【2019】ジムニーとハスラーを徹底比較!乗り心地や安全装備はどっちがおすすめ?

スズキの人気SUVが「ハスラー」と「ジムニー」。

ハスラーは2014年に発売されて以来、主に女子ウケが抜群のSUV。一方、ジムニーは数十年以上前から発売されてる硬派なSUV。

bd361ee93e31b40adaa5c8423450d50c 500x169

(左ジムニー 右ハスラー)

そこで今更感はあるものの、カーギークではハスラーとジムニーの違いを徹底比較してみました。乗り心地や安全装備などはどっちがおすすめなのか?

【見た目の違い】外観デザインを比較してみる

まずはジムニーとハスラーの外観デザインを比較してみる。

e3894af8430c6cef1f463504aed7918f 312x400

(上ジムニー 下ハスラー)

同系統の青色でジムニー(上)とハスラー(下)を比較してみると、丸目ヘッドライトなど共通するう部分はあるものの、意外と違いは多い。

上のジムニーは非常に角ばったフォルム。一方、ハスラーは非常に丸みを帯びた可愛らしいフォルム。明らかにジムニーの方が「いかにもSUVです」といったたくましい雰囲気が素敵。

とりわけジムニーのフロントマスクは樹脂パーツが多くあしらわれ、いかにもオフロード車。ただハスラーは樹脂製のフェンダーアーチモールがあしらわれるなど、程よいSUV感が女子にはちょうどいいのか。

d44fdda3046b92ad138e2a2f081af035

(ベストカー 講談社)

実際にジムニーとハスラーを横に並べて比較してみると、より両者の違いが際立つ印象。ジムニーはガラスが湾曲してない平面ガラスを採用しているため、ハスラーよりもスクエア感が際立つ。

車体サイズや主要諸元の比較

続いては主要諸元など車体サイズを比較。

ジムニーとハスラーは全く同じかと思いきや、プラットフォームが全く異なる。ハスラーはモノコックフレーム構造を採用してるのに対して、ジムニーはラダーフレーム構造を採用してる。

○ジムニー

  • 全長…3395mm
  • 全幅…1475mm
  • 全高…1725mm
  • ホイールベース…2250mm
  • 最低地上高…205mm
  • 最小回転半径…4.8メートル

○ハスラー

  • 全長…3395mm
  • 全幅…1475mm
  • 全高…1665mm
  • ホイールベース…2425mm
  • 最低地上高…180mm
  • 最小回転半径…4.6メートル

○アプローチアングルなど見た目からも分かるオフロード感

以上がジムニーとハスラーの車体サイズの違いになります。

ただ主要諸元の比較だけでは分からないのが「アプローチアングル」といったオフロード性能を現す部分。アングルが大きいほど目の前の障害物を大きく乗り越えられる。

(上ジムニー 下ハスラー)

そこで両者を比較してみると、まずアプローチアングルはジムニーが41度に対して、ハスラーは28度。デパーチャーアングルはジムニーが51度に対して、ハスラーは46度。

リア部分のデパーチャーアングルこそ大差ありませんが、やはりクルマは前方に進む以上、このアプローチアングルが13度以上も上回るジムニーにオフロード性能でハスラーは勝てない。

ジムニーはオフロード車なのに対して、ハスラーは所詮は街中をオンロード車。例えば、川や砂地など駆け抜けたい場合、ハスラーで走るのは基本的に止めた方が無難です。

でもその分だけジムニーは最低地上高が高いなど、乗降性ではハスラーに見劣りします。改めてジムニーとハスラーの走りや乗り心地の違いは後述。

室内の広さや内装の質感を比較

続いてはジムニーとハスラーの「室内の広さ」や「内装の質感」を比較。

6feef94022a236bd2cbc5934b52fe165 428x400

(上ジムニー 下ハスラー)

まずジムニー(上)とハスラー(下)の内装インパネ周りの比較画像がこちら。

ジムニーが2018年にフルモデルチェンジしたばかりということもあって、質感の高さはハスラーを上回るか。

水平基調のインパネと程よいゴチャゴチャ感が機能美として良い感じにオフロード感を演出。ハスラーの野暮ったいステアリングと比べるとスポーティー。ステアリングスイッチも先進的で、ジムニーのスイッチ類は操作性も抜群。

一方、ハスラーはダッシュボード周りも内装色と統一できるなど、ジムニーと比べるとポップ。シフトレバーの位置も軽自動車としては定番で、運転席周りはジムニーよりも広々設計。デザインと実用性の両立はジムニー以上か。

だから「室内全体の広さ」で比較するとハスラーに軍配が上がります。

ジムニーは一応後部座席は存在しますが、相変わらず2ドアということからも分かるように、室内空間は狭いです。とりわけ前後の室内長は狭い。

もちろん先代と比べると随分マシになったものの、ジムニーは言っても趣味車。ジムニーはデザインに比重が置かれており、荷室空間の大きさや収納力も含めてハスラーに使い勝手の良さでは負けます。

個人的に内装の質感などではジムニーが勝ると思いますが、大人数での移動はやはり辛いと思います。

car-geek.com

【スペック】搭載エンジンの違いまとめ

走りや乗り心地の違いを比較する前に、まずジムニーとハスラーの搭載エンジンの違いをまとめてみたいと思います。

ジムニーにはターボモデルしか搭載されてないので、ハスラーのNAエンジンは割愛。

○ジムニーXC(660cc直3ターボ)

