【マツダ】CX-8 vs CX-5 徹底比較まとめ【違い・長所・短所・おすすめetc】

スポンサーリンク

昨年2017年はマツダから様々な新型車が発売されました。2017年前半には「新型CX-5」が初めてのフルモデルチェンジを行って、2017年後半には三列シートを採用した新型SUV「CX-8」が導入されました。既に「新型CX-8 試乗インプレッション」はレビュー済み。

(上:CX-5 下:CX-8)

そこで今回はマツダ新型CX-5と新型CX-8の両者をドルジ露瓶尊が徹底的に比較してみたいと思います。画像からも分かるようにCX-5もCX-8もパット見はそっくり。果たして何か違いはあるんでしょうか?

具体的に細かく比べないと分からない部分は多いため、是非CX-5 or CX-8購入時の参考に読んで下さい。ちなみにCX-8はディーゼル専用モデルのため、分かりやすくCX-5もディーゼル限定のグレードで比較してます。

CX-5とCX-8の見た目やエクステリアの違いを比較

まずは両者の内外装を比べたいと思います。果たしてCX-5とCX-8のエクステリアに違いはあるのか?

(上:CX-5 下:CX-8)

冒頭に貼った比較画像を改めて見ると、基本的に両者に見た目に大きな違いはありません。実車だと塗装のクオリティの高さにより惚れ惚れするはず。

デザインに目立った違いがあるとすれば、フロントグリルの形状。

マツダ独特の六角形デザインを採用してるのは同じですが、上のCX-5はメッシュ(網目)状のグリルを採用してるのに対して、下のCX-8は横向きのルーバーが採用されています。他にもCX-8にはアウトドア用のルーフレールも追加可能。

どっちがおすすめのフロントグリルかは人それぞれの感性だと思いますが、個人的な感想を述べるならCX-5の方がやや高級車っぽく、CX-8の方がややスポーティーな雰囲気がします。

CX-5とCX-8を横からサイズ感を比べてみる

(左:CX-5 上:CX-8)

続いて横から両者を比較すると、こんな感じ。全長が短いこともあって、良くも悪くも左のCX-5の方がSUVテイストが強い。逆に全長が長いこともあって、CX-8はより伸びやかでクーペスタイルな印象を受けます。

だから先程は高級感はCX-5の方が強いと書いたものの、全体的なルックスも考慮すると総合的なデザインではCX-8の方が質感は上回るか。もちろん限度はありますが、やっぱりクルマは大きい方がカッコイイ。

順序はズレましたが両者の車体サイズも比較しておきます。左のCX-5が4545×1840×1690mm(全長×全幅×全高)に対して、右のCX-8は4900×1840×1730mm(全長×全幅×全高)。

全幅こそ同じですが全長はCX-8が+355mmほど長く、全高も+40mmほどCX5よりも高いらしい。そのため実際の全高はCX-8の方が高いものの、デザイン的にはCX-5の方が車高が高いように見えるのが面白い所。

CX5とCX8の室内や内装インパネ周りを比較

続いては内装の質感や室内空間の広さを比較したいと思います。見た目がほぼ同じ両者でしたが、果たしてCX-5とCX-8は内装デザインも変わらないんでしょうか?

(上:CX-5 下:CX-8)

まずは内装インパネの質感やデザインの比較。上が新型CX5、下が新型CX8になります。

比較画像からも分かるように、基本的にどっちもパット見のデザインはほぼ同じ。ステアリングやシフトノブは本革仕様など、どっちも質感は高い。チルト・テレスコピック機能といった機能面でもどっちも充実。

ただほとんど違いがない内装に思えますが、何箇所か違いは存在します。

例えば助手席前のグローブボックス。CX-5はほぼ横一直線に対して、CX-8は左から右にかけてなだらかに下がってる。内装全体もより中央部分に集まってるかのようなデザインに仕上がっており、意外とお金がかかってる。

またグローブボックス周辺のカラーもCX-5はダッシュボードと同じ色を採用してるのに対して、CX-8は別々の色で使い分けされてる。グローブボックスの持ち手もCX-5はやや庶民臭いデザイン。

センターコンソールのデザインもCX-8の方が統一感があり、ピアノブラック塗装の部分も多く洗練されてる。CX-5のセンターコンソールはややチグハグ感があります。

CX-8の方が室内幅に余裕感がある

特に注目したいのがセンターコンソール。全幅はどっちも同じはずですが、何故かCX-8のセンターコンソールの方が少し大きめ

だから、フロントアームレストもCX5よりもCX-8の方がより大きめ。どっちもコンソールボックスは用意されてるものの、CX5より幅広な分だけCX-8はそれぞれ運転席と助手席側から別々に開けることが可能。

だからベースデザインは同じではあるものの、後から発売されただけあってCX-8の方が実は上質で使い勝手に優れてる。マツダの公式サイトでは「重厚感」と表現されていますが、まさに車格感を活かしたゆったり感がCX-5よりも味わえる内装。

他にも、二列目シートの足元空間もCX-8の方がやや余裕があると思います。何故ならCX-8は三列目シート分を差し引いても、CX-5よりも居住性の良さに割り振られてるから。CX-8の三列目シートもトヨタ・アクアの二列目以上の快適さが確保されてることからも明らか。

その分だけ荷室容量はCX-5がゴルフバックおよそ4個に対して、CX-8はゴルフバックがおよそ2個と見劣りする。それでも室内空間の広さや居住性の高さは、全体的にCX-8がやはり勝るでしょう。

ちなみに二列目シートの使い勝手は五分五分。CX-5が4:2:4分割可倒式シートに対して、CX-8は5:5分割可倒式シートと見劣り。ただ三列目シートへの移動も考えて、CX-8はリアシートが前後にロングスライド可能。逆にCX-5はシートは倒せるけれども固定されて動かせない。

走りや加速性能、運転のしやすさなど試乗比較

続いては走りなど試乗での評価を比較したいと思います。もしかしてCX-5とCX-8の搭載エンジンも同じなのか?もし同じだとしたら走りに違いは出て来る?

結論から書くと、どっちも甲乙は付けがたいと思います。例えばサスペンションはCX-5もCX-8も、前マクファーソンストラット式、後マルチリンク式とどっちも同じ。またエンジンも同じ2.2L直4ディーゼルターボを採用してる。

でも車重はCX-5が1600kg前後に対して、CX-8は1800kg前後と重い。どうしても全長が伸びて三列目シートを採用してるため、その分だけ重くなる計算。またCX-8は車格分だけ静粛性能も高められてることも影響か。

だから、そのマイナス分を補うようにエンジンスペックはCX8の方がややパワフルにアップチューンされております。なおかつCX-5よりも圧縮比も高め、燃焼のコントロールもより緻密に進化されているなど最新の改良エンジンを搭載。ただしCX-5も年次改良で同じエンジンを搭載するはず。

具体的にはCX5が最高出力129kW/4500rpm、最大トルク420Nm/2000rpmに対して、CX8は最高出力が140kW/4500rpm、最大トルクが450Nm/2000rpm。…とはいえ微々たるもんであり、車重差200kgのマイナスを補うほどではなさそう。

基本的に走りはCX-8の方が上質感がある

ただ強いて言えば、上質な走りではCX-8に軍配が上がる。

前述のようにサスペンションの形式は同じではあるものの、実はCX-8のサスペンションは北米専売のCX-9のものを採用し、更に専用にチューニング済み。そのため車格分だけのゆったり感があり、乗り心地はCX-5より勝る。

一方、逆に運転のしやすさはCX-5に軍配。やはりCX8は全長が長い分だけ、最小回転半径はCX5が5.5mに対してCX8は5.8mと不利に働く。Lクラスミニバン並みの全長はやはり人を選びそう。また加速感も車重差を考えれば、CX-5の方がスポーティーかも。

燃費性能についてはCX-5もCX-8も大差ないと思います。カタログ燃費はどっちもJC08モードで18km/Lに対して、WLTCモードでも16km/L前後とほぼ同じ。車重差を考えたら、実燃費だとCX-8がやや不利か。

ただ一回の給油における航続距離はCX-8に軍配。何故ならタンク容量がCX-5が56Lに対して、CX-8は72Lもあるから。CX-8に関しては軽油を満タンにすれば、ほぼほぼ一ヶ月近くは再給油しなくて良さそう。

全体的に一言でまとめるのはつらいですが、あくまで個人的な感想ですが街中で運転する分ではCX-8がCX5よりも勝る気がします。

コスパやお買い得度はどっちがおすすめ?

