ホンダ・フィット おすすめ人気グレードはどれ?

スポンサーリンク

昨年2017年にホンダ・フィットがマイナーチェンジ。割と大幅なテコ入れが行われたことで、走りの質感などは大分向上したらしい。ホンダ的には自社を代表するコンパクトカーとしての誇りがあるんだと思います。

そこで今回はホンダ新型フィットのおすすめ人気グレードを解説したいと思います。

何故なら、フィットはガソリン車とハイブリッド車が併売されており、割とグレード展開が多くて迷っている人も多そう。やはり人気コンパクトカーだけあって、初めてのクルマとしてフィットを購入する人も少なくないはず。

是非、クルマ選びの参考に使って下さい。

フィットはハイブリッド車がやはり人気

フィットはライバル・アクアと違って、ガソリン車もハイブリッド車も併売されてる。そこでまずはガソリンとハイブリッドはどっちが人気なのか?をチェックしてみたいと思います。

(ベストカー 講談社)

結論から書くと、ホンダ・フィットはハイブリッド車の方が人気。比率で見ると、ハイブリッドが60%のシェアを誇るのに対して、ガソリン車は40%。圧倒的に人気とまでは言えないものの、基本的に燃費性能を意識してるフィットユーザーが多い模様。

ちなみにガソリン車でもフィットは1.3Lと1.5Lモデルが用意されてる。ただ売れてるのは1.3Lの方でシェア率は35%。一方、フィット 1.5Lモデルはわずか5%。もはや売らなくていいんじゃね?というレベル。

理由はシンプル。フィットの1.5Lモデルは1グレード(RSを除く)しか用意されておらず、しかもハイブリッドモデルと価格差はほとんどないから。むしろフィットハイブリッドのエントリーグレードより割高なぐらい。

フィットは男性ユーザーに人気

続いては性別の違い。フィットは男性と女性のどっちに人気なのか?

(ベストカー 講談社)

結論から書くと、ホンダ・フィットは男性に人気。販売シェアで見ると、男性ユーザーが65%に対して女性は35%。フィットは室内空間の広さを売りにしてるものの、さほど女性層に訴求できていないとも解釈できます。

一方、フィットユーザーの年齢層を見てみると、まさに面白いぐらいに万人受け。どの世代も20%前後のシェアをまんべんなく維持してることが伺えます。

強いて言えば、若年層よりも高齢層のシェアがやや高い。そこから推察すると、ホンダ・フィットは仕事を引退した方の足車やセカンドカーとして購入されているのかも知れない。冒頭で「初めてのクルマにフィットを…」とは書いたものの、そこら辺の弱さがホンダ・フィットの課題か。