【マツダ】CX-3が「CX-20」に改名される謎

マツダの人気コンパクトSUVが「CX-3」。ただ最近はマツダ新型CX-30なる謎のモデルが発売されるなど、なんだかよく分からない感じになってるマツダ。

でも実はCX-30の発売には大きな意味があった。

d8e17adac7bad15fd27d95177c3eab89 500x252

新型車情報に定評があるマガジンXによると、どうやらマツダはCX-3を「CX-20」に改名する予定。それがフルモデルチェンジ時になるかどうかは不明ですが、他の車種も続々と数字が2桁に改名されそう。

最初聞いたときは眉唾情報かと思いきや、CX-3が「CX-20」に改名されるに至る経緯を考えるとどうやら意外と確度が高そうな情報。

car-geek.com

CX-8はCX-80、CX-5はCX-50に改名か

だからCX-3だけではなく、他にもCX-8は「CX-80」に、CX-5は「CX-50」に改名される公算が高い。中国専売車のCX-40なども同様に「CX-40」に改名予定。

そのためCX-80は「シーエックスエイティ」、CX-50は「シーエックスフィフティ」と呼び方も変わりそう。

確かにマツダ新型アクセラはフルモデルチェンジを機に「MAZDA3」に改名されました。おそらく次期デミオ次期ロードスターもフルモデルチェンジを境に改名されるのでしょう。

そのためアルファベットと数字の車名が乱立して煩雑化してしまう。でも「SUVは2桁数字」と定義付けることで、マツダ車のラインナップの分かりやすさが増すことは間違いない。

だから、アクセラがMAZDA3に車名変更した事実なども合わせると、これはまだまだ先の話などではなく、意外と2年後3年後の早い段階でCX-3はCX-20などに改名されるのではないかとカーギークでは予想してみる。

car-geek.com

car-geek.com

フォローする