【2018】NBOX vs スペーシア 徹底比較まとめ【おすすめ長所・短所・口コミ・違いetc】

2017年は様々なクルマがフルモデルチェンジしましたが、軽自動車の中で注目すべきはやはりホンダ新型N-BOXスズキ新型スペーシアの2車種でありましょう。

何故なら軽自動車の売れ筋は「スライドドア式」のものが新車販売上位を占めてる。特に超背高の全高ボディも相まって、軽自動車でも室内空間は広々。そのため子育て世代に限らず、幅広い世代に人気のジャンル。

そこで今回カーギークではフルモデルチェンジしたばかりのホンダ新型N-BOXとスズキ新型スペーシアを徹底的に比較したいと思います。発売されたばかりの両者はすぐにテコ入れされることもないため、安心して購入時の参考に読んでみてください。

エヌボックスとスペーシアの見た目の違いを比べてみる

まずは内外装から比較したいと思います。エヌボックスとスペーシアの見た目はどこがどう違うんでしょうか?

(上:N-BOX 下:スペーシア)

最初はノーマルグレード同士の比較。上がホンダ新型N-BOX、下がスズキ新型スペーシア。

新型スペーシアは今冬のフルモデルチェンジで、かなり箱型感が増したデザインに進化。先代と比べると、N-BOX相手でも迫力感は負けてないデザイン。強いて言えば、ヘッドライトがやや切れ長のN-BOXの方がカッコ良さはあるか。

ただ新型スペーシアの程良い「個性の主張感」が個人的に好き。

例えばサイドドアのプレスライン。スペーシアは絶妙に凹んでる。小さい子供だと凹みをペタペタ触っちゃいそう。またAピラーのブラックアウト化も敢えて裂けたことで、意外にすぐに飽きさせないデザインに仕上がってると思います。

スペーシアにしろN-BOXにしろ「広さ」を追及するため、また軽自動車は規格が決まってる以上、どうしてもデザインは「没個性的な箱型」に行き着く。そのためデザイナーさんも苦労すると思いますが、新型スペーシアのデザインはそこを上手いこと回避した感があり。

ちなみに車体サイズはN-BOXが3395×1475×1790mm(全長×全幅×全高)。スペーシアが3395×1475×1785mm(全長×全幅×全高)。新型スペーシアは実際5cmほど全高が高くなったため、N-BOXと同じサイズ感にまで拡大。室内の広さなどの比較は後述。

カスタム系グレードで比較してみた

(上:N-BOXカスタム 下:スペーシアカスタム)

続いてエアロ仕様のカスタムグレードを比較。上がエヌボックスカスタム、下がスズキ・スペーシアカスタム。

個人的な感想を述べるなら、新型スペーシアカスタムのデザインの方が好き。エヌボックスカスタムより無難にカッコイイ。メッキ感を巧みに利用し、フォグランプ周辺のデザインもトヨタの高級ミニバンを彷彿とさせます。

スズキ新型スペーシア最新フルモデルチェンジ情報」でも触れましたが、スペーシアカスタムは特に車体カラーが豊富。ということで見た目の良さは、素直にN-BOXよりもスペーシアに軍配を挙げていいと思います。異論は認めぬ(笑)

ただ新型N-BOXカスタムの場合、最新の流れるヘッドランプ(シーケンシャルヘッドライト)が標準装備されてる。この試みは面白い。スペーシアカスタムにはオプション装備にすら用意されていないため、N-BOXカスタムの大きな優位点とは言えます。

N-BOXとスペーシアの室内・荷室の大きさや使い勝手を比較

続いては内装インパネや室内の広さなどを比べたいと思います。N-BOXとスペーシアはどっちが広いのか?また内装の質感はどっちが高いのか?

(上:N-BOX 下:スペーシア)

内装インパネを比較した画像がコチラ。上が新型N-BOX、下が新型スペーシア。

どっちも最近フルモデルチェンジしただけあって、エヌボもスペーシアも内装の質感では甲乙つけがたいと思います。強いて言えば、横基調のデザインに統一感が見られるスペーシアがややマシ?

