【電気自動車】EV普及のカギは結局何なの?課題と問題点の考察

スポンサーリンク

最近海外では「電気自動車(EV)の普及」を推し進める法案が次々と成立しています。

いや厳密にはEVの普及というよりかは「ガソリン車販売を規制する」という法案。ガソリン車の販売が禁止されれば、自ずと電気自動車が普及するだろうという狙い。主に2030年から2050年頃が目安とされています。

ただ、日産・リーフといった世界的にそこそこ売れてるEV車種を販売してるものの、いかんせん日本ではEVがそこまで普及してない後進国と言わざるを得ません。少なくともガソリン車の販売禁止といった法整備の機運すらございません。興味がある方は「日産新型リーフ 試乗記事」も参照。

そこで日本国内で電気自動車が普及しない理由や問題点、これからEVを普及させるためのカギや課題を考察してみました。

ガソリンスタンドの減少に反比例してEVは普及する?

結論から書くと、日本でも電気自動車は自然と普及していくと考えられます。理由はシンプル。何故なら「ガソリンスタンドが毎年のように減少」しているから。

ガソリンスタンドの数は1990年代には6万ヶ所ぐらいあったそうですが、2016年には3万1000ヶ所ぐらいにまで半減。かつてはガソリンスタンド経営ほど安定してる職業はないと思われていましたが、ここ20年近くはずーっと減少傾向が続いてる。

データを更に読み解いていくと、ガソリンスタンドの数が本格的に減少し始めたのは1997年頃。つまりタイミング的にはトヨタ・プリウス(ハイブリッド車)が販売された時期とGSが減少する時期が重なる。

もちろん初期型プリウスは爆発的にヒットしてないものの、その年を境に環境に対する国民意識がガラッと変わって、自動車メーカーもこぞって燃費性能が高い車種の開発を始めたことは言うまでもないでしょう。

つまるところ燃費性能が優れた自動車の普及と共に、ガソリンスタンドの数も減少してる。同じようにハイブリッド車より環境性能が高いEVが普及し始めると、更に加速度的にガソリンスタンドは減少していくはず。

○ガソリンスタンドよりEVスタンドを作る方が簡単?

また最近、ガソリンや軽油を溜めておくタンクの安全性の規制強化が追い打ちとなって、中小のガソリンスタンドがどんどん廃業してる状態。少なくとも採算が取れないガソスタを新たに作る状況にはない。

一方、EVスタンドを作るのは簡単。何故なら電気を通せばいいだけだから。そこに大きな規制は少ないはず。充電口の規格の統一化などは依然ネックだと思いますが、おそらくガソスタを作るよりもEVスタンドを作る方が遥かにハードルが低い。

将来的にガソリンが物理的に供給できない・されにくい状況が差し迫っており、これは思いの外深刻な事態。おそらく数十年後には法規制以前に、否応なしにドライバーの選択肢は電気自動車に絞られていく。

つまり現時点では電気自動車向けのインフラ整備は遅れているものの、自動ブレーキシステムのようにEVスタンドなどは「ある時期」を境に急激に普及するのではないか?と私ドルジ露瓶尊は考えます。

続いては電気自動車が普及する課題と問題点を読んでいきましょう。