【2019】Aクラス vs ゴルフ 徹底比較まとめ【長所短所の違い】

輸入車の代名詞的な存在が「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。車好きじゃなくても知ってるぐらいゴルフは有名なはず。価格も手頃で実用性も高く、はじめて輸入車を購入する人に優しい商品設計。

このゴルフとほぼ同車格の輸入車が、最近フルモデルチェンジしたメルセデスベンツ新型Aクラス。ベンツの最小コンパクトで、さながらゴルフと同様に入門輸入車的な存在と呼べるのかも。

そこで今回カーギークでは「Aクラスとゴルフ」を徹底比較してみようと思います。果たしてAクラスとゴルフはどっちがお買い得なのか?ゴルフはやはり王者?Aクラスはブランド力だけ?

ちなみに、ステーションワゴンタイプのゴルフヴァリアントは今回比較してません。

【デザイン比較】Aクラスの方が基本的にカッコいい!

まずは「内外装」から比較していこうと思います。Aクラスとゴルフはどっちのデザインがカッコいいのか?室内や荷室はどっちが広いのか?

(上:Aクラス、下:ゴルフ)

結論から書くと、新型Aクラスのデザインがカッコいいと個人的には思います。

ゴルフのデザインは「良くも悪くもゴルフ」といった所。大してダサくもなければ大してカッコ良くもない無難なデザイン。昔から大きく変貌してないアイコンそのものであり、良くも悪くも安心感はあります。

一方、新型Aクラスのフロントマスクは未来的。先代モデルと比べると清潭さがアップ。悪い意味で「いかにも輸入車という悪目立ち感」が減少したことで、女性でも誰でも購入しやすいデザインに進化したか。

やはりベンツマークの存在感も含めて、ブランド力の差はデザインでも現れている気がします。かつてカーギークでは「芸能人・有名人の愛車一覧」もまとめましたが、基本的にお金さえあれば多くはAクラスを選ぶのではないか。

ただリア周りのデザインを比較すると、どっちも大きな違いはなさそう。例えばマフラーの形状は「ありがちな円筒状」ではなくスタイリッシュで、ゴルフも意外と健闘している気はしました。

【Aクラス】主要諸元の違いまとめ【ゴルフ】

続いてはAクラスとゴルフの「車体サイズ」を比較してみようと思います。

○Aクラス(A180)の車体サイズ・大きさ

◆全長…4419mm
◆全幅…1796mm
◆全高…1423mm
◆ホイールベース…2729mm
◆サスペンション前後…マクファーソンストラット/トーションビーム
◆その他…右ハンドル車/FF車

○ゴルフ(TSI Comfortline)の車体サイズ・大きさ

◆全長…4265mm
◆全幅…1800mm
◆全高…1480mm
◆ホイールベース…2685mm
◆サスペンション前後…マクファーソンストラット/トレーリングアーム
◆その他…右ハンドル車/FF車

○Aクラスの全長が一回りほど大きいが…

結論から書くと、Aクラスの車体サイズがやや大きめです。

記事冒頭ではほぼ同車格と解説しましたが、Aクラスの全長はゴルフよりも15cm以上も長い。ホイールベースもAクラスの方が4cmほど長い。新型モデルになってゴルフとの差がより顕著に広がった形。

ただAクラスはデザイン重視 and 空力性能重視なこともあってか、全高はゴルフの方が約6cmほど高い。だから室内全体の広さはどっちも大差がないのではないか?と主要諸元からは考察されます。

【比較】Aクラスの方が内装の質感は高いが…

ということで、Aクラスとゴルフの内装インパネや室内の広さなどを続いて比較していこうと思います。

(上:Aクラス、下:ゴルフ)

結論から書くと、新型Aクラスの内装の質感がゴルフを上回ると思います。

やはりSクラス・Eクラス譲りのインパネ周りだけあって、Aクラスの内装は最小コンパクトとは思えないほど非常に先進的。例えば典型的なメーターフードはなく、ドライバーの目の前には大型の液晶ディスプレイがデンと鎮座してるだけ。

そのため若干好みも分かれそうですが、Aクラスでは「MBUX」と呼ばれるインターフェースは音声認識システムを採用。さながらグーグルのスマホのように扱えるのも面白い。また前方視界性も非常に開けてるのもGood。