また収納スペースの多さでも、どっちも良い勝負。スペーシアも助手席前の広大なスペースなど軽自動車の中ではトップクラス。N-BOXはN-BOXでハンドル奥のアッパーボックスを用意するなど、やはり甲乙つけがたし。

室内や荷室の大きさは若干N-BOXが広い

ただ室内空間の広さはエヌボックスに軍配が上がります。

新型スペーシアもかなり室内空間が広くなりましたが、やはりN-BOXはセンタータンクレイアウトといった技術を活かして、特に後席空間は顕著にスペーシアより優勢。後席の足元空間は約10cm程度の違いはあるかも。

(カートップ2月号 交通タイムス社 増田貴広)

荷室空間もN-BOXの方がやや広くておすすめ。

例えば後席シートを最大限後ろに下げた場合、荷室奥行きはN-BOXが330mmに対して、スペーシアは310mm。逆に後席シートを前に伸ばした場合でも、荷室奥行きはN-BOXが525mmに対して、スペーシアは540mm。微々たる違いではあるものの、スペーシアよりも広め。

荷室開口部はスペーシアの方が大きいように見えますが、数字的にはどうやらN-BOXが若干勝っている模様。またフロア高もN-BOXが480mmに対して、スペーシアは540mmと積載性もやや見劣りします。詳しくはカートップ2月号をお読み下さい。

ただ新型スペーシアは進化してる部分も相当多い。

新型スペーシアがN-BOXよりおすすめできるポイントも多い

(カートップ2月号 交通タイムス社 増田貴広)

例えば、室内高で比較するとスペーシアはNBOXよりも高い。左の新型スペーシアが後席の頭上空間でNBOXに勝ってることが、比較画像からも伝わります。特に小さいお子さんなどがいる場合は便利。

また新型スペーシアのシート座面もN-BOXよりも幅広なため、全体的な座り心地や居住性はスペーシアの方が勝ってると言えそう。強いて言えば、新型スペーシアは足が運転席助手席シート下に収まらない点では不利か。

最低地上高こそスペーシアは150mmに対して、N-BOXは145mmと若干優位性を誇ってるものの、比較画像からも分かるように新型スペーシアの方が開口部は広いためN-BOXより乗降性は優れると思います。

一方、新型エヌボックスには助手席スーパースライドモデルもありますが、スペーシアは後席シートのスライド量も20mm長い。新型スペーシアは後席シートを倒すだけで座面も連動して下がるなど、シートアレンジの点でも新型スペーシアはN-BOXを上回ると思います。

先代スペーシアの室内空間の狭さはやや気になりましたが、前後空間を無視するのであれば、今回の新型スペーシアはN-BOXと比較しても肉薄。スペーシアはやっとN-BOXにライバルになれたといった所。

走行性能や乗り心地はどっちがおすすめなん?

続いては走りの比較。ホンダ・エヌボックスとスズキ・スペーシアの走りはどっちが優れてるのか?

○新型N-BOXの走りはスペーシアより上

結論から書くと、N-BOXがスペーシアよりも若干有利だと思います。どっちも2017年のフルモデルチェンジで軽量高剛性のプラットフォームに一新され、リアスタビライザーも装着するなど超ハイト系らしからぬ走りの安定感を実現。

ただプラットフォームの完成度の高さはN-BOX。車体のシッカリ感はスペーシアよりもやや上回る。新型スペーシアは乗り心地に関しても、新型スペーシアも軽自動車としては悪くない部類だと思いますが、N-BOXはコンパクトカー並の質感まで高められていると評判。

ノーマルグレードのいわゆるNAエンジンに関しては、スペック差は顕著。具体的にはN-BOXのエンジンスペックは58PS/6.6kgmに対して、スペーシアのエンジンスペックは52PS/6.1kgm

またN-BOXは80kg近く軽量化されたこともあって、先代にあった走りの鈍重さは影を潜めております。ノーマルグレードに関しては、少なくとも新型N-BOXがスペーシアよりも軽快に走行し、また乗り心地もしなやかだと思います。

○カスタム系(ターボモデル)の走りに違いはなし

ただ、ターボエンジン搭載のカスタム系グレードはN-BOXもスペーシアも大差なし。

何故なら、ターボエンジンのスペックを比較すると、新型N-BOXが64PS/10.6kgm。一方の新型スペーシアは64PS/10.0kgmに3.1PS/5.1kgmのモーターパワーが加わる。スペーシアカスタムの走りはN-BOXカスタムと比肩するレベルと言っていいでしょう。

またカスタム系はタイヤのインチ数もアップしており、乗り味や乗り心地に関しても新型スペーシアカスタムも新型N-BOXカスタムに大きな違いは見られないか。むしろ実燃費の良さも考慮すれば、ターボエンジンの走りはスペーシアカスタムに軍配を挙がるか。

ちなみにさらなる詳細はスズキ新型スペーシア試乗レビューホンダ新型N-BOX試乗レビューも後で御覧ください。

運転のしやすさはスペーシアに軍配

一方、運転のし安さであれば新型スペーシアがおすすめ。

何故なら最小回転半径がエヌボックスが4.5mに対して、スペーシアが4.4mだから。最小回転半径が短ければ、それだけ小回り性能に優れる。軽自動車の割に車体が大きい両者だからこそ、運転が苦手な人にはスペーシアをおすすめします。

上 N-BOX 下 スペーシア

また内装比較画像を改めて確認すると、上のN-BOXのメーターパネル周りは収納ボックスを同位置に配置したことでダッシュボード周りがモッコリと膨らんでる。逆に下のスペーシアの内装はダッシュボード周辺を含めても、スッキリと平坦。

そのため前方に視界を遮るものがない分だけ、新型スペーシアの方がN-BOXより視界性が優れると思います。どうしてもN-BOXはドライバーの目線が遮られる分だけ、背が小さいドライバーだと「アレ?」と露骨に視界性の違いを感じるかも。

自動ブレーキなど予防安全性はどっちがおすすめ?

続いては自動ブレーキや予防安全性の違いを比較したいと思います。果たしてN-BOXとスペーシアはどっちが安全なのか?

結論から書くと、予防安全性の高さではN-BOXがおすすめ。とにかくホンダセンシングが優秀。

何故なら軽自動車であるにも関わらず、エヌボックスはACC(追従クルーズコントロール)や車線逸脱防止機能が標準装備されてるから。

このACCは高速道路で移動する場合、非常に便利。スペーシアにはACCはなく、車線逸脱に関しても警報止まり。自動ブレーキの性能自体もN-BOXは、時速50~60km/h程度で走行しても歩行者相手にも割と余裕を持って停止することが可能。

一方、スペーシアの自動ブレーキも軽自動車としては極めて優秀ではあるものの、時速50km/hだと割とギリギリ停止できるかなーというレベル。スペーシアが完敗してるとまではは言いませんが、ACCと車線逸脱防止機能の分だけN-BOXに軍配を上げたいと思います。

日常的にはスペーシアの後方ブレーキの方が安心?

ただし、スペーシアには「後方誤発進抑制機能」があります。N-BOXもリアコーナーセンサーが標準装備されており後方の危険も察知するものの、あくまで警告を出すだけ。スペーシアのように自動的にブレーキまでは作動しない。

個人的には安心できると思います。N-BOXのACC(追従クルコン)は高速道路でしか使用しないため、日常生活ではスペーシアの後方ブレーキの方が重宝すると思います。やはりスペーシアもN-BOXも車体がデカい上、チョロチョロと動き回るお子さんの存在を考えたら言うまでもないでしょう。

サイドエアバッグはカスタムグレード系は同じ

一方、衝突安全性を高めてくれるエアバッグは一長一短。

スペーシアはフロント側のサイドエアバッグは全車で標準装備。逆にN-BOXは自動ブレーキは全グレードで標準装備されてるものの、サイドエアバッグはミドルグレード以下はオプション装備。そのままエントリーグレードを買うなら、スペーシアの方が実は安全性は高い。

ただしN-BOXはカーテンエアバッグもセットで付いてくる。逆に、ノーマルスペーシアはカーテンエアバッグまでは設定できない。まさに一長一短…。でもスペーシアカスタム(ターボ)はカーテンエアバッグも標準装備されるため、カスタム系では衝突安全性に大きな違いはないでしょう。

コスパの高さはN-BOX?スペーシア?どっち?

