【2020年5月】トヨタ新型Tjクルーザー最新情報まとめ!発売日は?価格は?搭載エンジンは?

2017年10月開催の東京モーターショーに出品されて大きな話題を呼んだコンセプトカーがありました。

23cc4dfb7b5364f648a3cbabe9f88eb3 500x302

(ベストカー2019年6月10日号 講談社)

それが「トヨタ新型Tjクルーザー」。

残念ながら、2019年の東京モーターショーには出品されませんでしたが、このTjクルーザーは「FJクルーザーの後継車」と見られてるコンセプトカー。ただし、外観を見ても分かるようにコンセプト感があまりに強すぎる。果たして本当にTjクルーザーは発売されるのか?

そこで今回カーギークでは「トヨタ新型Tjクルーザーの最新情報」をまとめてみたいと思います。果たして、新型Tjクルーザーは人気が出るのか?

car-geek.com

発売日は2020年5月?2021年まで遅れる?

まずは「発売日」の最新情報。トヨタ新型Tjクルーザーは本当に発売されるのか?

結論から書くと、Tjクルーザーの発売日を2020年春から初夏頃と予想しているのがベストカーの最新情報。具体的な発売時期は5月か6月頃にはTjクルーザーが登場すると見ている模様。一方、2021年以降にまでTjクルーザーの発売日がずれると報じてるのがマガジンXの最新情報。

だから自動車雑誌でも予想にかなり開きがあるため、現状ではTjクルーザーの正式な発売日は不明。同時期には新型ハリアーのフルモデルチェンジも予想されており、新型車を投入するタイミングとしてはスケジュールが詰まりがちな印象も。

ただし、トヨタ社内では「3Gクロス」と呼ばれるプロジェクトとしてTjクルーザーの開発が正式に始まっているため、あくまで仮称の段階ですがTjクルーザーがいずれ日本国内で発売されることは確実な模様。むしろ発売されない可能性が低い。

car-geek.com

Tjクルーザーとは「スライドドア」を採用した新型SUV

23cc4dfb7b5364f648a3cbabe9f88eb3 500x302

(ベストカー2019年6月10日号 講談社)

改めてトヨタ新型Tjクルーザーのデザインを見ておくと、雰囲気はボクシースタイルそのもの。SUVの中でもスクエア基調が強いデザイン。一方、Tjクルーザーは実用性の高さを売りにするため、ミニバン車のような「スライドドア」を採用するのも特徴。

67c143b242e8e077a96bc3bd2f8f40f2

(トヨタ新型Tjクルーザー 室内空間)

トヨタ新型Tjクルーザーの室内を見ると、完全なフルフラット空間が実現されております。ホンダ新型N-VANなども真っ青。実際「3メートルサイズ」の長尺の荷物も積載するという触れ込み。Tjクルーザーの積載性能はヤバそう。

だから、Tjクルーザーの語源や由来も「Tool」と「Joy」の頭文字を組み合わせたもの。

Tjクルーザーのサイズ感や主要諸元まとめ

だから見た目からも分かるように、Tjクルーザーの車体はかなり大きそうにも思えます。ましてや「実用性が高いSUV」という点に加えて、「スライドドア」というアイテムも組み合わさる。もしかするとTjクルーザーのサイズ感はランドクルーザー並なのか?

結論から書くと、Tjクルーザーの予想主要諸元は4300×1775×1620mm(全長×全幅×全高)になります。シエンタと比べると一回りほど大きいだけ。FJクルーザーの後継車として考えると、Tjクルーザーは一回り二回りほど小さめ。Tjクルーザーのサイズ感は思ってるより小さい。

一方、Tjクルーザーの車体サイズを4475×1840×1650mm(全長×全幅×全高)と報じるのはマガジンXの最新情報。またTjクルーザーのシャシーはC-HRと同じものが採用されるものの、ホイールベースも2750mmとRAV4などを上回る。

そのためTjクルーザーはCセグメントカーではありつつも、「中身はDセグメント級」になるかも知れない。もしTjクルーザーの売りが「実用性重視」になると仮定すれば、やはり「それなりのサイズ感を確保する方向性」が正しいように思えます。

ただし、シエンタのベースは三列シート。Tjクルーザーのベースは「二列シート」で発売を予定してるため、仮に前述の情報が正しいとしてもしっかり広い室内空間が確保されるに違いない。

car-geek.com

Tjクルーザーの搭載エンジンはどうなる?

続いては「エンジンラインナップ」の最新情報。トヨタ新型Tjクルーザーの搭載エンジンはどうなるのか?

結論から書くと、新型Tjクルーザーの搭載エンジンは「2.0L直4ガソリンエンジン(M20A型)」になります。スペックは174PS/21.3kgm。これに電気モーターを組み合わせたハイブリッドエンジン(システム出力184PS)もラインナップされます。もちろんE-Four(4WD)も設定。

また情報によってはプリウスやC-HRに搭載済みの1.8L直4ハイブリッドが流用されるという情報もあります。確かに新型TjクルーザーのプラットフォームはTNGA-Cプラットフォームが採用。搭載エンジンもCセグメントカーがベースになると考えるのが自然か。

どのみち2.5Lエンジンが搭載されてるRAV4と比べると格落ち感は否めないため、Tjクルーザーの走りに非力感を感じそう。トヨタ新型Tjクルーザーの車重はしっかり重くなりそうですから、FJクルーザーのように走破性がどこまで実現されてるかは微妙かも。

car-geek.com

car-geek.com

トヨタ新型Tjクルーザーの価格帯は?実際人気は出そうか?

続いては「価格帯」の最新情報。トヨタ新型Tjクルーザーの値段はどうなるのか?あまりに割高価格ではTjクルーザーの人気は期待できない。

結論から書くと、トヨタ新型Tjクルーザーの価格帯は不明です。

ただし、Tjクルーザーの車両本体価格は300~450万円程度と見る情報や、自動車雑誌によっては「上限280万円程度ならかなり売れる」と予想してる人などもいます。実際、Tjクルーザーとシャシーが結果的に共用されるC-HRハイブリッドの価格帯が200万円台後半。

そう考えると、Tjクルーザーの価格帯はガソリン車も含めると250~350万円前後ぐらいと予想できそう。少なくとも、Tjクルーザーの価格帯はC-HRを下回ることは絶対にない。だから、Tjクルーザーの値段はおそらくトヨタ・RAV4と被ってきそう。

じゃあ、トヨタ新型Tjクルーザーは果たして人気が出るのか?

結論から書くと、個人的にはTjクルーザーはそこまで売れない気がする。

何故なら、同じ価格帯であればTjクルーザーよりもRAV4を購入しそう。スライドドアを採用するなど実用性は高いものの、車体サイズもいささか中途半端。Tjクルーザーを大人数でアウトドア目的で購入する人もどこまでいるのか。

また、Tjクルーザーのデザインも「奇抜すぎる印象」も拭えない。かつてトヨタ車はダサいという記事も作りましたが、往年のトヨタ・WiLLを彷彿とさせるのは気の所為か。「ミニバン的実用性」と「SUV的な走破性」を組み合わせた三菱新型デリカD5も既に人気。

要するに、どういった層がTjクルーザーを購入するのか見えない気はします。トヨタ的には新型エスティマのフルモデルチェンジを急いだ方が賢明か。

コメント

タイトルとURLをコピーしました