【2020】ジープ新型グランドチェロキー フルモデルチェンジ最新情報まとめ【発売日】

最近は日本でも輸入車が人気。その中でも「SUV」のジャンルは国産車と同様に人気。だからアメリカ車は不人気と言われる中、実はここ最近のジープの販売台数は好調の一途。

例えば、2019年6月のジープの販売台数は1803台。ボルボが1950台、アウディが2450台だったことを考えると、ジープはむしろ輸入車ブランドでも売れてる部類に入ります。

このジープの最上位モデルが「グランドチェロキー」。グラチェロという通称で呼ばれることもある、全長4.8Mを超え、全幅も2.0Mに迫る割とラージサイズのSUV。

ただし、現行モデルの発売は2010年(日本発売は2011年)と割と古い。やはりグランドチェロキーは最上位モデルだけあって内外装の古さは致命的。

(autoevolution.com)

そこで今回カーギークではジープ新型グランドチェロキーのフルモデルチェンジ最新情報を徹底的にまとめてみようと思います。

car-geek.com

【最新】新型グランドチェロキーの発売日は2021年半ばか?

まずは「発売日」の最新情報をチェック。ジープ新型グランドチェロキーはいつフルモデルチェンジするのか?

結論から書きますと、新型グランドチェロキーの発売日は2020年後半と見られております。2020年11月のロサンゼルスモーターショーで次期モデルが出品される、と報じるのはマガジンXの最新情報。

実は2014年頃に「2017年にフルモデルチェンジする」とジープは公式で発表してたんですが、自動車業界は移り変わりが激しいこともあってか新型グランドチェロキーの開発は遅れていた模様。

そのため新型グランドチェロキーのモデル周期は約10年。

car-geek.com

○日本国内でのフルモデルチェンジは海外より遅れるはず

ただし、あくまで海外での話。

現行グランドチェロキーの日本で発売されたのは、海外のフルモデルチェンジから約1年遅れだったはず。今回の新型グランドチェロキーも同様に、海外での発売から半年以上は最低でも遅れると考えられます。

だから日本国内で実際にフルモデルチェンジするタイミングを予想するとしたら、新型グランドチェロキーの発売日は「およそ2021年初夏頃」とカーギークでは見た。

car-geek.com

【最新情報】新型グランドチェロキーの「次期デザイン」はどうなる?

続いては「デザイン」の最新情報。フルモデルチェンジ後はキープコンセプトなのか?

(autoevolution.com)

結論から書くと、新型グランドチェロキーは次期モデルもおそらくキープコンセプトになるだろうと推察されます。独特の7分割スロットグリルや立ち気味のピラーやガラス形状も、フルモデルチェンジ後もほぼ変わらず。

今後はチェロキーといったジープの下位モデルも、新型グランドチェロキーのデザインに寄せていく模様。ジープのブランド力を高める一環だと思いますが、次期グランドチェロキーの力強いスタイリングは踏襲されます。

ただし、リアオーバーハングなどが現行グランドチェロキーと比べると長く仕上がってるなど、フルモデルチェンジ後は荷室や室内サイズが拡大する可能性も大。それに応じて車体サイズもやや拡大か。

car-geek.com

次期グランドチェロキーはプラットフォームも刷新

だから新型グランドチェロキーは「次期プラットフォーム」に刷新される可能性が高い。

実は自動車業界の関係図は色々と複雑なんですが、ダイムラークライスラー時代に開発が始まった関係で、実は現行グランドチェロキーはメルセデスベンツ・Mクラスがベース車として使用されてる。

でも、今回のフルモデルチェンジで「アルファロメオ新型ステルヴィオ」と同じシャシーが採用されると見られてます。

実は、ジープもアルファロメオも同じFCAのブランド。アルファロメオ・ステルヴィオはグランドチェロキーより車体サイズは少し小さいものの、元々は後輪駆動や4WDなど幅広い車種に対応したプラットフォーム。

ステルヴィオは2018年発売と基本設計も随分と新しく、新型グランドチェロキーは引き続き4WD駆動が採用されます。サスペンションなど足回りもグランドチェロキーと共用される可能性が高いと思いますが、足回りはオフロード仕様にチューンナップされそう。

それでも新型グランドチェロキーも同様に乗り心地も期待できそうか。

car-geek.com

フルモデルチェンジ後の搭載エンジンはどうなる?

一方、「搭載エンジン」の最新情報。フルモデルチェンジ後のパワートレインはどうなるのか?アルファロメオに合わせて新型グランドチェロキーはダウンサイジングされるなんてことも?

結論から書くと、新型グランドチェロキーは「HEMI V8エンジン」が引き続き搭載されそう。排気量は不明ですが、日本仕様の現行グランドチェロキーには6.4Lが搭載済み。また3.6L V6エンジンも同様に引き続き搭載か。

だからシャシーは流用されるものの、アルファロメオ新型ステルヴィオに搭載されてる2.0L直4ターボ(ガソリン&ディーゼル)が新型グランドチェロキーにそのまま移植される可能性は低そう。

既に現行グラチェロには追従クルーズコントロールなどが標準装備されてますが、新型グランドチェロキーでは更にカメラの性能が高められることで精度も応じて高まるはず。

現行グランドチェロキーは500~700万円と割とお手頃な値段で購入可能なんですが、そこまでフルモデルチェンジ後は割高にならないでしょう。現行グラチェロも十分商品力は高いので、モデルチェンジ前の購入も十分有りです。

car-geek.com

フォローする