【2020】ホンダ新型レジェンドが「マイナーチェンジ」で全自動運転レベル3に進化か!?

ホンダのフラッグシップサルーンが「レジェンド」。車名からして勇ましい。

このレジェンドは2018年2月のマイナーチェンジでは「アキュラ顔」に進化したことが話題になりました。それに伴って車体も拡幅され、「SPORT HYBRID SH-AWD」も進化したことは記憶に新しいです。

しかし、このたびホンダ新型レジェンドが二度目のマイナーチェンジが行われる模様。

b25a33b55ba6827e2856d1d0b5c8b4e0 430x303

(ホンダ現行レジェンド)

そこで今回カーギークでは「ホンダ新型レジェンドのマイナーチェンジ最新情報」をまとめてみたいと思います。果たしてホンダ新型レジェンドはどう進化するのか?今回もマイナーチェンジで内外装がテコ入れされるのか?

car-geek.com

2020年初夏にマイナーチェンジか?

まずは「マイナーチェンジのタイミング」の最新情報を解説。

結論から書くと、ホンダ新型レジェンドは2020年初夏頃にマイナーチェンジすると報じるのはマガジンXの最新情報。

新型レジェンドの発売日は東京オリンピックの最中かそれ以前のタイミングで登場しそう。前述のように、新型レジェンドは2018年にもテコ入れされているため「約2年ぶり」のマイナーチェンジになりそう。

既に日経新聞といった大手メディアも報じるなど、少なくとも新型レジェンドが2020年中にテコ入れされる可能性が高い。じゃあ、何故ホンダ新型レジェンドが2020年にマイナーチェンジすると断言できるのか?

car-geek.com

新型レジェンドにホンダ初の自動運転技術が搭載か?

そこで続いては「マイナーチェンジの目玉」を解説。

結論から書くと、ホンダ新型レジェンドの目玉は「全自動運転技術の搭載」になります。現行レジェンドも全車速域ACCなど最新の安全装備が搭載されてるものの、マイナーチェンジ後は更に進化する予定。

いわゆる「ハンズフリーの全自動運転技術」が新型レジェンドに搭載されます。既に日産は先日のマイナーチェンジで先駆けて新型スカイラインに搭載してますが、新型レジェンドも「手放し運転」が可能となります。

しかも、「アイズフリー」も可能な代物。新型スカイラインはドライバーが前方視界を確認しておく必要があるんですが、新型レジェンドの場合は「目線を前方に合わせなくても良いレベル」なんだそう。自動運転の定義でいうと「レベル3」あたりの水準に達する。

レベル3の自動ブレーキを搭載するのは新型レジェンドが国産車初になりそう。ただ逆に言うと、現状の全車速域ACCや自動運転技術は「前方不注意義務違反」が伴うということ。そのため技術面よりも法的な側面の問題が現在は立ちはだかってる模様。

car-geek.com

car-geek.com

○試験走行してる新型レジェンドが世界各地で目撃

ホンダは既に「2020年に新しい自動運転技術を実用化する」と公言しており、この最初のクルマがまさに新型レジェンド。だから、ホンダのフラッグシップモデルである新型レジェンドは来年2020年にマイナーチェンジされる可能性がほぼほぼ高い。

実際、それに先駆けてホンダは随分と前から日本を含めた全世界で「走行テスト」を行ってる最中。走行距離にして全長100万km。既に全自動試験運転中の新型レジェンドも目撃され、自動車雑誌の中にはその姿を報じるメディアも存在します。

ちなみに、自動運転の精度を高めるためカメラが増設されており、新型レジェンドのフロントマスクが少し変更されそう。マイナーチェンジ後もアキュラ顔はそのままですが、バンパー下部はワイド感が強まるデザインに成形されるとか。

とりあえず新型レジェンドを発端に、他の下位クラスのホンダ車にも同クラスの安全技術が応用されていくに違いない。もしいま現行レジェンドの購入を検討し、自動運転技術にも興味ある人であれば一年待ってみてもいいかも知れない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました