【2018】N-BOX vs スペーシア 徹底比較まとめ【おすすめ長所・短所・口コミ・違いetc】

スポンサーリンク

2017年という年は様々な新型車が発売 or フルモデルチェンジされました。軽自動車の中で注目すべきは、やはりホンダ新型N-BOXスズキ新型スペーシアの2車種でありましょう。

何故なら軽自動車の売れ筋は「スライドドア式」のものが新車販売上位を占めてる。特に超背高の全高ボディも相まって、軽自動車でも室内空間は広々。子育て世代に限らず、幅広い世代に人気。

そこで今回はフルモデルチェンジしたばかりのホンダ新型N-BOXとスズキ新型スペーシアを徹底的に比較したいと思います。両者はすぐにテコ入れされることもないため、安心して購入時の参考に使って下さい。

エヌボックスとスペーシアの見た目の違いを比べてみる

まずは内外装から比較したいと思います。エヌボックスとスペーシアの見た目はどこがどう違うんでしょうか?

(上:N-BOX 下:スペーシア)

最初はノーマルグレード同士の比較。上がホンダ・N-BOX、下がスズキ・スペーシアになります。

新型スペーシアは今冬のフルモデルチェンジで、かなり箱型感が増したデザインに進化。先代と比べると、N-BOX相手でも迫力感は負けてないデザイン。強いて言えば、ヘッドライトがやや切れ長のN-BOXの方がカッコ良さはあるか。

ただ新型スペーシアの程良い「個性の主張感」が個性的に好き。

例えばサイドドアのプレスライン。スペーシアは絶妙に凹んでる。小さい子供だと凹みをペタペタ触っちゃいそう。またAピラーのブラックアウト化も敢えて裂けたことで、意外にすぐに飽きさせないデザインに仕上がってると思います。

スペーシアにしろN-BOXにしろ「広さ」を追及するため、どうしてもデザインは「没個性的な箱型」に行き着く。どうしても軽自動車は規格が決まってる以上、デザイナーさんも苦労すると思いますがスペーシアは上手いこと回避した感があり。

ちなみに車体サイズはN-BOXが3395×1475×1790mm(全長×全幅×全高)。スペーシアが3395×1475×1785mm(全長×全幅×全高)。新型スペーシアは実際5cmほど全高が高くなったため、N-BOXとほぼ同じサイズ感にまで拡大してます。室内の広さなどの比較は後述。

(上:N-BOXカスタム 下:スペーシアカスタム)

続いてエアロ仕様のカスタムグレードを比較。上がエヌボックスカスタム、下がスズキ・スペーシアカスタム。

個人的な感想を述べるなら、新型スペーシアカスタムのデザインの方が好き。エヌボックスカスタムより無難にカッコイイ。メッキ感を巧みに利用し、フォグランプ周辺のデザインもトヨタの高級ミニバンを彷彿とさせます。

スズキ新型スペーシア最新フルモデルチェンジ情報」でも触れましたが、スペーシアカスタムは特に車体カラーが豊富。ということで見た目の良さは、素直にN-BOXよりもスペーシアに軍配を挙げていいと思います。異論は認めぬ(笑)

ただ新型N-BOXカスタムの場合、最新の流れるヘッドランプ(シーケンシャルヘッドライト)が標準装備されてる。この試みは面白い。スペーシアカスタムにはオプション装備にすら用意されていないため、N-BOXカスタムの唯一の大きな優位点とは言えます。

続いては室内空間や荷室空間の広さや使い勝手を比べたいと思います。