【評判】ホンダ新型N-VAN 試乗徹底レビューまとめ【口コミ・評価・感想etc】

2018年7月に発売されたホンダの軽自動車が「N-VAN(エヌバン)」。N-BOXに代表されるNシリーズの最新第5段にあたる新型車。いわゆる軽商用車にあたるジャンルなんですが、想像以上に大ヒットとのこと。

そこで今回カーギークでは遅ればせながら、ホンダ新型N-VANの試乗インプレッションを徹底的にレビューしてみました。4ナンバー車ということで税金が安く、新型N-VANは乗用車ライクにも幅広く使えるらしい。

仕事用目的以外でも新型N-VANの購入を考えてる方は、是非今回の試乗レビューを参考に読んでみてください。

【試乗】新型N-VANの内外装を評価してみる

まずはホンダ新型N-VANの内外装を評価していこうと思います。

最初は新型N-VANの外観エクステリア。やはりベース車両がNBOXだけあって見た目もそっくり。さながら先代NBOX風。クルマに詳しくない人が見れば、N-VANとN-BOXの見分けがつかないかも。

また運転席・助手席側のドアの持ち手部分が上からでも掴めるようになっており、新型N-VANはいかにも軽商用車らしい安っぽさは少ない印象。あとは地味に新型N-VAN特有のサイドのプレスラインが彫り込まれるといった演出も。

プレイボーイの試乗レビューでは「機能美」などと新型N-VANのスタイリングを評価。

そのため新型N-VANは「働く車」として売り出されていますが、良くも悪くもデザイン的には「従来の軽商用車感」は薄いです。だから先代バモスと比べると、新型N-VANは乗用車代わりとして購入しやすそう。

ただ新型N-VANは全高が1945mmってことからも分かるように、非常にルーフ部分がモッコリしております。だからデザイン的にはややブサイクか。ちなみに乗用車向け「+STYLE FAN」などはロールーフ仕様なんですが、それでも全高は1850mmと非常に背高。

○新型N-VANの内装インパネはN-BOX並?

一方、ホンダ新型N-VANの中身も軽商用車としては上質か。

例えば、新型N-VANの内装インパネ周りをチェックすると、意外とN-BOXと変わらない部分も。あくまで軽商用車なので装備などはそれなりに削られているものの、新型N-VANのインパネは液晶パネルを採用するなど他の軽商用車と比べると随分質感は高い。

新型N-VANの内装は軽商用車としては決して質感は悪くなく、まさに内装面こそ「これぞ機能美」といった所。

ただ新型N-VANを横からチェックしてみると、シートの厚みは非常に薄くてペラペラ。特に後部座席はNBOXと比べてもシートサイズなども明らかに小さく、前後にスライドできないので足元空間はこれ以上は広がらない。

だからハッキリ言うと、室内空間こそ広いもののN-VANの後席空間は狭いと断言して良さそう。もちろん軽商用車として使う場合、後席を使い倒すイメージはないので基本的に問題ないと思いますが、ここらへんは割り切らなければいけない部分。

プレイボーイの試乗記事では「リア2席は完璧エマージェンシー用」との評価もうなずけます。実際に新型N-VANを試乗したら分かりますが、本当に見た目通りの補助シート的な乗り心地。

ただ全車標準装備のホンダセンシングを操作するステアリングスイッチが搭載されていたり、収納スペースの多さもN-BOX譲りで、そこらへんの軽乗用車よりも新型N-VANの内装は充実しております。

シート表皮の触り心地も決して悪くなく、新型N-VANの内装は軽商用車としてはやはり上質な部類に入ります。そのため新型N-VANは価格帯なども考慮すれば、まずまず質感が高い内装には仕上がってるのかも。

【評価】新型N-VANの積載量は商用車的にどうなん?

じゃあ、軽商用車として新型N-VANは使えるのか?要するにどれだけ積載能力があるのか気になる所。

結論から書くと、ホンダ新型N-VANはダンボール箱は71個分、ビールケースは40個分が積載可能。ただし、あくまで公称。実際に新型N-VANに積み込めるダンボール箱はもっと減って50個前後が妥当か。

じゃあ、このダンボール箱の数が多いかというと、実は少ない。

何故なら新型N-VANはFF車になったことで、他のMR車の軽商用車と比べると荷室空間が狭くなりがち。そのためライバルのハイゼットカーゴやエブリイと比べると、新型N-VANはダンボール箱は最大20個ほど積み込める数は少ない。

だから単純にダンボール箱など荷物を積み込む場合、N-VANの積載量は先代アクティなどよりも見劣りしてることは間違いない。【比較】N-VAN vs ハイゼットカーゴなども詳しくは参照。

○積載量は劣るがピラーレスで荷物の上げ下ろしはラク!

ただ何と言っても、ホンダ新型N-VANの最大の特長は「ピラーレス」を採用してること。ピラーがないことで、まさに大開口部を実現。助手席シートも含めて格納した場合、最大2.6メートル前後の全長空間が確保される。

ちなみに格納時に取り外したヘッドレストは、サイドのドア部分に格納できるように仕組まれております。新型N-VANはホンマに芸が細かい。

またリアシートはペラペラだったからこそ、非常に簡単にダイブダウンさせて床下に収納することが可能。実際に新型N-VANを試乗すれば分かりますが、操作箇所はオレンジに彩色されて初見でも分かりやすく、オモチャ的で誰でも簡単に格納できるという評判が散見されます。

そして、そこには広大なフルフラット空間が現れる。荷物を安全に置いておく点ではこれほど安心はないかも。新型N-VANは低床化されており、荷室開口部も非常に広大なため荷物の上げ下ろしは非常に楽ちん。

そもそもピラーレス構造であればわざわざハッチゲートを使用せず、そのまま助手席サイドから荷物の上げ下ろしすることも可能。路上駐車などハッチゲートを開けない場合も少なくない。そういった点でも頻繁に荷物の配達をしてる商売人さんにとって新型N-VANは便利でしょう。

新型N-VANにはカーリースも用意されており、「軽商用車+ピラーレス」という異色の組み合わせも手が出やすい?

【試乗】新型N-VANの主要諸元やスペックまとめ

試乗の感想をレビューする前に、新型N-VANの主要諸元など基本スペックをおさらい。

○新型N-VANの車体サイズ

◆全長…3395mm
◆全幅…1475mm
◆全高(ハイルーフ)…1945~1960mm
◆全高(ロールーフ)…1850~1865mm
◆ホイールベース…2520mm
◆最小回転半径…4.6メートル

○660cc直3NAエンジンのスペック

◆最高出力…39kW(53PS)/6800rpm
◆最大トルク…64Nm(6.5kgm)/4800rpm
◆車重…930~940kg(商用グレード)、940~970kg(乗用グレード)
◆燃料タンク容量…27L(FF)、25L(4WD)
◆カタログ燃費…18.6km/L(6MT)、23.8km/L(CVT)

○660cc直3ターボエンジンのスペック(商用グレードはなし)

◆最高出力…47kW(64PS)/6000rpm
◆最大トルク…104Nm(10.6kgm)/2600rpm
◆車重…970kg(FF)、1020kg(4WD)
◆燃料タンク容量…27L(FF)、25L(4WD)
◆カタログ燃費…23.6km/L(FF)、21.2km/L(4WD)

カタログ燃費はどっちもJC08モード。

【試乗】新型N-VANの走りや乗り心地の評判はどうなん?

ということで、本題の試乗レビュー。新型N-VANの走り心地や乗り心地はどうなのか?正直、軽商用車に走りの質感を求めてる人も少ないと思いますが、乗用車グレードも存在するので是非チェックしてみてください。

○N-VANはそれなりに力強く走り、エンジンも静か

まず新型N-VANの走りや加速感ですが、NBOXからそのまま流用しているためエンジンパワーは意外とパワフル。

新型N-VANはNAエンジンであっても「アクティでは40km/hから上ではなかなか伸びない車速もN-VANではラクに50km/hまで到達」と評価するのはマガジンXの試乗レビュー。商用車グレードにターボは設定されないものの、先代アクティと比べると新型N-VANは十分走るはず。

商用車が最速すぎる理由まとめ」なども参照。

新型N-VANの変速機はCVT。それでもATと挙動はさほど変わらず、先代アクティユーザーでも違和感なく走れるはず。またS660譲りの6速MTは「シフトストロークが適度」と操作感の良さを評価するのはベストカーの試乗レビュー。軽自動車のMTは5速までが多いので、新型N-VANは車好きも運転操作が楽しめそう。

また5速も6速も回転数は2500rpm前後と静かで実燃費にも優れており、そもそも新型N-VANのエンジン始動音は静か。そのため新型N-VANの走りは軽商用車特有の「粗さ」みたいなんはないと評価していいでしょう。

ただし、NAエンジンは流用してるものの本家のNBOXより5馬力弱いので、特に新型N-VANは大量に荷物を積載すれば走りに鈍重さは否めないでしょう。実際、「登坂路や高速道路ではパワー不足を感じる」とはベストカーの試乗レビュー。

○新型N-VANの乗り心地は「軽商用車」を超える

そして気になる乗り心地ですが、新型N-VANのシートのクッション性はまずまず。リアシートはペラペラですが、運転席シートは高反発なスポンジを採用しており、めちゃめちゃ快適ではないものの長距離ドライブは疲れなさそう。

このN-VANのシート座面は真っ平らでフラット。NBOXと違っていかにも軽商用車的。いわゆるホールド感はない。それでも、新型N-VANの乗り心地は軽商用車としては上々と評価できそう。

中にはカートップの試乗記事では「これNBOXだっけ?」と軽商用車であることを忘れさせると評価するメディアも存在し、少なくとも先代アクティより新型N-VANの乗り心地に快適さが増してることは確実か。

また低床化されたことでヒップポイントも低く、新型N-VANは乗降性もGood。シートに下手に厚みがないからこそ、腰の移動は楽。特に軽商用車は乗り降りする機会や回数が多いこと考えると、結果的にシートクッションを平らにしたのは正解か。

新型N-VANの全高はNBOXよりも高く設計されてるものの、操縦安定性も「乗用車そのもの」と評価するのはマガジンXの試乗レビュー。「全高こそ高いものの重心は存外に低くてコーナリング時の不安感も激減」してると新型N-VANのハンドリングを評価。

やはりベース車両がNBOXなので、そこらへんの運転性能は新型N-VANも高いまま。またピラーレス化で車重が+50~60kgほど増加したことで走りに軽さこそないものの、結果的に新型N-VANの走りに安定感が増しているフシも。

【燃費性能】新型N-VANの実燃費はどんなもん?

続いては実燃費。

新型N-VANは商用車とは言え、やはり燃費性能が良いに越したことはない。また新型N-BOXの試乗レビューでも触れたように、N-VANのベース車両のエヌボの実燃費がなかなか優秀。当然N-VANの実燃費が気になるところ。

(ニューモデルマガジンX11月号 ムックハウス)

結論から書くと、新型N-VANの実燃費は上々。マガジンXの試乗記事では、新型N-VANの平均燃費はリッター14km/L前後とのこと。高速燃費こそ10km/L台前半に落ちるものの、街中燃費はカタログ燃費値(23.8km/L)を上回る。

他にも燃費値を確認しておくと、6速MTの市街地燃費が25.0km/Lターボの4WDの市街地燃費が20.5km/Lと優秀。街中走行に関しては、基本的に新型N-VANの燃費性能に不満感を抱くことはないでしょう。他の軽商用車と比較しても、新型N-VANの燃費性能は高め。

ただし、ベース車両のエヌボよりも車重が重く、全高が高いことなどが原因してか、N-VANはN-BOXより実燃費は全体的に悪化します。また燃料タンク容量も大きくはないため、新型N-VANの航続距離そのものに期待は禁物か。

【試乗】新型N-VANは車中泊も可能だが…

ラストの試乗レビューは「車中泊」。意外と最近クローズアップされており、軽自動車でも求められがちな性能。じゃあ、新型N-VANは車中泊ができちゃうのか?

