっち】

2019年7月にホンダ新型N-WGNがフルモデルチェンジ。ただ思ったほど新型N-WGNのデザインがダサかった印象。でも、どこかスズキ新型ワゴンRと似てる雰囲気でした。

665de2ed1f479f3251fdc9768999545f 271x400

N-WGNカスタム→ワゴンRスティングレー

そこで今回カーギークでは「ホンダ新型N-WGNとスズキ新型ワゴンR」を徹底比較してみたいと思います。果たしてどっちがお買い得なのか?おすすめの軽自動車なのか?いつものように1万文字近いボリュームになるので注意。

デザイン・外観の違いを比較

まずは「デザインや見た目」を比較。新型N-WGNと新型ワゴンRはどっちがカッコいいのか?果たしてどっちがマシなのか?ちなみに基本的に上がNワゴン、下がワゴンRになります。

ac2e7bc3d75665c0ab5e16162e9f85ed 262x400

(上・N-WGN 下・ワゴンR)

最初は「ノーマルグレード」のホワイト色で比較してみると、こんな感じ。

上のN-WGNは質素なデザイン。丸目風ヘッドライトを採用するなど、誰にでも優しいユニバーサルデザインといったところ。一方、下のワゴンRは二段式ヘッドライトや独特のBピラーのデザインなど、まさにトヨタ・ヴェルファイア風。

2eebb38f80c87cebef7e2b1865018321 261x400

(上・N-WGN 下・ワゴンR)

続いても「ノーマルグレード」のレッド色同士で比較してみると、こんな感じ。

ワゴンRと比較して分かることは、N-WGNは徹底して凹凸感がないこと。ワゴンRはサイドドアのプレスラインなど細かく施されてますが、N-WGNはトゥルントゥルン。キャラクターと合ってると思いますが、どこか物足りなさも残ります。

car-geek.com

○ワゴンRの廉価グレードとN-WGNがそっくり同じ?

ただし、ワゴンRは合計3種類のデザインが用意されてる。先程の比較画像のワゴンRはミドルグレード。他にもカスタム系グレード以外に、廉価グレード専用のデザインもワゴンRには用意されてる。

22498e999f63b17c8b92fefcc4b759cd 500x224

(上・N-WGN 下・ワゴンR)

そこで「N-WGNのノーマルグレード」と「ワゴンRの廉価グレード」のデザインを比較してみると、こんな感じになります。両者の雰囲気は先程よりも似通った印象がします。

だから、個人的に新型N-WGNを見た第一印象が「うーん微妙」と思った理由もそこにあります。無難にカッコ良かったN-WGNが何故パットしない方向性に走ったのか疑問でした。

ただワゴンRの廉価グレードと敢えて横に並べて比べると、N-WGNの顔付きは洗練されてる印象も受けます。プレーンなスタイリングも清潔感を与えてくれ、N-WGNの余計な線やデザインを排除したシンプルなデザインも悪いとは言い切れないか。

まさにN-WGNは「変に頑張らないダサさ」、ワゴンRは「変に頑張ったダサさ」といったところか。

car-geek.com

○カスタム系グレードで比較してみる

続いては「カスタム系グレードの見た目」を比較。N-WGNカスタムとワゴンRスティングレーはどっちがカッコいいのか?やはり上がN-WGNカスタム、下がワゴンRスティングレーになります。

c7315b2cd93ff72d7b5c166c3fc7de50 269x400

上・N-WGNカスタム 下・ワゴンRスティングレー

まずは「カスタムグレード」のホワイト色で比較。

N-WGNカスタムはほぼノーマルモデルと雰囲気は変わらず。一方、ワゴンRはヘッドライトが縦型に設計され、さながらアメ車のキャディラック風の顔付きに変貌。

デザインはそれぞれ好みや感性が異なるので評価が難しいんですが、カスタムグレードにはそれなりの派手さが求められると思うので、ワゴンRスティングレーに軍配が上がるか。N-WGNカスタムは物足りなさしか残りません。

665de2ed1f479f3251fdc9768999545f 271x400

上・N-WGNカスタム 下・ワゴンRスティングレー

続いては「カスタムグレード」のブラック色で比較。

ブラック色だとN-WGNカスタムのメッキ感が際立ち、ホワイト色より随分とマシになった印象もします。ワゴンRは良くも悪くも「個性的」。それでも新型N-WGNの「没個性感」は否めません。

