【2018年2月】新型CX-5 年次改良まとめ【マツダ】

スポンサーリンク

マツダの人気車種と言えば、2017年初頭にフルモデルチェンジしたばかりの「CX-5」。価格は同クラスのSUVと比較すると若干割高感はあるものの、質感の高さやディーゼルの走破性の高さなどがウケてる模様。

ちなみに今回の「CX-5」より更に上級モデルに当たるのがCX-8。三列シートを兼ね備えたSUV。価格もCX-5から更に割高ではあるものの、質感は比例して更に極上。気になる方は「マツダ新型CX-8 試乗評価まとめ」の記事も読んでみて下さい。

…と若干話は横道にそれてしまいましたが、早くも今年2018年2月にマツダ・CX-5は年次改良(一部改良)を施す模様。そこであと数ヶ月以内に施される予定の新型CX-5の年次改良情報をまとめてみました。

もしCX-5の購入を考えてる方は参考にしてみて下さい。

静粛性の向上と装備面の充実

2018年2月に行われるマツダ・CX-5の年次改良をまとめると、主に二点。

まずはガソリンエンジンとディーゼルエンジンの静粛性向上

他のマツダ車では年次改良で「ナチュラル・サウンド・スムーザー」などが導入されたりしていましたが、また新たな技術が投入されるのかも知れません。静粛性という点では、CX-5のガラスの肉厚感が更に増したりもするのか。

そして360度アラウンドビューモニターが標準装備化されたグレードが新たに発売されます。JNCAPがテストしている予防安全性能アセスメントでは、後方への対応もテスト評価されているため、そういった対策も込められているのかも知れません。

あくまで年次改良のため、そこまで大々的にテコ入れが図られるわけではありません。ただCX-5の商品力はブラッシュアップされます。静粛性の向上は、CX-5の質感の高さを更に演出してくれるはず。

ちなみにCX-5と同様に高級ラグジュアリーSUVといえば、トヨタ・ハリアー。2018年2月まで待つような一部改良でもないため、いずれ近いうちに「CX-5 vs ハリアー 徹底比較まとめ」といった記事も作りたいと思います。