【自動車】ハンドルは太い方が運転しやすいの?【ステアリングホイール・グリップ径etc】

スポンサーリンク

ドライバーが自動車の中で一番身近なカーパーツといえば、やはりハンドル(ステアリング)。自動車を操作するためには常に握らざるを得ない。さすがに自転車のように手放し運転する人は世の中には存在しないでしょう。

ただ色んなクルマを乗ってみると分かりますが、ハンドル(ステアリング)の握る部分は細かったり太かったり車種によって結構違ってきます。軽自動車だとハンドルは太く、高級車やスポーツカーだとハンドルが太いイメージ。

そこで今回はハンドルやステアリングが太いと運転しやすいのか?などを解説したいと思います。

ハンドル・ステアリングの基本情報まとめ

まずハンドルやステアリングの基礎知識を簡単におさらいしておきたいと思います。

市販車に装着されている一般的なハンドル・ステアリングの大きさはφ370~400mmと言われています。φ(ふぁい)は直径を表す単語らしい。

つまりハンドルの大きさは大体40cm前後になるため、およそ大人の肩幅と同じぐらいのサイズ。やはり腕を広げすぎず狭めすぎずぐらいのハンドルが、ちょうど疲れない絶妙なサイズ感なんだと思います。

(日産セレナ D型ステアリングホイール)

ただ法律的にはφ350mm以下のハンドルやステアリングでも車検には通るらしい。どうやら昔の法規制はやたらと厳しかったらしく、最近流行りの「D型ステアリングホイール」と呼ばれるようなデザイン(画像参照)も昔は車検には通らなかったとのこと。

でも今現在では多少は融通が効くようになり、最近は「操作フィーリング」にさえ支障が出なければどういったハンドルやステアリングでも問題ないらしい。

自動車教習所などで習ったと思いますが、ハンドルやステアリングのおすすめの握り方は「そっと優しく手の平を添える」だけ。ハンドルは肩肘を張らず、力を入れて握りすぎない。軽い力で握って、ハンドルを動かさない時は手を乗せておくぐらいでいい。

また最近の新車のハンドルやステアリングには様々な機能が搭載されています。走行モードを変えたりボタン一つで色んな機能を使える。中でもエアバッグが標準搭載されてることが大きい。

そのため社外品のハンドルやステアリングに付け替えると、肝心のエアバッグ機能が失われる可能性が高い。それだけ最近のクルマが安全になった裏返しですが、当然エアバッグ機能ががないと自動車保険料が割高になったり、正確に申告して契約しておかないと保険金が後でもらえないこともあるので注意が必要です。

じゃあハンドルをグリップする部分の太さで運転に影響してくるのか?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする