【最新情報】日産新型エルグランド フルモデルチェンジまとめ【本当に次期モデルは発売される?】

日産のミニバン車と言えば、誰もが今ではセレナを思い浮かべると思います。

この更に上位モデルにあたるミニバンが「エルグランド」。エルグランドは走りに特化したミニバン。ライバルにはホンダ・オデッセイやトヨタ・エスティマなどが挙げられると思いいます。

この新型オデッセイ新型エスティマは数年以内にフルモデルチェンジすると言われてる。他にもトヨタの新型アルファードなどはつい先日マイナーチェンジを行ったばかり。高級ミニバン車市場において、日産エルグランドだけが後塵を拝してる感は否めません。

そこで今回カーギークでは、そんな誰もが気になるであろう日産新型エルグランドの最新フルモデルチェンジ情報をまとめたいと思います。もしエルグランドの購入を考えてる方は参考にして下さい。

次期エルグランドはフルモデルチェンジされない公算

ただ初っ端から残念なお知らせ。

実は地味にフルモデルチェンジに定評があるベストカーによると、次期エルグランドの開発は進んでいないとのこと。つまり新型エルグランドはフルモデルチェンジしない可能性が高いらしいです。

他にも日産GT-Rもフルモデルチェンジしないとも言われてる。そのため今後エルグランドなどに限らず、日産のラインナップの統廃合が進んでいく可能性が高そうです。実際、今年2018年にマイナーチェンジ予定の日産キューブもいずれ販売終了する可能性が高いと言われております。

何故なら、日産のコンパクトカーは「ノート」と今年フルモデルチェンジ予定の「ジューク」、「マイクラ(海外版マーチ)」の三車種に絞ると公言していたから(多分)。エルグランドがフルモデルチェンジしないという選択肢も、その延長線上にあるのかも知れない。

○エルグランドのようなミニバン車は海外では販売されない

エルグランドとほぼ同時期に2010年に発売された日産・セレナが、ようやく2016年にフルモデルチェンジしたばかり。人気ミニバンですらテコ入れするのが非常に遅いのが、今の日産自動車の姿。

理由はシンプル。

何故ならミニバン車は日本以外で基本的に発売されてないため、プラットフォームの開発を単独で進めるのが難しい背景があるから。実際フルモデルチェンジした新型セレナも、プラットフォームは先代モデルのを引き続き採用しております。

更に販売台数が少ないエルグランドのフルモデルチェンジそのものがお流れになったとしてもむべなるかな、という話。もし仮にエルグランドがフルモデルチェンジするとしても、相当先の話になると思います。

エルグランドと同様にスポーティーさを売りにした三菱新型デリカD5はフルモデルチェンジすると言われている中、残念ではあるもののこれが「冷酷無比なゴーンイズム」というヤツです。