  • 最高出力…47kW(64PS)/6000rpm
  • 最大トルク…96Nm(9.8kgm)/3500rpm
  • 駆動方式…4WD
  • 変速機…5MT・4AT
  • 車両重量…1030kg・1040kg
  • カタログ燃費…16.2km/L・13.2km/L(WLTCモード)
  • 燃料タンク容量…40L

○ハスラーGターボ(660cc直3ターボ)

  • 最高出力…47kW(64PS)/6000rpm
  • 最大トルク…95Nm(9.7kgm)/3000rpm
  • モーター…2.2PS/4.1kgm
  • 駆動方式…2WD・4WD
  • 変速機…CVT
  • 車両重量…810kg・860kg
  • カタログ燃費…27.8km/L・26.2km/L(JC08モード)
  • 燃料タンク容量…27L

【走り比較】乗り心地はハスラーが上回る理由

ということで本題。ジムニーとハスラーの乗り心地や走りの違いを比較してみようと思います。

結論から書くと、意外にも走りはハスラーターボの方が軽快です。NAエンジンは明らかにジムニーより見劣りするため、今回の比較記事では詳細は割愛。

何故なら、2WDモデルだとハスラーが200kg近く軽量だから。4WD同士でも車重差は150kg以上。それでいてターボエンジンのスペック差はほぼ同じ。

やはりジムニーはシエラの1.5L NAエンジンを搭載してこそ本領が発揮されるのかなと個人的には思います。

むしろハスラーの方が実用回転域が低いなど、ジムニーよりもハスラーの走りは軽やか。微力ながらハスラーは全車に電気モーターが搭載されており、走り出しの騒音は少なく、静粛性でもジムニーよりマシ。

乗り心地に関しても、ハスラーに軍配。ジムニーはやはりオフロード車。悪路走破性はハスラーを有に上回るものの、どうしてもオンロード性能はやや低い。

確かにジムニーのシャシー性能や剛性感は高いものの、ハスラーの乗り心地の方が快適。長距離ドライブを考えると、ジムニーはあまり長時間乗りたくないかも知れない。

○燃費性能でもハスラーが上回るが…

また燃費性能でもハスラーに軍配が上がります。

カタログ燃費でもハスラーが10km/L以上も上回り、実燃費でも5~7km/Lほどジムニーを上回る。車重差も1050kg近くも存在し、ジムニーの燃費性能は正直良いとは言えません。

ただし、ジムニーはハスラーよりも燃料タンク容量が13L以上も大きい。そのため航続距離で比較すると、ジムニーの方がハスラーよりも一回の給油で長い距離を走れるはず。

だから乗り心地を考えると長時間ドライブは辛いと思いますが、いかに長距離ドライブするかだけを考えるならジムニーの方がおすすめできるかも。

car-geek.com

【安全装備】予防安全性はハスラーがおすすめだが…

最後は「安全装備」の違いを比較。

結論から書くと、ハスラーの自動ブレーキの方が優秀です。

ハスラーは「デュアルカメラブレーキサポート」を採用。いわゆるステレオカメラ式の自動ブレーキ。

ジムニーは「デュアルセンサーブレーキサポート」を採用。いわゆる単眼カメラ+赤外線センサーを併用した自動ブレーキ。

性能的にはそこまで大差ないものの、ステレオカメラ式の自動ブレーキの方が優秀。また前述のようにハスラーは車重が軽い。その分だけブレーキの制動力が強く働くため、確実にジムニーより早く停止できる。

またハスラーはほぼ全車で自動ブレーキが標準装備なのに対して、ジムニーの自動ブレーキは上級グレードの「XC」以外はセットオプション。しかもXGは付けても助手席シートベルト警告灯などはカット。

総合的な予防安全性能ではハスラーに軍配が上がります。

ただし、ジムニーはラダーフレーム構造を採用するなど車体の剛性感は高い。またジムニーはカーテンエアバッグなど標準装備するなど、衝突安全性はハスラーより上回る。

だから総合的な安全性の違いで評価すると、お金はかかるもののトータルの安全装備ではジムニーの方が優秀と言えそう。

【総合評価】ジムニー vs ハスラーの違い比較まとめ

car-geek.com

以上、カーギークによるスズキ新型ジムニーとハスラーの徹底比較記事でした。

どっちも個性的な軽自動車なので一概に甲乙は付けがたいものの、特に理由がないならハスラーをおすすめします。室内の広さ、燃費性能、乗り心地など、日常の足車として評価するとジムニーを全般的に上回ります。

ただあくまで「一人乗り・二人乗り用の趣味車」として購入するなら、どっちを選んでもいいです。むしろちょっと贅沢なセカンドカーとしてはジムニーほど面白い選択肢もないと思います。

価格帯はジムニーが146万~174万円。ハスラーが110万~158万円。ただ、ハスラーは4WDモデルは+12万円高。

また110万円のハスラーは自動ブレーキなど装備を減らした客寄せパンダモデルなので、実質的な乗り出し価格は120万円程度から。そう考えたら、意外にもジムニーとの価格差は少ない印象。

本格的なSUVがこの値段で購入できると思ったらジムニーは安いと思います。

car-geek.com

フォローする