【2020】トヨタ新型ミライ フルモデルチェンジ最新情報まとめ【発売日・次期デザイン】【MIRAI】

トヨタの水素燃料電池車(FCV)が「MIRAI」。ガソリン燃料ではなく、「水素燃料」で走行するクルマ。ミライという車名からも分かるように、トヨタの将来目指す方向性やこれからの意気込みも感じられます。

ただ現行ミライは2014年12月に発売されてから、既に5年目に突入。もはやちょっとした隔世の感すらありますが、とはいえトヨタ・MIRAIはFCV。2019年でも月販平均40台前後を販売してるに過ぎない。

だからトヨタ・MIRAIはしばらく大きなテコ入れをせず、このまま現行モデルの販売が続くのかと思っていた方も多そう。でも新型車情報に定評があるマガジンXなどでは、新型MIRAIのフルモデルチェンジがそろそろ行われるとのこと。

5db29111666d3b60a02011d5f556af9a 500x300

(ベストカー 講談社)

そこで今回カーギークではトヨタ新型ミライのフルモデルチェンジ情報をまとめてみたいと思います。おそらく個人でMIRAIを購入する方は極めて稀だと思いますが、これから水素燃料電池車(FCV)のカギを握る未来をチェックしてみましょう。

car-geek.com

トヨタ新型ミライの発売日は2020年初夏?

まずは「発売日」の最新情報。2014年12月に発売したトヨタ・MIRAIはいつ2代目にフルモデルチェンジするのか?

結論から書くと、トヨタ新型MIRAIの発売日は2020年初夏頃と見られています。当初は2019年中にフルモデルチェンジが早まるも予想されていましたが、やはり2020年8月開催の東京オリンピックに発売日を合わせる形。

また新型ミライの発表そのものは2020年の早い段階で行われ、2019年10月開催の東京モーターショーに市販車版の新型MIRAIが出品されるという情報も。新型ミライの発売日はちょうど一年後あたり。

だから足掛け5年半ぐらいで大規模なフルモデルチェンジが行われる計算ですから、トヨタ・ミライがFCV(燃料電池車)というコアなジャンルということを踏まえると、意外と言えば以外。

car-geek.com

○何故MIRAIはフルモデルチェンジを急ぐのか?

ただ個人的に、ミライのフルモデルチェンジを急ぐ理由をあまり見出しにくい。ミライと競合する車種はホンダ・クラリティぐらいしかパッと思いつかず、FCVは元々そこまで売れるような車でもない。

また発売当初のミライの納期は1年2年以上に遅れるまで大人気だった記憶があり、まさに「納期もMIRAI」でした。でもMIRAIは当初納期の遅さから、実は新型プリウスPHVに需要が流れていた。

そして、自動車メーカーが予定していた以上に環境規制が強まるスピードが世界中で高まっており、タイミング的に東京オリンピックが決まったことも新型MIRAIの開発やフルモデルチェンジを早めたと言われてます。

ただし、トヨタセーフティセンスなど自動ブレーキシステムの開発も急務なため、トヨタのマンパワーが足りない状態。そのため当初新型MIRAIと同時発売が予定されていた「レクサスLS版FCV」の開発は凍結中とか。

近年はEV(電気自動車)の有用性・現実性が再認識されたこともあって、FCV自体の開発も天下のトヨタもリソースをそこまで割けないのでしょう。

car-geek.com

フルモデルチェンジ後にMIRAIは「FR車」に!?