結論から書くと、ホンダ新型N-VANで車中泊は全然余裕です。

何故なら、新型N-VANはフルフラットシートが採用してることが大きいから。気持ちいいぐらいにフラットなので、誰でも寝られちゃう。むしろホンダも車中泊前提で新型N-VANを開発したというのも納得。

新型N-VANは室内長も非常に広いので、身長180cmぐらいの成人男性が寝転んでも、わりと前後に余裕があるぐらい。助手席シートをダイブダウンさせなくても、小柄な女性であれば二人が肩を並べて寝ることも可能。

だから新型N-VANは軽自動車ではあるものの下に気持ちいいマットを敷きさえすれば、誰でも難なく快適な車中泊がこなせそう。

(YouTuberカズ N-VAN試乗動画)

でも、YouTuberのカズの試乗動画を見ても分かるように、新型N-VANは運転席までキレイにダイブダウンできない。そのため「お父さん(パパ)+小学生の子供」の二人分ぐらいの車中泊が限界か。ちなみに有名人の愛車一覧まとめも参照。

ただ竹岡圭さんの試乗動画でしっかり解決策が提示されております。

(竹岡圭 N-VAN試乗動画)

実は、新型N-VANには車中泊専用のアイテムが用意されてる。例えば助手席シートをダイブダウンさせず空間を少し作るカタチで、シート背面上部に専用 マットを乗せれば二人分の広大な寝室スペースが確保されます。

新型N-VANの床面が完全にフルフラットだからこそ、安定した土台を作れるのでしっかりマットもフルフラットに乗せられる。他の自動車だとここまで見事な寝るスペースは確保できないはず。

他にもキャンプ仕様のセットオプションも販売されており、まさに新型N-VANは手軽に車中泊などを考えてる方にはおすすめの軽自動車と言えそう。例えばテールゲートバーなども組み合わせれば、N-VANで洗濯物を干すこともできます。

【試乗】ホンダ新型N-VAN 評価・評判・口コミ感想まとめ

以上、カーギークによるホンダ新型N-VANの試乗評価まとめでした。

ざっくりネット上の試乗の評判などもまとめると、まさに新型N-VANは「実用性」と「乗り味」がマッチしてる軽商用車と評価できそう。シートアレンジ優先の室内に快適さはないが、それでも軽商用車の中では間違いなくトップの快適性。

新型N-VANの室内幅はフリードスパイク並に確保されており、軽商用車としては積載性は見劣りするものの、ピラーレス構造の大開口部が補うカタチで荷物の出し入れは非常に簡単。新型N-VANは仕事向けには変わらず便利。

そろそろフルモデルチェンジ予定のタントを筆頭に、どうしても子育て世代に人気と見られてたピラーレス。でも日常的に使用することを考えたら、軽商用車こそピラーレスは役立って便利。

だからギチギチに積載する場合、ホンダ新型N-VANはライバル軽商用車として不利ではあるものの、ちょっとした小荷物を頻繁に運ぶ仕事をしてる方にとって、これぞ「仕事のクルマ」といった感じで新型N-VANは重宝しそう。

またN-VANの価格帯は割高ではあるものの、装備が充実してる点も魅力。

例えば、ACC(追従クルーズコントロール)付き自動ブレーキを標準搭載したり、フルオートエアコンも完備など軽商用車としては破格。乗用車グレードの「+STYLE FUN」はチルトステアリングやLEDヘッドライトが標準。室内ランプもLED仕様など、新型N-VANは税金面の安さも考慮すれば全然買い。

ちなみに、本来は2010年頃にバモス(アクティ)がフルモデルチェンジを予定していたのものの、リーマンショックなどが重なって延期されてた。もちろん、この翌年にN-BOXが発売されて大ヒットしたことは言うまでもありません。

だから結果的に新型N-VANの試乗評価や評判を見る限り、ホンダがバモス・アクティのフルモデルチェンジを遅らせたことは功を奏したカタチ。もしバモスをテコ入れしていた場合、新型N-VANが発売されたのは早くても2020年以降でしょうからね。

フォローする