【マツダ】CX-8 vs CX-5 徹底比較まとめ【違い・長所・短所・おすすめetc】

スポンサーリンク

昨年2017年はマツダから様々な新型車が発売されました。2017年前半には「新型CX-5」が初めてのフルモデルチェンジを行って、2017年後半には三列シートを採用した新型SUV「CX-8」が導入されました。既に「新型CX-8 試乗インプレッション」はレビュー済み。

(上:CX-5 下:CX-8)

そこで今回はマツダ新型CX-5と新型CX-8の両者を私ドルジ露瓶尊が徹底的に比較してみたいと思います。画像からも分かるようにCX-5もCX-8もパット見はそっくり。果たして何か違いはあるんでしょうか?

具体的に細かく比べないと分からない部分は多いため、是非CX-5 or CX-8購入時の参考に読んで下さい。ちなみにCX-8はディーゼル専用モデルのため、分かりやすくCX-5もディーゼル限定のグレードで比較してます。

CX-5とCX-8の見た目やエクステリアの違いを比較

まずは両者の内外装を比べたいと思います。果たしてCX-5とCX-8のエクステリアに違いはあるのか?

(上:CX-5 下:CX-8)

冒頭に貼った比較画像を改めて見ると、基本的に両者に見た目に大きな違いはありません。実車だと塗装のクオリティの高さにより惚れ惚れするはず。

デザインに目立った違いがあるとすれば、フロントグリルの形状。マツダ独特の六角形デザインを採用してるのは同じですが、上のCX-5はメッシュ(網目)状のグリルを採用してるのに対して、下のCX-8は横向きのルーバーが採用されています。他にもCX-8にはアウトドア用のルーフレールも追加可能。

どっちがおすすめのフロントグリルかは人それぞれの感性だと思いますが、個人的な感想を述べるならCX-5の方がやや高級車っぽく、CX-8の方がややスポーティーな雰囲気がします。

(左:CX-5 上:CX-8)

続いて横から両者を比較すると、こんな感じ。全長が短いこともあって、良くも悪くも左のCX-5の方がSUVテイストが強い。逆に全長が長いこともあって、CX-8はより伸びやかでクーペスタイルな印象を受けます。

だから先程は高級感はCX-5の方が強いと書いたものの、全体的なルックスも考慮すると総合的なデザインではCX-8の方が質感は上回るか。もちろん限度はありますが、やっぱりクルマは大きい方がカッコイイ。

順序はズレましたが両者の車体サイズも比較しておきます。左のCX-5が4545×1840×1690mm(全長×全幅×全高)に対して、右のCX-8は4900×1840×1730mm(全長×全幅×全高)。

全幅こそ同じですが全長はCX-8が+355mmほど長く、全高も+40mmほどCX5よりも高いらしい。そのため実際の全高はCX-8の方が高いものの、デザイン的にはCX-5の方が車高が高いように見えるのが面白い所。

続いては内装や室内空間を比較したいと思います。見た目がほぼ同じ両者でしたが、果たしてCX-5とCX-8は内装デザインも変わらないんでしょうか?