ただし、N-WGNカスタムの方が装備面は充実してます。例えば、軽自動車では珍しいシャークフィンアンテナや流れるライト(シーケンシャルウインカー)などを標準装備。そういう意味で意外と甲乙付けがたいか。

car-geek.com

○ワゴンRは全グレードで「ツートンカラー」が設定されず

一方、カスタム系のスティングレーを含めて、ワゴンRは「ツートンカラー」の設定がないのはマイナス。

ワゴンRスティングレーはツートンにした方がもっと映えそうな気もしますが、「既にデザインが個性的だからツートンカラーは要らねーよ」という判断なんでしょうか。ツートンカラーはスズキ・ハスラーから流行ったイメージもあるのに残念。

40b9a33e798aa1a3b1364d296b75204c 500x345

(N-WGNカスタム ツートンカラー)

N-WGNもそこまで目を引くキレイなツートンカラーも少ないんですが、それでもノーマルモデルから設定されてるのが嬉しい。それだけ選択肢の幅はワゴンRよりも多い。ツートンカラーが欲しい場合、Nワゴン一択になりそう。

car-geek.com

内装インテリアの質感はN-WGNに軍配

続いては「内装インパネ周り」を比較。N-WGNとワゴンRはどっちの内装の質感が高いのか?また外観デザインと同様に、N-WGNの内装は質素でワゴンRの内装は個性的なのか?

f6e587590f727b3af1f9ec23b783b7d0 412x400

上・N-WGNカスタム 下・ワゴンRスティングレー

結論から書くと、内装の質感はN-WGNカスタムに軍配が上がりそうです。逆に言うと、ノーマルグレードの内装の質感に関しては、ワゴンRもN-WGNも同じぐらいだと思います。

どっちも似たような水平基調のインパネを採用するものの、ダッシュボード周りやドアトリムなど素材の質感はN-WGNカスタムの方が高い。シフトレバー周辺もN-WGNはピアノブラック調に対して、ワゴンRはそのまま。

ワゴンRの内装の質感も決して低くないものの、現行モデルは2017年2月発売とやや古いため細かい部分でNワゴンより質感が見劣り。N-BOX譲りだけあって、N-WGNカスタムの方が内装は普通車に近い質感。

座り心地を左右するシート周りも、新型N-WGNはシート表皮にトリコット生地を採用し、サイドにはプライムスムースをあしらうなどお金がかかってる。ワゴンRスティングレーはステッチをあしらうものの、「軽自動車の延長線上」かな。

シートの座面長や座面幅は大差ないものの、「座り心地はN-WGNが一番快適」とはベストカーの比較記事。

○前方視界性や収納力ではワゴンRが優勢か

一方、前方視界性の良さはワゴンRに軍配か。

改めて乗り心地などは後述しますが、ワゴンRの方がダッシュボードの傾斜角度が強い。どっちも8インチナビを採用するものの、N-WGNはナビが出っ張って前方視界性を少し邪魔してる。

またワゴンRは三角窓が大きく、ドアミラーにかけてウエストラインが凹んでおり、運転席から周囲の状況を確認しやすい。強いて言えば、ワゴンRのメーターパネルはもっと運転席寄りでも良かったか。

収納力はどっちも同じようなレベル。助手席前のインパネトレイはワゴンRの方が大きくて使い勝手が良さそうですが、N-WGNもワゴンRも実用性の面で大きな違いはなさそうです。

ただし、最低地上高はワゴンRの方が少し高いため、乗降性ではN-WGNが少し有利か。とはいえドア開口部の面積はさほど違わないので、やはりこちらも微々たる差でしょうが。

car-geek.com

車体サイズの違いを比較

続いては「車体サイズ」の比較。

どっちも同じ軽自動車だけあってほぼ同じサイズ感ですが、N-WGNの方がやや全高が高く、室内高も高いです。ホイールベースもワゴンRより長く、ほんの少しN-WGNの方が車体が全体的に大きい感じ。

○新型N-WGNの主要諸元まとめ

  • 全長…3395mm
  • 全幅…1475mm
  • 全高…1675mm(カスタムは1705mm)
  • ホイールベース…2520mm
  • 最小回転半径…4.5M(4WDは4.7M)
  • 最低地上高…140mm(4WDは145mm)
  • 室内長…2055mm
  • 室内幅…1350mm
  • 室内高…1300mm

○新型ワゴンRの主要諸元まとめ

  • 全長…3395mm
  • 全幅…1475mm
  • 全高…1650mm
  • ホイールベース…2460mm
  • 最小回転半径…4.4~4.6M
  • 最低地上高…150mm
  • 室内長…2450mm
  • 室内幅…1355mm
  • 室内高…1265mm

car-geek.com

室内の広さの違いを比較

続いては「室内の広さ」を比較。新型N-WGNと新型ワゴンRはどっちが広いのか?

結論から書くと、室内の広さはどっちもほぼ同じぐらいだと思います。

例えば、後部座席(リアシート)の居住性や乗り心地。膝周りの空間は数cmほどワゴンRの方が長い。一方、室内高に象徴されるように頭上スペースはN-WGNの方が心持ち余裕がありそう。

だからトータルで比較すると、どっちも五分五分ぐらいかな。室内の広さは体感できるほどの違いは少なく、N-WGNもワゴンRも軽自動車の中ではまさにトップクラスの広さを誇ると思います。

car-geek.com

○シートアレンジ力はワゴンRが優勢

ただし、シートアレンジ力ではワゴンRがおすすめです。

ワゴンRは左右独立式リアシートを採用してるため、シートを左右で別々に前後スライドできる。それに対して、新型N-WGNのリアシートは左右独立式ではないため、スライド時は左右同時に動いてしまう。

6e65727b022676b401d09f65b4a80d9b

(ホンダ新型N-WGN アンダートレイ)

一応、左右別々にシートを倒すことはできるものの、画像のようにシート下に傘などを置くアンダートレイが代わりに設置されてる。それもあって後席シートをダイブダウンなどで格納できない特殊な仕様。

ただ相変わらず、濡れた傘を横に置いておく神経がよく分からない。ベチャベチャになりそう。ワゴンRには左右リアドア内側に専用傘立てが用意されており、おそらくそっちの方が実用性も高いはず。

おそらくホンダ・N-BOXとの差別化を図る狙いがあるのかも知れませんが、シートアレンジの比較では無難にワゴンRに軍配が上がりそうです。

car-geek.com

荷室の大きさや使い勝手を比較

続いては「荷室・ラゲッジの大きさ」を比較。新型N-WGNと新型ワゴンRの荷室の使い勝手はどっちが優れるのか?

結論から書くと、荷室・ラゲッジの大きさはホンダ新型Nワゴンに軍配が上がります。とにかく新型N-WGNの荷室は広い…というよりも、新型ワゴンRの荷室が狭い。

例えば、荷室の奥行きはN-WGNとワゴンRで10cm近い差がある。後席シートを一番前にスライドさせようが、一番後ろまでスライドさせようが同じ。その分だけワゴンRは後席居住性に割り振ってるとも言えますが…。

33bb0ae36ebc296a8b5ba2ed3fcef5ff 500x346

(カートップ9月号 交通タイムス社)

そして、新型N-WGNの荷室床は下方までエグれているためラックボードで二段式にすることが可能。新型ワゴンRは荷室高こそデイズなども上回るものの、ワゴンRの荷室に床下収納はなし。収納スペースの容量はN-WGNより見劣り。

新型ワゴンRは荷室開口部などは十分広くてシートアレンジこそ頑張ってますが、こと荷室の大きさや使い勝手など全般的にN-WGNよりも不利な傾向。

car-geek.com

搭載エンジンのスペックの違いを比較

走りや乗り心地を比較する前に、N-WGNとワゴンRの「搭載エンジンのスペック」をそれぞれおさらい。

N-WGNは普通のガソリン車なのに対して、ワゴンRはいわゆるマイルドハイブリッドを搭載。電気モーター単独で走行できないものの、小型モーターが走りや燃費をアシストしてくれます。

ただし、ワゴンRのターボエンジン搭載車はスティングレーの最上級グレードのみに設定。N-WGNはノーマルグレードにもターボあり。乗り心地の違いは後述しますが、どうやらワゴンRの選択肢そのものは狭そう。

○N-WGN 660cc直3NAエンジン

  • 形式番号…S07B
  • 最高出力…43kW(58PS)/7300rpm
  • 最大トルク…65Nm(6.6kgm)/4800rpm
  • 車重…850kg(4WDは+60kg)
  • カタログ燃費(WLTC)…23.2km/L(4WDは21.2km/L)
  • 燃料タンク…27L(4WDは25L)

○N-WGN 660cc直3ターボエンジン

  • 形式番号…S07B
  • 最高出力…47kW(64PS)/6000rpm
  • 最大トルク…104Nm(10.6kgm)/2600rpm
  • 車重…860~870kg(4WDは+60kg)
  • カタログ燃費…22.0km/L(4WDは20.4km/L)
  • 燃料タンク…27L(4WDは25L)

