【スズキ】新型スペーシア 試乗インプレッションまとめ【おすすめ長所・短所etc】

スポンサーリンク

つい先日、フルモデルチェンジしたのがスズキ新型スペーシア。それまで軽量化+燃費性能一辺倒でしたが、今回の2代目スペーシアは車体サイズが大幅に拡大。ライバルのN-BOX並に全高がアップし、タントよりも背高になった。

まさに名実ともにスペーシアは「超ハイト系スライドドア軽自動車」の名に恥じない仕上がりになりました。

そこで今回はスズキ新型スペーシアの試乗インプレッションをまとめてみました。果たして車体のサイズアップに伴うデメリットはあるのか?もしスペーシアの購入を考えてる方がいれば、是非クルマ選びの指標の一つとしてご参考までに。

新型スペーシアの内外装はおすすめ?

試乗記事で取り上げていいか微妙ですが、まず新型スペーシアの内外装を改めて評価したいと思います。

結論から書くと、新型スペーシアのデザインはおすすめだと個人的には思います。

(スズキ新型スペーシアカスタム)

例えば、特に新型スペーシアカスタムはかなりカッコいい

悪目立ちするような変な個性感はなく、王道に進化した洗練されたデザイン。ゴリゴリ感もありつつ、スタイリッシュでもある。ふんだんにメッキ加工されており、そこら辺のコンパクトカーよりも全然質感が高い。

(スズキ新型スペーシア ノーマルグレード)

こちらの画像はノーマルスペーシアですが、車体が大きくなったことでサイドから見ると箱型(ボックス感)が強まったことが分かります。先代スペーシアよりもボンネットフードなどが直角気味に立ってる。

そのことで新型スペーシアは迫力が増してきっと「所有感」も満たしてくれるはず。スペーシアに限らず、割とお高いお買い物。大きさはシンプルに商品としての魅力でしょう。逆に言えば、それだけ先代スペーシアがひどすぎた。

また新型スペーシアはサイドの優しい凹凸感が絶妙に癖になる。他の超ハイト系軽自動車と違って、ピラーのブラックアウト化も敢えて止めた模様。そのことで全体的にスペーシアは長く飽きさせないデザインに仕上がってると思います。

○新型スペーシアの室内空間はかなり拡大

(新型スペーシアと先代スペーシアの違い)

新型スペーシアと先代モデルのサイズ感をざっくり比較してみると、実際ここまで新型スペーシアはここまで広くなってるらしい。ホイールベースは+35mmが伸長してるため、実際にはもっと拡大してる部分も多そう。

特に前方部分で差が顕著であり、先代スペーシアはいかにボックス感が薄かったかを見て取れます。具体的には室内高で+35mm、前後左右乗員間距離+35mm、前後席間距離で+10mm拡大してるのも納得。限られた軽自動車の中で、ここまで広げたのは革新的。

(新型スペーシアカスタム 内装インパネ)

またスペーシアの内装も無難に質感が高く、同時に実用性や収納力の高さも誇るため言うことなし。

他のライバル車並以上に室内空間が広がったことで、どうしても副作用としてエアコンの効きが悪くなる。そこで新型スペーシアは天井に小型サーキュレーターファンを標準装備させるなど、機能面で充実したことも見過ごせない。

他にも後席シートが荷室側から折りたためるように進化し、座面も連動して下がるためほぼフルフラット。しかもラゲッジスペースは防汚仕様のため、新型スペーシアは様々なアウトドア目的やお子さんの習い事での使い勝手に優れそう。野球やサッカーを習ってると汚れがち。

(新型スペーシア 荷室ラゲッジスペース)

例えばスペーシアは荷室空間も広く、荷室地上高も510mmとライバルと比べても低い部類に入ります。

荷室幅や荷室高もあるため積載性は高い。実際に積み込む機会がどこまで多いかはさておき(笑)、新型スペーシアの荷室には自転車を積み込む用の溝も彫り込まれていて便利です。ベビーカーや車イスを載せる場合にも重宝?