最後はコストパフォーマンスの高さを比較して記事を終わりたいと思います。エヌボックスとスペーシアはどっちがお買い得なのか?

まず価格帯を比較すると、エヌボックスの価格帯は138万~208万円に対して、スペーシアの価格帯は127万~190万円。ただしエヌボックスは自動ブレーキが標準装備されてるため、同条件で比べると厳密にはスペーシアの価格は133万円から…と両者はほぼ同じ価格帯と言えます。

そこで目立った主要装備の違いを比較したいと思います。

ライト系装備はエヌボックスがおすすめ

まずヘッドライト。どっちもオートライトシステムは標準装備されてるものの、N-BOXはLEDヘッドランプが全グレードで標準装備されてるのに対して、スペーシアはLEDヘッドライトはカスタム系から標準装備

前述のようにN-BOXカスタムには更にシーケンシャルLEDライトが標準装備されてるなど、スペーシアとN-BOXに価格差分の装備面の違いがあると言えましょう。LEDヘッドライトはN-BOXに軍配。

全面UVカット機能付ガラスや赤外線カット機能ガラスはどっちも標準装備。ただもう少し上等なプレミアムスーパーガラスに関しては、N-BOXが標準装備に対して、スペーシアは上級グレード以上から標準装備。ガラス素材はエヌボックスに軍配

運転に関わる装備面ではスペーシアが充実してておすすめ

運転面に関する装備では、チルトステアリングはN-BOXが全グレードで標準装備されてるのに対して、スペーシアは上級グレード以上から標準装備。逆にヒルホールドコントロール機能はスペーシアが標準装備されてるのに対して、N-BOXはそもそもない。

またスペーシアは運転席シートヒーターは、エントリーグレードのみ4WD車ではあるものの基本的に標準装備。グレードが上がるにつれて助手席にもシートヒーターが標準装備されます。一方、N-BOXは全グレードで運転席+助手席シートヒーターは4WD車のみしか採用されず。

4WD車は雪国のドライバーに主に重宝されてるためホンダの方が上手いやり方だと思いますが、ヒルホールドコントロール機能の有無など運転面の装備はスペーシアに軍配を上げたいと思います。

しかも廉価グレード以外には、スペーシアが「パワースライドドア一時停止機能」が標準装備される。これはリモコン操作で離れた場所からスライドドアを自動で開閉できるという便利な代物。N-BOXには当然なし。

だから普通はLEDヘッドライトが標準装備されてるN-BOXに軍配を上げたいところですが、詳しく見ていくと自動ブレーキの件も含めてコスパは意外と一長一短。またスペーシアはマイルドハイブリッド分の価格が転嫁されてることも見過ごせない。

結論としてはスペーシアもN-BOXもコスパの高さでは甲乙付けがたいのかなーと結論付けます。N-BOXもスペーシアも価格帯が高いモデルほど人気になると思うので、正直コスパや装備面の違いをそこまで気にしなくていいのかも。

新型NBOXと新型スペーシア おすすめ比較【違いまとめ】

以上、カーギークによるホンダ新型NBOXとスズキ新型スペーシアの比較記事でした。

絶対的王者・N-BOXがすごいことは今更感がありますが、今回比較して分かったのは新型スペーシアもそれなりに進化してたということ。室内空間の広さや使い勝手など、新型N-BOXと比較しても思ったより遜色ないレベル。

だから先代N-BOXも先代スペーシアも、かつては「もっとこうすればいいのに…」という弱点がお互いに存在しました。でも新型にフルモデルチェンジして以降、ほとんどネガティブな要素がない。

敢えて言うなら、ノーマルグレードならN-BOXカスタムグレードならスペーシアカスタム高速道路を頻繁に利用するならN-BOX子育て世代ならスペーシア…みたいなクルマ選びをすれば良さそう。

もちろんどっちも一長一短はあるものの、新型スペーシアも新型N-BOXも胸を張っておすすめできる軽自動車だと思います。あとは見た目の好みやお財布と判断して下さい。

ちなみに他にも【比較】N-BOX vs タント【比較】スペーシア vs タント【比較】N-BOX vs N-VAN【比較】N-BOX vs フィットといった比較記事も参照。