○ワゴンR 660cc直3NAエンジン

  • 形式番号…R06A型
  • 最高出力…38kW(52PS)/6500rpm
  • 最大トルク…60Nm(6.1kgm)/4000rpm
  • 電気モーター…2.3kW(3.1PS)/50Nm(5.1kgm)
  • 車重…790kg(4WDは+60kg)
  • カタログ燃費(WLTC)…
  • 燃料タンク…27L

○ワゴンR 660cc直3ターボエンジン

  • 形式番号…R06A型
  • 最高出力…47kW(64PS)/6000rpm
  • 最大トルク…98Nm(10.0kgm)/3000rpm
  • 電気モーター…2.3kW(3.1PS)/50Nm(5.1kgm)
  • 車重…800kg(4WDは+60kg)
  • カタログ燃費…
  • 燃料タンク…27L

car-geek.com

【走り】乗り心地などの違いを比較

続いては「乗り心地」などの違いを比較。新型N-WGNと新型ワゴンRの走りはどっちが優秀なのか?

結論から書くと、乗り心地や走り全般では新型N-WGNに軍配が上がりそう。

まず「加速性能」で比較。ターボエンジンはどっちもブイブイ加速してくれますが、NAエンジンはほぼ五分五分。エンジンスペックはN-WGNが少し勝ってるものの、ワゴンRは60kgほど車重が軽量。

だから基本的にはプラマイゼロと言ってもいいんですが、体感的にはN-WGNの方がモリモリ加速してくれそうか。スズキ車全般は燃費を意識してか意外とちんたら走りがち。N-WGNのエンジンの方が元気か。

一方、静粛性や乗り心地も新型N-WGNに軍配が上がります。車体剛性の高い新型プラットフォームを採用し、N-BOXより操縦安定性は抜群。静粛性も高く、乗り心地もワゴンRより上質。

前方視界性はワゴンRに軍配が上がりそうですが、ハンドルはチルトステアリングのみ。 一方、N-WGNはチルト&テレスコピックステアリングを採用。ドライビングポジションはワゴンRよりも最適化しやすい。

最小回転半径はワゴンRの方が短いため小回り性能が高そうですが、運転のしやすさでは無難にN-WGNの方がおすすめできるかも知れない。後述する予防安全機能なども考慮すると尚更か。

car-geek.com

実燃費はワゴンRがおすすめ

一方、「実燃費」の比較。燃費性能はどっちが高いのか?

34dce6a89c732ee20d0e4ff24afee66a 1

(カートップ8月号 交通タイムス社)

結論から書くと、実燃費はワゴンRに軍配が上がりそう。やはり車重が800kgを割り込むだけあって、軽自動車の中でも新型ワゴンRは実燃費に特別優れてる印象です。

例えば、ワゴンRは同じマイルドハイブリッドを搭載したデイズなどよりも低燃費。N-WGNの燃費性能はデイズを少し上回る程度。少なくとも、新型N-WGNがワゴンRの実燃費を上回る可能性は低そう。

新型ワゴンRは市街地燃費、高速燃費などどういった走行シーンでも割と安定して低燃費を叩き出せそう。維持費目的で軽自動車を購入する場合、新型ワゴンRの方がおすすめできそう。

また4WDモデルに限ると、N-WGNの燃料タンク容量がわずか25Lしかない。ワゴンRは27L。おそらく一回の給油で走行できる航続距離に換算すると、ワゴンRとN-WGNで30~40km程度の違いが出そう。

例えば雪国で日常的に使いたい場合、N-WGNの燃料タンク容量の少なさは使い勝手が悪そう。ホンダはセンタータンクレイアウトを採用してるため、プロペラシャフトを必要とする4WDモデルは全般的に不利なのでしょう。

car-geek.com

安全装備はN-WGNの圧勝

続いては「安全装備」の違いを比較。最近は軽自動車の自動ブレーキも普通車と変わらないほど進化してる。新型N-WGNと新型ワゴンRはどっちの安全性能が高いのか?