最後はCX8とCX5のコストパフォーマンスやお買い得の違いを比べてみましょう。冒頭でも触れた気がしますが、まずは両者の価格をざっくりチェック。

マツダ新型CX-8の価格が319万円~419万円。一方、新型CX-5(ディーゼル)の価格帯が280万円~350万円。CX-5のガソリンモデルは250万円からですが、ディーゼルモデルだけあってどっちもなかなかのお値段。

ただどっちも基本装備は充実してます。例えばGVC(Gベクタリングコントール)やLEDヘッドライト、オートホールド機能付き電動パーキングブレーキ、どっちもダークシルバー塗装のアルミホイールを標準装備。

エントリーグレードを除くパターンだとアダプティブLEDヘッドライト、上級グレードのみに標準装備されるパターンだとパワーリフトゲート(自動でハッチゲートを開閉する機能)などがあります。

でも主要装備を細かく見ていくと、CX-5とCX-8とでは違いも多いです。

価格は高いがCX-8の方が装備面は充実

例えば自動ブレーキのACC機能だとCX-8は全グレードで標準装備なのに対して、CX-5のエントリーグレードはACCが除外されております。逆にヒーテッドドアミラーはCX-5が全グレードで標準装備に対して、何故かCX-8はエントリーグレードにはない。

他にもCX-5は全車アドバンストキーレスエントリーシステムなのに対して、CX-8はエントリーグレードだけ電波式キーレスエントリーシステムを採用。ドアミラーのオート格納機能もCX-5は全グレードで使えるのに対して、CX-8のエントリーグレードだけオート格納できない。

何故かCX-8の装備が見劣りする部分もチラホラとありますが、ただ基本的にCX-8が全グレードで装備面が充実してます。

例えば、運転席助手席シートヒーターはCX-8はミドルグレードからに対して、CX-5は上級グレードのみ。ステアリングヒーターも同様。またセカンドシートヒーターはCX-8は上級グレードに標準装備されてるのに対して、CX-5は全グレードになし。

最近の新車には特にユーザーから求められる音響システムも、CX-5は全グレードで4スピーカーなのに対して、CX-8はエントリーグレードこそ4スピーカーでではあるもののミドルグレード以上は6スピーカーに充実。

両者の価格差は40~60万円ほどありますが、「三列目シート分の価格」が追加されただけと考えるとCX-8に割高感を感じてしまいますが、ここまで装備に差が出ると意外とそこまで気にならないと思います。

具体的には、CX-8の中級グレード(XD PROACTIVE)とCX-5の上級グレード(XD L Package)はほぼ同じぐらいの装備。価格はそれぞれ「CX-8 XD PROACTIVE」が353万円~377万円に対して、「CX-5 XD L Package」が329万円~352万円

わずか20万円程度の価格差に留まるため三列目シート分の上乗せ価格を考えたら、実はディーゼルモデルを買うなら実はCX-8の方がお買い得。

マツダ新型CX-8とCX-5の比較評価まとめ

以上、ドルジ露瓶尊による「マツダ新型CX-8とCX-5の比較記事」でした。

CX-5とパット見はそこまで違いはなく、CX-8は単に三列目シート化されただけかと思いきや、意外と装備面が充実してて面白い商品。たった(?)+数十万円追加するだけで、三列目シートの実用性以上のものも付いてくると考えたらCX-8はお買い得すぎる。

CX-5も乗り出し価格は300万円以上を超えるため決して安くないので、もしCX-5のディーゼルモデルを買うならCX-8も十分検討する価値有りですよ奥さん。どっちも同じマツダ車ですから、簡単にディーラーで乗り比べられると思うので是非試乗してみて下さい。

ちなみに面白い違いを最後に解説すると、実は福祉車両はCX-5のエントリーグレード「XD」にしか用意されてない。いやいや、室内が広いCX-8にこそ設定すべきやん!?と思ったのは内緒(笑)

他にもCX-5に関する車種比較記事には、「CX-5 vs ハリアー 徹底比較まとめ」なども執筆してるので良かったら御覧くださいませ。