【2017】トヨタ、世界新車販売が3位に転落した理由【自動車】

スポンサーリンク

トヨタ自動車と言えば、世界に誇る自動車メーカー。世界新車販売ランキングでも堂々の一位…と勘違してる人も世の中には多そう。確かにトヨタ自動車は世界新車販売ランキング一位に輝いたこともありますが、既にドイツのフォルクスワーゲングループに抜かれております。

しかも2017年には日産自動車+ルノー連合に新車販売ランキングで抜かれて、トヨタ自動車は世界3位に転落すると言われております。12月27日付の新聞で報じられてプチ話題になりました。

そこで今回は何故トヨタ自動車が世界新車販売ランキングで3位に落ち込んだのか、その理由をざっくり解説したいと思います。

トヨタ以上に他の自動車メーカーの新車販売が好調だった

結論から書くと、答えはシンプル。トヨタ自動車よりも「他の自動車メーカーの販売台数が好調だった」から。

トヨタは2017年1月から11月までの新車販売台数は約947万台と、前年同月比で+2.8%と販売台数を伸ばしてる。ただ一方、フォルクスワーゲングループは約974万台と前年同月比で+3.9%増と更に販売台数の上積みに成功してる。

これじゃあ、トヨタが新車販売台数で世界一に返り咲くことは大変。フォルクスワーゲンはアメリカよりも巨大な自動車市場・中国で好調。一方、トヨタに限らず、日本車は中国ではほとんど人気がないことが足を引っ張ってる。

また2017年はトヨタ・カムリがモデル末期だったことも悪影響。ピックアップトラックを除いて、アメリカで一番売れてる人気車種がトヨタ・カムリだったはず。新車販売ランキングは常にトップ3ぐらいには入るミドルセダン。

ただ2017年7月に日本とアメリカでトヨタ新型カムリがフルモデルチェンジしたんですが、逆に言えば2017年の大半はモデル末期だった計算。2017年以前から新型カムリのフルモデルチェンジは話題になっていたため、長期間の買い控えが発生したのかも。

でも、それだけではトヨタ自動車が世界新車販売ランキングで3位に落ちた理由は説明できません。何故トヨタは日産にまで追い抜かれたのか?