結論から書くと、安全装備はホンダ新型N-WGNの圧勝と言えるレベルです。

例えば、新型N-WGNは全車速域の「追従クルーズコントロール(ACC)」が標準装備されてる。ACCとは自動的に前走車に一定の距離を保って走行してくれる機能。しかも作動速度も0km/hから可能なので、渋滞時でも自動的に走行してくれる代物。

他にも新型N-WGNは「レーンキープアシスト」も標準装備。白線を認識してそこからはみ出ないようにハンドル制御を自動的に行なってくれる。一昔前の高級車レベルの安全性能が確保。

一方、新型ワゴンRは白線がはみ出しそうになると警告してくれるものの、ハンドルの自動制御はなし。またクルーズコントロールは備わるものの、そもそもワゴンRにはACCが設定されてない。一歩も二歩もNワゴンより遅れてる。

○安全性能の高さも装備の充実っぷりでもワゴンRは見劣り

新型ワゴンRの自動ブレーキも対歩行者に対応するものの、新型N-WGNは対自転車にも先んじて対応。ワゴンRもあくまで「最低限度の高い安全装備」は確保されてるものの、いわゆる近未来の先進機能などは皆無に近い。

また衝突時にドライバーや同乗者を守る「サイドカーテンエアバッグ」も新型N-WGNには全車標準装備に対して、ワゴンRはスティングレーの最上級グレードの一つのみに装備されてるだけ。

だから、安全性能の高さも安全装備の充実っぷりも新型N-WGNが圧勝レベルと評価できそう。ワゴンRに限らず、スズキにはもうちょっと安全装備の充実に力を入れてほしいところ。まさに雲泥の差と比較できそう。

car-geek.com

【価格】装備面やコスパはどっちがおすすめ?

続いては「装備や価格一覧」をチェック。新型N-WGNと新型ワゴンRはどっちのコストパフォーマンスが抜群なのか?

まず各々の価格帯を見てみると、ワゴンRは108~141万円、ワゴンRスティングレーは149~166万円。一方、N-WGNは127万~150万円、N-WGNカスタムは151~167万円。

だから全体的にワゴンRの価格帯が数万円ほど安い。また110万円を切る廉価グレードも用意してるだけあって、ワゴンRはN-WGNよりも尚更割安感があります。

ちなみに安倍政権が消費増税を行う10月以降は、それぞれ5~10万円ほど割高になります。

8e4f5301dad14d4a23b60efaec3bd889
404 NOT FOUND | カーギーク
新型車のフルモデルチェンジ最新情報やマイナーチェンジ情報などを徹底解説する自動車総合サイト!人気の新型車の試乗レポートや自動車の雑学といった車情報もお届け!

○Nワゴンは安全装備以外の装備全般が充実

でも結論から書くと、コストパフォーマンスの高さは新型N-WGNがおすすめです。

前述のように、新型N-WGNは装備が全グレードで充実してる。とりわけ安全装備の違いは顕著でした。軽自動車では珍しい電動パーキングブレーキ(しかもオートホールド機能)も標準装備。

例えば、紫外線&IRカットガラスはN-WGNは全面貼り。もちろん全車標準装備。一方、ワゴンRは上級グレード以上のみ設定され、しかも紫外線&IRカットガラスはフロント部分のみに採用。

本革巻ステアリングはN-WGNカスタムが最上級のターボ車にしか設定されないなど劣る点はあるものの、ワゴンRスティングレーと違って「流れるライト(シーケンシャルウインカー)」や「シャークフィンアンテナ」などが標準装備。

ワゴンRとの価格差は言っても数万円しか存在しないため、実質的にN-WGNはかなり安いと言えそう。エントリーグレードからここまで装備が充実してたら、誰もN-WGNに文句は言えないでしょう。

car-geek.com

【違い】NワゴンvsワゴンR 徹底比較まとめ

以上、カーギークによるホンダ新型N-WGNとスズキ新型ワゴンRの比較記事でした。

結論をまとめると、基本的にはホンダ新型Nワゴンの方がおすすめです。とにかくあらゆる面で装備が充実しており、商品としてのスキがない。今欲しい装備、今あったら嬉しい機能がてんこ盛り。

それでいて価格もワゴンRとほぼ同じ水準に抑えられており、新型N-WGNがいかにコストパフォーマンスが高いか分かるはず。逆に言うとN-WGNと比べると、ワゴンRの装備は貧相に見えてしまう。

実燃費や維持費ではワゴンRが優勢ですが、シャシーが新しい分だけ走りや乗り心地もN-WGNがやや優勢。そう考えていくと、残りは「デザインの違い」ぐらいしか比較すべき点は残ってなさそう。

もちろんN-WGNのデザインはイマイチでした。でも、ワゴンRのデザインが良いかというと?これまた好みが分かれそう。N-WGNのデザインは「Nワンからどぎつい個性を奪った」と考えたら、逆に買いやすいとも言えます。

だから「消去法」で細かく比較していくと自ずと答えは見つかりそうです。

car-geek.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました