【2020年12月9日】トヨタ新型MIRAI フルモデルチェンジ最新情報まとめ!価格は1000万円超え?次期デザインはダサい?【ミライ発売日】

トヨタの水素燃料電池車(FCV)が「MIRAI(ミライ)」。ガソリン燃料ではなく、「水素燃料」で走行する初の市販車。ミライという車名からも分かるように、トヨタが「これから目指す未来」や方向性・意気込みが読み取れます。

ただし、現行ミライの発売は2014年12月と既に6年近くが経過しようとしてる。先進的なデビューを果たしたものの、もはやちょっとした隔世の感すらあります。

48b25ce412b221b64eddf8556e3b1e50 500x268

(トヨタ新型MIRAI フルモデルチェンジ最新画像)

そこで今回カーギークではトヨタ新型ミライ(MIRAI)のフルモデルチェンジ情報をまとめてみたいと思います。

発売日は2020年12月9日?

まずは「発売日」の最新情報。

トヨタ新型MIRAIの正式発表日は2020年12月9日になります。他社は実際の発売日が少し遅れることも多いんですが、最近のトヨタ自動車は発表と発売日は同じ傾向にある。つまり、新型MIRAIのフルモデルチェンジも12月9日ということ。

2019年の東京モーターショーでお披露目されていますが、数ヶ月ほど前から日本国内では、新型MIRAIの仮ナンバー付きのテストカーの目撃情報がネットなどでも確認されている模様。少なくとも、正式な発売日が2021年をまたぐことはないはず。

当初は2020年夏開催の東京オリンピックに発売日を合わせるとも言われていましたが、ご存知のように某ウイルスの影響もあって(以下略。

car-geek.com

新型MIRAIは「FR駆動」に進化!

続いては「駆動方式」の最新情報。

トヨタ新型MIRAIは今回のフルモデルチェンジで「FR駆動」に進化します。かねてからマガジンXなどが報じていたフルモデルチェンジ情報通りの結果でした。

現行ミライのベース車両はFF車のレクサス・HS(販売終了)だったため、電気モーターは前輪部分に配置されておりました。でもフルモデルチェンジ後はトヨタ・クラウンレクサス・LSに採用されてる「TNGA-Lプラットフォーム」が次期ミライに流用されます。

例えば、FR駆動化に伴って電気モーターの位置が前輪から後輪に移され、FCスタック(燃料電池)はフロントシート下からノーズ部分に移されてる。そのことで現行MIRAIで感じた腰高感がフルモデルチェンジで解消されると見られてます。

car-geek.com

○フルモデルチェンジ後は「室内の広さ」も拡大する?

そこで「主要諸元」を確認したいと思います。

トヨタ新型MIRAIの車体サイズは4975×1885×1470mm(全長×全幅×全高)。ホイールベースは2920mm。先代MIRAIと比較すると、全長が+85mm。全幅が+70mm。全高が-65mm。HBは+140mmほどらしい。

だからフルモデルチェンジ後は更に車体サイズが拡大する一方、全高が引き下がることで「クーペライクなフォルム感」が強く体現されてることが改めて分かります。実際、前述のように新型MIRAIのパッケージングは大きく変貌してます。

ただ室内空間がそのぶん広がったわけではない。乗車定員は4人乗りのままか。その代わり、水素燃料タンクを2本から3本に増やすそう。新しい一本をリアシート下に縦置きに配置し、タンク容量の合計は142.2Lと大幅に増加してる点が特徴。

でも結果的に、トヨタ新型MIRAIの航続距離は先代モデルと比べて+30%ほど伸びているそう。だから室内の実用性よりも、「日常の足車としての実用性」を向上させている感じか。

car-geek.com

新型MIRAIの「次期デザイン」はダサい?

続いては「次期デザイン」の最新情報。

48b25ce412b221b64eddf8556e3b1e50 500x268

(トヨタ新型MIRAI フロントマスク画像)

トヨタ新型MIRAIのフロントマスクがこちら。現行ミライの特徴的だった左右の巨大なエアインテークなどは消滅するなど、フルモデルチェンジ後はガラッとデザインが刷新されてることが分かります。

一方、フロント部分にはトヨタ車に多い台形のエアインテークが採用。ヘッドライトもヴェルファイアなどのような「二段式」に変更され、ターンシグナルランプ(方向指示器)が分割されてます。流れて光るシーケンシャルターンランプが採用されないっぽい?

8fe2816fbf02b04b2852aede27f461b3 500x280

(ベストカー9月10日号 講談社)

例えば、ベストカーの予想画像などは結果的にほぼピッタリでした。サイドのプレスラインは設けられずに凹凸感は薄く、新型ミライの外観は全体的にあっさりシンプルに仕上がる模様。

9fabf7e787680c3c215382bd15f4faf3 500x237

(テスラ・モデルS)

トヨタ車はダサいとも言われたりもしますが、新型MIRAIの全体的な雰囲気は「テスラの電気自動車・モデルSに見える」と表現していたマガジンXの最新情報もピッタリだった形。ただテスラ車やのっぺりした車がダサいと思う人には、新型ミライのデザインはダサく映るかも知れない。

car-geek.com

○カッコ良すぎて官公庁に新型MIRAIは売れる?

2dc3c8053e9d9d517a0de38a330034c5 500x227

(トヨタ新型MIRAI リア画像)

一方、新型MIRAIのリア周りは6ライトウィンドウを採用し、トヨタ・クラウンといったファストバックスタイルを彷彿とさせます。非常に大きいリアクォーターウィンドウを採用することで、更に全体のフォルムを伸びやかに見せる演出が施されてる。

また後ろ下がりになめらかに傾斜するルーフも官能的。横長の一直線のコンビネーションランプは最近のレクサス車を彷彿。20インチの大径ホイールデザインもバチバチにパンチが効いてる。

新型クラウンのFR用TNGAプラットフォームを採用したことで、新型MIRAIは重心が低いラグジュアリーセダンに仕上がりそうな雰囲気です。顔付きはやや好みが分かれそうですが、少なくとも全体のフォルムはダサくはないでしょう。

ただトヨタ現行ミライのユーザーの多くは「法人需要」で占められてる。ここまで外観デザインを流麗に仕上げてしまうと官公庁の送迎車などで使用する場合、一部市民から反感を買わないか心配。実際、官公庁が購入したトヨタ・センチュリーにゴチャゴチャ言ってくるヤツもいますしね。

そこらへんは良くも悪くも「脱公用車」を目指したデザインなのかも知れない。

car-geek.com

新型ミライの内装インテリアはどうなる?

続いては「内装デザイン」の最新情報。

ace57da074b84b09479e259da7fc5d92 500x295

(トヨタ新型MIRAI 内装デザイン)

新型ミライの内装はかなり質感が高そうです。中央部には12.3インチの液晶モニターが設置され、全体の雰囲気はドライバーを包み込むようなデザインに仕上がってます。

ただダサくありませんが、現行ミライの内装と比べるとあまり大胆に変化した感じは少ない。例えば、ホンダ新型Honda eといった今後発売予定の電気自動車と比べると、液晶ディスプレイといったモニター類が少なめ。

メルセデスベンツの電気自動車・EQシリーズと比べても、新型MIRAIの内装は「デジタルコクピット感」は物足りないか。まだ300万円台400万円台で購入できるメルセデスベンツ新型Aクラスの方がデジタルコクピット感は強いかも。

燃料電池自動車(FCV)はBEVのジャンル。数年前にデジタルインナーミラーを採用したレクサス新型ESなどと比べると、新型ミライの内装は「先進性」に乏しいのが残念。そこは官公庁などのお客も意識してたのか。

car-geek.com

新型MIRAIの価格は1000万円を超える?

最後は「グレード構成」と「価格・値段」の最新情報。

まずトヨタ新型MIRAIのグレード構成は「G」「G Aパッケージ」「G エグゼクティブパッケージ」と「Z」「Z エグゼクティブパッケージ」の合計5種類になりそう。先代MIRAIは単グレードだったことを踏まえると、トヨタの販売の力の入れようも見て取れます。

各々の主な装備を見ていくと、「G」には1眼式バイビームLEDヘッドライト、ドライバー異常時停車支援システム、AC100V・1500Wコンセントなどが標準装備されます。

アルミホイールやトヨタセーフティセンス、ブラインドスポット警告、nanoeエアコン、12.3インチTコネクトナビ、前席シートヒーターなどは全グレードに標準装備されるため、エントリーグレードであっても装備面は充実してることが分かります。

「G Aパッケージ」はクローム塗装アルミホイール、電子ルームミラーなどが追加。「G エグゼクティブパッケージ」は後席シートヒーターやリア中央アームレスト加飾、助手席可倒式ヘッドレストなどが追加。Aは外観面、エグゼクティブは内装面の装備が多そう。

どっちのパッケージもパノラミックビューカメラ、リアクロストラフィック自動ブレーキ、アドバンスドパーキングなどはGから共通して追加。

car-geek.com

○Zの価格は1000万円を超える?

上級グレードの「Z」はGから2眼式バイビームLEDヘッドライト、クローム塗装アルミホイール、リアクロストラフィック自動ブレーキ、電子ルームミラー、本革シート、後席シートヒーター、2メモリー式前席パワーシート、おくだけ充電などが追加。

Zは「G パッケージ」と「Gエグゼクティブ」を合算したようなグレードっぽい。「Zエグゼクティブ」は更に可倒式助手席ヘッドレストが加わるようですが、トヨタ新型MIRAIのグレード展開は2グレードと言っても良さそう。

一方、新型MIRAIお値段はどうなるのか?先代MIRAIの価格は740万円だけだったんですが、エントリーグレードがここまで装備が充実してると、おそらく「G」の価格も同様に「最低でも750万円前後」と予想できそう。値上がりすることは確実でしょう。

やはりシャシーが全面刷新されたり、水素タンクの数を増加させたり、新型MIRAIの乗り出し価格は800万円前後まで値上がりしてても不思議じゃない。そう考えると、上級グレード「Zエグゼクティブ」の値段は900万円1000万円に迫るかも知れない。

とはいえ内装の質感などを考えると、引き続き「手頃な価格で買えるFCV」の立ち位置は堅持されるか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました