【違い】クロスビー vs ハスラー 徹底比較まとめ【おすすめはどっち?】

スポンサーリンク

先日、スズキから新型車「クロスビー」が発売されました。見た目は完全に人気軽自動車のハスラーではあるものの車格がアップ。車体サイズはコンパクトカーとランクアップ。

ただ比較画像を見ても分かりますが、クロスビーもハスラーも完全にデザインが一致。グーグルの賢いAIを使っても見分けが付かなさそう。まだおすぎとピーコの方が違いは顕著かも知れない。

そこで今回はスズキの新型クロスビーとハスラーを私ドルジ露瓶尊が徹底比較したいと思います。果たして両者に違いはあるんでしょうか?軽自動車とコンパクトカーとサイズ感も似てるため、わざわざクロスビーを購入する必要はない?などクルマ選びの参考にして下さい。

クロスビーとハスラーの見た目は同じなの?

まずは瓜二つとしか思えないクロスビーとハスラーのデザインを比較したいと思います。

(上:クロスビー、下:ハスラー)

先程の比較画像を改めて確認すると、やはりクロスビーとハスラーのフロントマスクは酷似。特にフロントグリルやヘッドライトの形状、顔の下半分の造形も「雰囲気が似てない」と言えばウソになります。

(ベストカー2月10日号 講談社 平野学)

もっと真正面からハスラーとクロスビーを比較してみると、やはり両者は似てるとしか評価しようがない。車体のサイズ感もパット見はほぼ同じであり、遠目からだとハスラーもクロスビーもほとんど区別が付かないかも知れません。

ただ主要諸元を簡単に比べておくと、クロスビーの車体サイズは3760×1670×1705mm(全長×全幅×全高)に対して、ハスラーの車体サイズは3395×1475×1665mm(全長×全幅×全高)。

全高こそあまり違いは見られません(それでも5cm差)が、顕著にクロスビーの車体サイズが大きい。クロスビーは全長で37cm全幅で20cmもハスラーより大きいため、もしかすると写真の撮り方の問題だったのかも知れません。

(上:クロスビー、下:ハスラー)

だからサイドから比べるとやや趣が違ってきます。

例えば、フェンダーアーチモールなどサイドの樹脂パーツはクロスビーはガッツリ施されてる。特にドア下部の3分の1程度まで覆われてるため、それだけクロスビーのSUV感が強い。全長が30cmも短にも関わらず、ハスラーの方が固まり感が少ないように見えます

またクロスビーは大径タイヤを装着してるため、見た目的にカッコイイ。ハスラーはタイヤが軽自動車だけあって貧相。タイヤの細さはなんとも頼りがなく、クロスビーの方がより立体的でどっしりしたデザインに仕上がってる。

あとは塗装の質感もクロスビーが上回ると思います。ハスラーの塗装はのっぺりしてて質感が低い。またサイドドアの色も変える3トーンカラーを初めて採用するなど、クロスビーは見た目が更に充実しており、まさに「ハスラーの上位互換」と呼べそう。

やはり軽自動車のハスラーと違ってサイズ的な制約がないため、クロスビーの方がデザインが自由に洗練されてる印象。本来ハスラーで最初から作りたかったデザインがクロスビーで体現されてると表現して良さそう。