【2019年11月5日】ダイハツ新型ロッキー 最新情報まとめ【AセグメントSUV】

スズキ新型クロスビーやイグニスを筆頭に、最近はAセグメントサイズのSUVも人気。ただ超小型SUVの市場はスズキが握ってる印象。

(ベストカー6月26日号 講談社)

そのためダイハツも負けじと新型AセグメントSUV「ロッキー」を投入する模様。

そこで今回カーギークではダイハツ新型ロッキーの最新情報をまとめたいと思います。ちなみに車名はまだ確定しておらず、もし間違ってれば記事を削除して改めて再アップ予定。

ダイハツ新型ロッキーの発売日は11月5日か

まずは「発売時期」の最新情報。

結論から書くと、ダイハツ新型ロッキーの発表日は11月5日と予想されております。あくまで発表日に過ぎないので、同時に発売されるかは不明。それでも2019年内に発売される可能性が高い。

今年2019年は東京モーターショーが開催されるため、おそらくこのタイミングで新型ロッキーも出品されて正式発表されます。既に市販車に近い状態で海外のモーターショーに登場してるため、大きな目玉は「発売情報」になりそう。

そのため新型ロッキーは海外での販売も予定されており、ルーミーやタンクと同じようにトヨタにもOEM供給される見通し。トヨタのディーラーで販売できるからこそ莫大な投資も行えたのか。

だからダイハツはロッキーと仮定した場合、トヨタにはまた別の車名があてがわれるはず。

car-geek.com

ダイハツ新型ロッキーの搭載エンジンや主要諸元まとめ

最後は新型ロッキーの車体サイズや搭載エンジンなど「主要諸元」の最新情報をチェック。

まずダイハツ新型ロッキーの車体サイズを見ると、3980×1695×1600mm(全長×全幅×全高)と主要諸元を予想するのがベストカー。スズキ新型ジムニーシエラをライバルに設定しているとのこと。

car-geek.com

ただ全長や全幅を見る限り、サイズ感はAセグメントというよりもBセグメントに近そう。スズキのイグニスやクロスビーより一回りほど大きい。むしろ新型ロッキーの競合車はホンダ・ヴェゼルあたりか。

いや、それらの中間サイズだからこそ、新型ロッキーは新たな需要を掘り起こす可能性も。

○新型ロッキーの価格帯は200万円前後から?

(ベストカー6月26日号 講談社)

改めて新型ロッキーの外観デザインを見ておくと、ヘッドライトが横一文字で繋がったフロントマスクが印象的。どこかスズキ・イグニスと雰囲気は近く、台形型のエアインテークも特徴的。

一方、リア周りも横一文字でリアコンビランプが繋がるなど、新型ロッキーの外観は「ワイド感」が徹底して追求されてる雰囲気。マフラーやポジションランプ付近は変更されそうですが、ほぼこのままの状態で市販されるはず。

搭載エンジンは「1.0L直3ターボエンジン(+マイルドハイブリッド)」が設定されるのが有力。おそらくルーミーなどに搭載されてるものが流用され、ダイハツ次期タントなどに採用される「DNGAプラットフォーム」も応用されそう。

だからダイハツ新型ロッキーの走りはブイブイ加速感がありそう。室内もBセグメントカー並みに広いはずですので、実用性や乗り心地もAセグメントSUVを超えてくるか。

ただし、その分だけ新型ロッキーの価格は期待薄か。

何故なら、1.0L直3ターボが搭載されたルーミーのターボ搭載モデルの価格は180~200万円台だから。Aセグメントでこの価格ですから、新型ロッキーの価格帯は200万円前後とカーギークでは予想してみる。

少なくとも新型ロッキーの車体の大きさも考慮すると、スズキのAセグメントSUV並に安くなる可能性は低そう。

car-geek.com

フォローする