続いては「駆動方式」の最新情報。

結論から書くと、トヨタ新型ミライは「FR化(後輪駆動車)」されます。現行ミライは販売終了済みのレクサス・HSをベースに開発されているため、電気モーターは前輪部分に配置されてる「FF車(前輪駆動車)」。

でも、フルモデルチェンジ後はトヨタ新型クラウンと同じFR用のTNGA-Lプラットフォームが次期MIRAIにも採用されます。

電気モーターの位置が前輪から後輪に移され、FCスタック(燃料電池)はフロントシート下からボンネット部分に移されます。そのことで新型MIRAIは従来の腰高感がフルモデルチェンジで解消されると見られてます。

また次期ミライはフロントノーズが更に伸びて、フルモデルチェンジ後は全長が5メートルを超えそう。一方、スペースを奪う巨大な2本の水素タンクは配置が変わって、一本はリアシート下に縦置きに設置することで荷室スペースも拡大する予定。

トヨタ新型MIRAIも乗車定員はやはり増えないものの、乗り心地や操縦安定性などを高めることで「商品力そのもの」を高めていく方向性のフルモデルチェンジになりそう。

でも逆に言うと、わずか5年程度でフルモデルチェンジされることもあって、他の車種と使いまわしできないパワートレイン(FCスタック)周りの大きな進化は期待できなさそう。そもそも現行ミライがFCVとしての性能は決して低くありませんからね。

トヨタ新型センチュリーが完全オーダメイドを止めたように、トヨタは新型ミライも同様に特別視はしないはず。

car-geek.com

フルモデルチェンジ後の新型MIRAIの次期デザインはどうなる?

続いては「次期デザイン」の最新情報。トヨタ現行ミライは新型プリウスPHVのベースデザインを先取りしてた感がありますが、果たして新型ミライはどんなフルモデルチェンジを遂げるのか?

5db29111666d3b60a02011d5f556af9a 500x300

(ベストカー6月26日号 講談社)

例えば、ベストカーは新型MIRAIを「キープコンセプトに近いデザイン」を予想している模様。ややもすると新型カムリにも似ている気がしますが、エアダクトやエアインテーク周りは相変わらず勇ましい。

最近はピラーをブラックアウト化されるのが主流ですが、新型MIRAIは非常に大きいリアクォーターウィンドウを採用することで5メートルを超える全長を更に伸びやかに見せる演出がは施されそう。

前述のように新型クラウンのFR用TNGAプラットフォームを採用したことで、新型MIRAIは重心が低いスポーティーセダンに仕上がる可能性は高そうです。

car-geek.com

○次期MIRAIは「テスラ・モデルS」風にフルモデルチェンジ?

ただし、マガジンXの最新情報ではフルモデルチェンジまであと1年しかないこともあって、既に次期ミライのデザインは確定していると報じてます。

例えば、現行ミライの特徴的だった左右の巨大なエアインテークは消滅し、フロント部分にはシエンタやアクア、カローラのような「台形のエアインテーク」が採用されます。要するにフルモデルチェンジ後は奇抜さが減少。

他にも、ヴェルファイアなどのような「二段式ヘッドライト」に変更される予定。要するにターンシグナルランプ(方向指示器)が分割されます。新型MIRAIの価格帯を考えたら、例えば「流れて光るシーケンシャルターンランプ」が採用されるか。

9fabf7e787680c3c215382bd15f4faf3 500x237

(テスラ・モデルS)

新型MIRAIの全体的な雰囲気は「テスラの電気自動車・モデルSに見える」と表現するのはマガジンXの最新情報。

サイドのプレスラインは設けられずに凹凸感を演出しないなど、新型ミライの外観は全体的にあっさりシンプルに仕上がるっぽい。トヨタ車はダサいとも言われたりもしますが、新型ミライは「清潔感ある流麗さ」みたいなもんを目指しそう。

やはりトヨタ現行ミライのユーザーの多くは「法人需要」で占められてる。例えば、MIRAIは官公庁の送迎車などに使用されており、この傾向はフルモデルチェンジ後の新型MIRAIでも同様と予想されます。

そのため「新型ミライのデザインは目立つような奇抜なデザインは相応しくない」というカーギークの予想は見事に当たった感があり。いわゆるキープコンセプトではない感じですが、新型MIRAIは「しっとりとした高級感」が全体的に増しそう。

car-geek.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました