【販売終了】日産新型エルグランド フルモデルチェンジ最新情報まとめ【次期モデルは本当に発売される?】

日産のミニバン車といえば、今では誰もが新型セレナを思い浮かべると思います。

でも、日産車にはセレナよりも上位モデルの高級ミニバン車が「エルグランド」。エルグランドはミニバンでも珍しく走りに特化しており、ライバルにはホンダ・オデッセイやトヨタ・エスティマなどが挙げられると思います。

ただし、トヨタの新型アルファードはマイナーチェンジを行うなど、他社は割とテコ入れを行ってる印象。トヨタ新型ハイエースもフルモデルチェンジで高級ミニバン風の乗用モデルも発売するなど、日産エルグランドが後塵を拝してる感も。

b46fd7af5c722d10146569d322f51a34 500x288

(ベストカー 講談社)

そこで今回カーギークでは「日産新型エルグランドの最新フルモデルチェンジ情報」を徹底的に解説したいと思います。自動車雑誌などでは次期エルグランドの情報は流れては消えてますが、果たして本当にフルモデルチェンジするのか?

car-geek.com

新型エルグランドはフルモデルチェンジされない公算が高い?

まずは「発売日」の最新情報。日産新型エルグランドはいつフルモデルチェンジするのか?

ただ結論から書くと、日産新型エルグランドはフルモデルチェンジしない可能性が高そうです。ベストカーなどによると「日産新型エルグランドの開発は進んでいない」とのこと。

実は、冒頭画像の新型エルグランドの「次期予想デザイン」にしても2017年以前の願望込みの情報。2019年以降は次期エルグランドの情報を報じる自動車雑誌はほぼ存在せず、未だにめぼしいリーク情報がないことが伺えます。

2018年にマイナーチェンジした日産キューブも2020年に販売終了を予定してる。今後は同じく販売台数がふるわないエルグランドなどに限らず、日産のラインナップの統廃合が進んでいく可能性が高そうです。

car-geek.com

エルグランドに限らず、フルモデルチェンジする車種が少ない日産車

考えてみると、日産車はそもそもフルモデルチェンジされてない。

エルグランドは2010年に発売。これとほぼ同時期に登場したのが日産・セレナ。一応、2016年にフルモデルチェンジしたもののは、プラットフォームなどシャシーは先代モデルのものが流用されてた。

日産新型ジュークといったコンパクトカーはルノーとシャシーが共用されるものの、ミニバン車は日本以外で基本的に発売されない。ルノー車のラインナップを見ても、カングーかトラフィックだけ。それらもどちらかというと商用車。

ベストカーなどが指摘するように、新型エルグランドの開発が進んでないという情報も納得。

しかも、新型ジュークも海外では既に発売してるものの、何故か日本国内での販売が大幅に遅れてる。そもそも国内では新型ジュークはフルモデルチェンジしない可能性も指摘されるなど、日産は「日本市場はほぼ放置してる状態」とも言えます。

次期GT-Rもフルモデルチェンジしないと言われ、新型フェアレディZのフルモデルチェンジ情報も結果的にマイナーチェンジ止まりという噂も。販売台数が芳しくないエルグランドの次期モデルが販売されなかったとしても、ある意味当然の話なのか。

car-geek.com

エルグランドのような高級ミニバン車は利幅が大きい

でも日本市場だと「ミニバン需要」は未だに旺盛。ましてやエルグランドのような「高級ミニバン車」は利幅が大きいはず。キューブのようなコンパクトカーと違って、エルグランドを簡単に失うのはもったいない。

トヨタのようにミニバンが何車種もラインナップしてるならいざ知らず、日産はセレナとエルグランドのみ。むしろ日産のミニバンジャンルは拡充していく余地しかないようにも思えます。

もちろんカルロス・ゴーンが逮捕されたとはいえ、自動車業界ではルノーに多くの株式を握られてるため、日産自動車の立場が弱いまま。日本国内のみで人気のミニバン市場で何かを新たに開発するだけの主導権もないのでしょう。

それでも現在日産は三菱自動車を傘下に収めてる。結果的にビッグマイナーチェンジに留まりましたが、既にエルグランドと同様にスポーティーさを売りにした三菱新型デリカD5とシャシーを共用する余地は十分ある。

だから現状めぼしいフルモデルチェンジ情報は存在しないものの、次期エルグランドをEV化するなど可能性は期待できるのではないか。

car-geek.com

コメント

  1. 野口進 より:

    エルグランドは燃費が悪い燃費大幅に伸ばしてなおかつ馬力あがれば俺は買うでしょ

タイトルとURLをコピーしました