【スズキ】スイフトスポーツエボリューションの正体がヤバすぎたwww【発売時期・価格etc】

スズキ新型スイフトスポーツは人気。

2017年9月にフルモデルチェンジして以来、月販1000台以上を売り上げてる。ノーマルのスイフトの販売台数が月販2000台前後なので、いかにスイスポが売れてるか分かるはず。

新型スイフトスポーツは200万円を切る価格帯にも関わらず、ホンダ・シビックなどと比べても遜色がないほど走りが軽快かつ楽しい。ハイオク仕様という点も許容範囲内。

car-geek.com

でも、スズキ新型スイフトスポーツはトルクフルなターボエンジンと比べると、車体剛性や足回りに不満感が残るという感想も。元々の車両価格が安いからこそ、新型スイフトスポーツに「刺激的なグレード」が欲しくなる。

スイフトスポーツのハイチューンモデルが「エボリューション」か?

そこで新型スイフトスポーツから「新たに投入されようとしているハイチューンモデルが存在する」と報道するのがベストカー。

(ベストカー11月10日号 講談社)

その名も「スイフトスポーツエボリューション」。

車名についてはまだ不透明な部分は多いものの、確かにノーマルモデルも含めてスイフトスポーツの見た目はやや薄味。そこを強化してくる意味でも、さらなるスポーティーグレードの投入は全然あり。

例えば、既にトルクフルな1.4Lターボエンジンが更に改良されて、最高出力が180PS、最大トルク25.5kgmに進化。現行スイフトスポーツと比べると、+40PS、+2.1kgm。

元々トルクはかなり充実してたものの、スイフトスポーツエボリューションは馬力がエグいことになってる。シビックの1.5Lターボ並。当然、スイスポエボリューションでも車重は1000kg台前半に収まるでしょうから、その相乗効果たるや…って話。

そして、スイフトスポーツの弱点だった剛性感やサスペンションなど足回りも専用チューニングされる予定。トーションビームからマルチリンク式あたりに変更してくるか。

car-geek.com

既にカーギークではスイフトスポーツと色んな車種を比較済みですが、スイスポエボリューションは非常に楽しみ。鋭い加速感に鋭いフットワークが更に強化されれば、スイフトのブランド力全体も高まりそう。

エボリューションの価格は300万円超え?発売時期は2019年10月?

じゃあ、この新型スイフトスポーツエボリューションはいつ発売されるのか?

ベストカー情報によると、スイスポエボリューションの発売時期は2019年10月頃とのこと。安倍政権が消費増税を行うタイミング。スイスポのジャンルを考えたら、そこまで増税の影響は少ないか。

でも専用パーツが多く採用されることで、スイスポエボリューションの価格は300万円程度と予想するのがベストカー。

ただし、スイフトスポーツの車両価格はもともと200万円以下。いくら足回りや車体剛性を高めたところで、搭載エンジンなどは1.4Lターボのまま。

いくらなんでも+100万円程度もいきなり割高になるとは考えにくい。そのためカーギークでは新型スイフトスポーツエボリューションの価格は240~260万円程度と予想してみる。この価格帯だとシビックあたりとますます競合できそう。

フォローする