ただゴルフはゴルフで、フル液晶のデジタルメーターを採用するなど地味に健闘。タッチスクリーン式のナビ画面も触れずに操作できるなど意外と先進的な装備も満載。

Aクラスと同様にD型ステアリングを採用するなど、ゴルフの内装もスポーティーに施されており、外観デザインほど大きな違いはないとカーギークでは評価してみる。

価格の違いも後述しますが、ゴルフの内装は「むしろ良いやん?」と個人的に思ったほど。本革ステアリングやシボ加工のダッシュボード表面など、ゴルフの内装も価格相応に質感は高いため大きな不満感はないと思います。

○【実用性】室内の広さはゴルフに軍配が上がるが…

一方、室内の広さはゴルフに軍配が上がります。車体サイズやホイールベースこそAクラスが上回っていましたが、総合的なパッケージ力の高さはやはりゴルフがおすすめ。

例えば後席シートの足回り空間はさほど違いはないものの、とりわけ頭上空間はゴルフに余裕感がある。シートの座り心地などはAクラスに軍配が上がりそうですが、そのため圧迫感はゴルフよりも強いか。

また荷室ラゲッジの大きさもAクラスが370Lに対して、ゴルフは380Lと明白に上回る。またハッチゲートの大きさ自体も小さいため、荷物の上げ下ろしのしやすさもゴルフに軍配が上がると思います。

Aクラスは全高が低く設計されていることで乗降性もゴルフにやや劣るなど、街乗りメインで使おうと思えば、ゴルフの方が実用性は高い気はします。ただし、新型Aクラスの実用性は先代モデルと比べると随分と向上。

ベストカーの比較記事では「このクラスの水準器でもあるVWゴルフとの距離を一気に縮めてきた」とAクラスを評価。「高級車=実用性が低い」といったイメージは少なくともAクラスに対して持つ必要はなさそうです。

【スペックまとめ】Aクラスとゴルフの搭載エンジン

続いて走りや乗り心地などを比較する前に、Aクラスとゴルフのそれぞれの搭載エンジンのスペックをチェックしようと思います。

○Aクラス(A180)…1400cc直4ターボ

◆最高出力…100kW(136PS)/5500rpm
◆最大トルク…200Nm(20.4kgm)/1460rpm
◆車重…1375kg
◆燃料タンク容量…43L
◆使用燃料…ハイオク仕様

○ゴルフ(TSI Comfortline)…1200cc直4ターボ

◆最高出力…77kW(105PS)/4500~5500rpm
◆最大トルク…175Nm(17.8kgm)/1400~4000rpm
◆車重…1240kg
◆燃料タンク容量…50L
◆使用燃料…ハイオク仕様

○ゴルフ(TSI Highline)…1400cc直4ターボ

◆最高出力…103kW(140PS)/4500~6000rpm
◆最大トルク…250Nm(25.5kgm)/1500~3500rpm
◆車重…1320kg
◆燃料タンク容量…50L
◆使用燃料…ハイオク仕様

【おすすめ比較】走りや乗り味はAクラスに軍配!あらゆる面でゴルフは後塵を拝するか

ということでAクラスとゴルフの「走りの違い」を比較してみようと思います。

結論から書くと、走りの良さはAクラスに軍配が上がると思います。

とにかく新型Aクラスの静粛性が高い。既に色んな試乗記事でも「ゴルフを超えた」という声も少なくなく、明らかに「入門者」の粋を超える価値観を提供してくれてる。新型Aクラスは「高級車に乗った」ということが歴然と体感できそう。

「MFA1」と呼ばれる新型プラットフォームは軽量かつ高剛性。Aクラスの操縦安定性や運動性能は高いまま、高級車としての乗り味の良さが追求されている印象。陳腐ですが、まさに「高い次元の走り」という表現が似合いそう。

もちろんゴルフの乗り味もフラットライドそのもの。さすが「Cセグメントを代表するベンチマーカー」と言わしめる完成度の高さを誇るものの、それでも快適な居住空間や上質さで比較するなら総合的には新型Aクラスがおすすめか。

