【価格一覧】スバル新型XV おすすめ売れ筋グレードまとめ【人気】

最近、スバルは様々な車種のテコ入れを図っております。2018年はスバル新型フォレスター、2019年はスバル新型レヴォーグなどのフルモデルチェンジが控えております。

そして、昨年2017年にフルモデルチェンジしたのがスバル新型XV。インプレッサベースのSUV。見た目的には車高が高くなっただけのインプレッサ風ですが、中身はしっかりゴリゴリのSUV。スバル車の中ではXVは上位に売れてる。

そこで今回カーギークではスバル新型XVの売れ筋おすすめグレードを解説していこうと思います。スバル新型XVの購入に悩んでる方は参考にしてください。

スバル新型XV 価格一覧まとめ

まずはスバル新型XVの価格とグレード一覧を見てみたいと思います。

  • 2.0i-S EyeSight…267.8万円
  • 2.0i-L EyeSight…248.4万円
  • 1.6i-L EyeSight…224.6万円
  • 1.6i EyeSight…213.8万円

スバル新型XVのグレードは全4グレード。価格帯は約214万円から約268万円。新型XVの全グレードに自動ブレーキのアイサイトと歩行者エアバッグなどが標準装備されております。駆動方式は全部AWD。

そう考えると決して割高な価格帯とは言えなさそう。しかも新型XVはAWDの走りの評判がよろしい。

ちなみにXVのグレード名からも分かるように「2.0i」系のグレードには2000cc水平対向4気筒エンジンが搭載され、「1.6i」系のグレードには1600cc水平対向4気筒エンジンが搭載されております。

【おすすめ人気】新型XVの圧倒的売れ筋は「2.0i」グレード

ってことで本題。この4グレードの中でどれが一番売れ筋のグレードなのか?実際に人気なのか?

(カートップ7月号 交通タイムス社)

結論から書くと、スバル新型XVの売れ筋グレードは主に「2.0i」系のグレードになります。要は2000ccエンジン搭載のグレードが人気。逆に1600ccエンジン搭載の「1.6i」系グレードは全体の20%程度に留まってる。

理由はシンプル。何故なら1600ccエンジンだと走りに物足りなさが残るから。新型XVの車重は1400kgを超えているため、やはり2000ccエンジン程度の馬力やトルクが欲しい。

高剛性のSGPプラットフォームの良さも存分に楽しむ上でも、新型XVでは「2.0i」系のグレードが売れ筋の人気グレードになってしまう。タイヤのインチ数の違いなどもあって、意外と乗り味も変わってくる。

○「2.0i-S」と「2.0i-L」のどっちを買えばいい?【新型XVおすすめ】

じゃあ、新型XVの売れ筋グレードである「2.0i-S」と「2.0i-L」の違いは何なのか?って話。販売割合に見ても、どっちも3割台後半と人気的に拮抗しているので車選びには悩んでしまう。

主な装備の違いは二点。

それが「ステアリング連動LEDヘッドライト」と「運転席助手席8ウェイパワーシート」が搭載されているか否か。

前者は先代フォレスターに初めて搭載された便利な機能。普通なら車体が曲がる際、ヘッドライトは進行方向に向いてくれない。でも光軸がハンドルに応じて動いてくれるため、曲がりくねったカーブでもしっかり進行方向に照らしてくれる。

後者の8ウェイパワーシートは、自動的にシートを倒してくれたり、座面位置の高さを変えてくれる機能。それが運転席と助手席にどっちも装備されてる。この両者の装備の搭載有無で、価格差が20万円。

もし2つの装備が欲しいなら、「2.0i-S」を選ぶといいと思います。でもなければないで問題ないと思うんで、「2.0i-L」が売れ筋になってる理由も納得。まぁ、そこらへんはお財布との要相談。

【車体色】スバル新型XVのおすすめ人気カラーは?

最後はスバル新型XVの車体カラー。XVと言えばオレンジカラーが思い浮かびますが、新型XVではモチーフカラーが水色っぽい車体色に変わったことなどがどう人気に影響しているのか?

(カートップ7月号 交通タイムス社)

結論から書くと、スバル新型XVはクリスタルホワイトパール(白色)が圧倒的人気。シェアは29.4%と約三割を占めるほど。

そして、新型XVの人気カラーはクールグレーカーキ、アイスシルバーメタリック、クリスタルブラックシリカ(黒色)と続きます。

サンシャインオレンジに至っては、わずか3.5%ほどの人気しかない。初めて日本に導入された消費税額並。個人的にはオレンジとSUVの組み合わせはバッチリだと思うんですが、そこらへんは車種やユーザー層によるのか。

(スバル新型XV クールグレーカーキ)

あと人気色のクールグレーカーキは、こんな色。最初は地味なさえない色だなぁと思ってたんですが、だからこそ購入しやすいのかも。何度も見てると「良い感じに渋み」も出てくる印象。スバルの選択としては結果的に大正解だった。

ちなみに「スバルXV vs 三菱エクリプスクロス」「スバルXV vs アウディQ2」といった比較記事をいずれ執筆したいと思います。

フォローする