日産新型リーフ 試乗インプレッションまとめ【口コミ・評価・評判etc】

スポンサーリンク

日産が世界に誇る人気の電気自動車と言えば「リーフ」。価格帯の低さもあって、割りと一般家庭でも普及しています。このリーフは2010年12月に初めて発売されたんですが、この度2017年10月に待望のフルモデルチェンジが行われました。


そこで今回は日産新型リーフの試乗インプレッションをまとめてみました。世間やプロの自動車評論家たちの評判はどんなもんだったんでしょうか?個人的な評価も加えてるので、もし試乗したことがない方は参考に使って下さい。

スポンサーリンク

新型リーフの内外装や室内の広さはどう変わったのか?

まずは日産新型リーフの内外装からおさらいしたいと思います。新型リーフの大まかな全体デザインは先程の画像を参考にしてもらうとして、個人的な感想をざっくり述べると「デザインはかなり洗練」されたと思います。お得意のVモーショングリルも採用するなど、まさに日産自動車らしい進化を果たしました。

新型リーフ ヘッドライト

例えば一番特徴的な変化は、新型リーフのヘッドライト。先代リーフと比べるとシュッと清潭になりました。

先代リーフは2010年に発売されたとはいえトヨタ先代プリウスを更にイモ臭くさせたデザインとしか思えず、そりゃ売れないよなぁと…。せめてマイナーチェンジでデザインを少しぐらいは変化させれば良かったのに、この新型リーフにフルモデルチェンジされるまでついぞ大胆なテコ入れは行われませんでした。それ故に感慨深いものがある?

新型リーフ 給電口

他にも新型リーフでは引き続きボンネット部分に充電装置が設置されてるものの、先代リーフとは違って良い感じに目立たないのが特徴。先代リーフは「電気自動車感」が前面に出したい気持ちが強すぎたのか、「ここで充電しまっせwww」というイヤな悪目立ち感が正直嫌いでした。充電時間については後述。

だから新型リーフのデザインは非常に好感が持てる上、非常に買いやすいデザインに進化したと思います。少なくとも先代リーフよりは間違いなく購買欲をそそるエクステリア。強いて言えば、ホンダ新型フィットの上位互換版に見えなくもなく、そこまで高級感があるかも微妙なところですが。

新型リーフ 内装インパネ周り

続いて新型リーフの内装がコチラ。やはり先代リーフと比較すると、個性的なシフトノブはそのままに全体的に質感がアップした印象。リーフはEVではあるため近未来感やディスプレイ感は正直もう少し欲しいところですが、やはり先代リーフよりは間違いなく良い。

新型リーフ 室内空間

新型リーフはバッテリー容量が増えたものの、全体的な室内の広さは先代リーフとほぼ変わらず。車体サイズがフルモデルチェンジ後は若干拡大したのも奏功か。

もちろん新型リーフの室内は決して特別広いとは言えないものの、後席シートは身長160cmの人が乗っても拳2個3個分ぐらいのニースペースは確保されています。荷室空間に関しても最大435Lと、新型リーフは平均的なCセグメントカー並の実用性は兼ね備えている模様。実用性の高さは必要にして十分。

続いて新型リーフの走りはどう改善したのか?