また新型Aクラスの加速もパワフル。ルノー日産と共同開発した1.4Lターボは、0-100km/h加速が10秒を切るらしい。ゴルフよりも全高が低いこともあって、空気抵抗の低さが走りにも奏功か。

もちろんゴルフもフラットトルクではあるものの、TSI Comfortline以下のの1.2LターボはAクラスと比べると力強さに欠ける。アクセル踏み込み量の違いは歴然。ゴルフの中間グレード以下の走りはやはり物足りないか。

今後Aクラスに2.0L直4ターボも追加されるらしいですが、もし比較するのであればゴルフGTI」といったモデルが適切になってくるのかも知れない。

【維持費】Aクラスとゴルフの価格比較まとめ【違い】

最後は「維持費」や「価格面」の違いを比較して終わりたいと思います。

○Aクラスの値段一覧

◆A180…322万円
◆A180スタイル…362万円

レーダーセーフティパッケージ装着車は+24万円。

○ゴルフの値段一覧

◆TSI Trendline…約254万円
◆TSI Comfortline…約280万円
◆TSI Comfortline テクエディション…約300万円
◆TSI Highline…約332万円
◆TSI Highline テクエディション…約350万円
◆GTI…約396万円
◆GTI ダイナミック…約436万円

ゴルフには電気自動車モデルやプラグインハイブリッドモデルもありますが今回は割愛。

○Aクラスの価格帯はゴルフの上級グレードとほぼ同価格帯

結論から書くと、ゴルフの方が全体的に割安になります。グレード構成が多いだけあって、本当にピンからキリまで。ゴルフRやe-ゴルフに至っては500万円を超えてたりします。

でも、中間グレード以下の搭載エンジンは1.2Lターボと前述のように見劣りするため、Aクラスはゴルフの上級グレード(TSI Highline)とほぼ同価格帯と考えて良いはず。

A180スタイルにはシートヒーターも標準装備されるなどゴルフより優位な点もありますが、装備面の違いは大きくないはず。だから価格帯が同じ車種同士で比較するなら、前述の情報をそのままダイレクトに反映させて考えて良さそう。

ただ強いて言えば、廉価グレードを除いてゴルフは自動ブレーキ(ACC付きの高性能なもの)が標準装備されてるのに対して、Aクラスはセットオプション。他にもナビのAI機能を利用する場合も、約18万円前後のナビパッケージを追加する必要がある。

そのため実際に購入を考えた場合、何やかんやでAクラスはゴルフよりも結果的に割高になってしまうのが現実か。

一方、維持費。結論から書くと車重や排気量が変わらないため、Aクラスもゴルフも自動車重量税や自動車税は大差ないと思います。実燃費も大きな違いは出ないはず。どっちもハイオク仕様車なので、それなりに燃料代はかかってしまうか。

ただし、燃料タンク容量はAクラスが7Lも小さいため、長距離ドライブするならゴルフが断然おすすめです。

【比較】Aクラス vs ゴルフの違い総括まとめ

以上、カーギークによるメルセデスベンツ・Aクラスとフォルクスワーゲン・ゴルフの徹底比較まとめでした。

結論から書くと、基本的には新型Aクラスがおすすめです。

新型Aクラスはあらゆる面で進化しており、走りや乗り味は言うことなし。また先進装備も充実しており、300万円400万円台の価格帯の車では最強クラス。新型Aクラスはこの値段でもしっかり高級車してくれちゃってる。

一方、現行ゴルフは2013年に発売されてることもあって、全体的には不利。実用面で相変わらずゴルフが有利ではあるものの、昔ほどの優位性は減少してる点もマイナスか。あくまで無難な選択肢に留まってしまうのが現状。

そのため「300万円以下で輸入車を購入したい」ならゴルフ「300万円以上でしっかり高級感を味わいたい」ならAクラスといった車選びをするといいか。

だから350万円以上の輸入車を購入したい場合、個人的には無理してでもAクラスを購入したいところ。もしゴルフを購入するのであれば下位モデルかな。現状モデル末期なので値引き交渉もしやすいメリットも大きい。

ちなみに【評判】新型Aクラス 試乗レビュー【最新情報】新型ゴルフ フルモデルチェンジまとめなども併せてご参照ください。

フォローする