【2018】ジープ新型コンパス 試乗インプレッションまとめ【評価・長所・短所etc】

スポンサーリンク

最近はもっぱらSUVと呼ばれるジャンルの新車が人気。クルマ好きじゃなくても、パッと思いつく最たるブランドが「ジープ」。

このジープから最近2017年12月2日にフルモデルチェンジした車種と言えば、新型コンパス。先代コンパスは2006年に発売されたため11年ぶりの大幅テコ入れ。ちなみに日本市場でも海外と同じタイミングでフルモデルチェンジしたこともあって、ジープの力の入れようが見て取れます。

そこで今回はジープ新型コンパスの試乗インプレッションをまとめたいと思います。最近フルモデルチェンジしたばかりということで、既に先立って試乗していた自動車雑誌から感想や評価を集めてみました。購入時の参考にして下さい。

ジープ新型コンパスの内外装をチェック!

まずはジープ新型コンパスの基本情報をおさらいしたいと思います。

ジープ新型コンパスの車体サイズは4400×1810×1640mm(全長×全幅×全高)。ホイールベースは2635mm。日本車で例えると、トヨタ・C-HRやホンダ・ヴェゼルと日産・エクストレイルの中間ぐらいサイズ感。コンパクトSUVとカテゴライズするのはやや苦しいかもですが、新型コンパスは「CセグメントSUV」のジャンルで捉えるといいでしょう。

(左・グランドチェロキー 右・新型コンパス)

そこでジープの最上位モデル・グランドチェロキーを比較した画像を見ると、新型コンパスはグランドチェロキーにデザインを寄せていったことが分かります。新型コンパスはツートンカラーも用意するなど、今回のフルモデルチェンジでデザインの質感が上がったとも言えます。

ちなみにジープは今後チェロキーなどもフルモデルチェンジを機に、最上位のグランドチェロキーにデザインを統一していく予定らしい。

またジープ・レネゲードと比べると全高は50mmほど低く、全長は145mmほど長い。それだけ新型コンパスの方が全体的なフォルムは若干クーペ的ですらあります。さながらランドローバー車を彷彿とさせる近未来感もほのかに漂うのも、きっと気のせいじゃない。

一方で、コンパクトSUVの中ではほとんど見られないスクエア型のホイールアーチジープなど、きっとオフロード車好きにはたまらない要素も取り込んでる。数年前にレネゲードを発売して話題を集めましたが、この新型コンパスも意外となかなかの伏兵。

ジープ新型コンパス 内装インパネ

新型コンパスの内装インパネを見ると、こんな感じ。価格帯が300万円台のため質感がめちゃくちゃ高いかと問われると微妙ですが、割りと今時っぽいスタイリッシュな内装。シルバーの加飾トリムなど、若者でも問題なく乗れるポップな雰囲気はします。

「古いアメ車」から抱くイメージとは、良い意味でかけ離れてるのではないか。確かにプレミアム感があるっちゃあります。ちなみに日本向けの新型コンパスはインドで生産されてるんですが、そこの労働者は若者が多いこともあってか初期品質は他の国の工場より高かったらしい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする