【2020】日産新型ノート フルモデルチェンジ最新情報まとめ!スライドドア化確定?発売日,次期デザインは?

日産が誇るハイブリッドシステムが「e-POWER(イーパワー)」。ガソリンエンジンで発電し、電気モーターで走行する仕組み。このe-POWERが初めて搭載モデルが「ノート」。

現行ノートは2012年9月に発売されて以降、アクアやフィットの後塵を拝してるイメージしかありませんでしたが、2016年にe-POWERが設定されて以降のノートはアクアやフィットを追い抜くほどの大躍進を遂げたのは記憶に新しいです。

一方、ノートの車体そのものの古めかしさは否めません。

e389dbb8bc503a5a16b5853d7b088ab2 500x303

(ベストカー2020年1月28日 講談社)

そこで今回カーギークでは「日産新型ノートのフルモデルチェンジ最新情報」を徹底解説していこうと思います。果たして次期ノートはいつフルモデルチェンジするのか?

car-geek.com

発売日は2020年秋頃?

まずは「発売時期」の最新情報。日産新型ノートのフルモデルチェンジはいつ頃になりそうなのか?

結論から書くと、新型ノートの発売日は2020年9月頃と予想されております。現状新型ノートの情報を報じる自動車メディアは少ないですが、現行ノートは2012年9月にフルモデルチェンジしてるので、モデル周期はちょうど8年ぐらいになりそう。

当初は2018年か2019年頃のフルモデルチェンジが言われていたため発売時期としては頃合いか。

ちなみに2020年にはトヨタ新型ヤリスホンダ新型フィットマツダ新型MAZDA2もフルモデルチェンジしそう。日産車だと次期ノートの発売に前後して、新型エクストレイルのフルモデルチェンジや新型キックスの発売が噂されております。

car-geek.com

新型ノートはスライドドア化される?

続いてはフルモデルチェンジ情報の目玉。次期ノートはe-POWER以外に一体何が売りになるのか?

e389dbb8bc503a5a16b5853d7b088ab2 500x303

(ベストカー2020年1月28日 講談社)

結論から書くと、新型ノートの目玉情報は「スライドドア化」にあります。もともとノートは車体サイズが大きくて車内が広い。次のフルモデルチェンジで更に実用性を高めていこうという狙いがある模様。

だからトヨタ新型アクアなどとは一線を画して、日産次期ノートはトヨタ・シエンタやホンダ・フリードのようなモデルを目指してるのかも知れない。シエンタもフリードも安定して月販5000~1万台前後販売してる。新型ノートがスライドドア化すればまさに敵なしか。

既に海外では2017年にフルモデルチェンジしてるマーチ(マイクラ)は車体サイズが拡大し、見た目もノート風に仕上がってる。新型ノートがフルモデルチェンジするとしたら、マーチ(マイクラ)との差別化は必至。

当初は次期キューブがスライドドア化すると言われてたんですが、ご存知のようにキューブは2019年12月をもって生産終了済み。いずれ再販する可能性もありましたが、次期ノートがスライドドア化するとしたら完全にお役御免。

car-geek.com

新型ノートの価格や搭載エンジンは?

続いて価格やパワートレインはどうなるのか?

まず搭載エンジンは引き続き「e-POWER」がメインになりそう。1.2L直3エンジンで発電し、電気モーター(112PS/26.2kgm)で走行する仕組みは大きく進化しなさそう。もしかするとセレナ並にパワーアップする可能性も。

ただし、プラットフォームは既に海外でフルモデルチェンジ済みの新型ジュークに採用されているCMF-Bプラットフォームに刷新されそう。ルノーと日産が協業してBセグメント車のシャシーを開発しており、次期ノートに応用されるはず。

とはいえ自動車業界的には相変わらず日産とルノーの関係性はゴタゴタしてるため、次期ノートの開発がすんなり進むかはいささか疑わしいか。ジュークが素直に日本国内で導入されないのもそれが反映されてるはず。

一方、新型ノートの価格は割高になりそう。現行ノートは140万円前後から購入できますが、おそらくフルモデルチェンジ後は180万円以上からになりそう。次期ノートe-POWERの価格帯は210~250万円まで跳ね上がると予想。

実際、シエンタやフリードはそのあたりの価格帯で発売されてる。それだけスライドドア化の影響は必至。ただし、スライドドア化に伴って実用性が高まるため、新型ノートはアウトドア仕様など「新たなモデルやグレード」の投入も予想されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました