【2018】レクサス新型UX 最新情報まとめ【2019】

スポンサーリンク

レクサスの最小コンパクトSUVといえば「レクサスNX」。興味がある方は「レクサスNX おすすめ人気グレード」なども参照して欲しいんですが、NXは言っても国内だとそこそこ大きいサイズ感。

そこでレクサスから販売を予定しているのが、更にコンパクトな「レクサスUX」と呼ばれる新型SUV。トヨタはレクサスUXの開発に割と力を入れており、レクサスUXを生産するトヨタ自動車九州の年産台数40万台を早くも超える見込みらしい。

ということで改めましてレクサス新型UXに関する最新情報をまとめてみました。レクサス・UXが発売されるのはいつなのか?レクサス・UXの価格帯はいかほどなのか?

レクサス新型UXの発売時期は2018年後半?

まずは発売時期。レクサス新型UXは一体いつ頃登場するのか?

結論から書くと、レクサス新型UXの発売時期は2018年後半頃と見られています。もう少し具体的に解説すると、既にレクサス・UXのテストカーは海外で走行済み。更に2018年春から夏にかけて、レクサスUXの開発車両が完成に近づく模様。

そしてレクサスUXのガソリン車モデルが2018年10月に量産が開始、レクサスUXのハイブリッドモデルが2018年11月から遅れて量産が開始される模様。だからレクサス新型UXの発売もそこから遠くない時期に発売されると考えていい。

レクサスNXを参考にするなら、UXも同様に発表と同時に発売も開始されるかも知れない。レクサスUXの予約そのものは量産が開始される秋頃と見ていいでしょう。

レクサスUXの内外装などのデザインはどうなる?

続いてはレクサスUXの内外装をチェックしたいと思います。

レクサスUX コンセプトモデル

レクサスUXの見た目で参考になるのは、2016年のパリモーターショーに出品されたコンセプトモデル。おそらく市販車版のUXのデザインも基本的にコンセプトモデルがベースになるはず。いわゆるレクサス顔を想像するといいんじゃないかと思います。

たださすがにちょっとパンチが効いたデザインではあるため、ホイールデザインなどは実際にUXが販売される時には落ち着いたデザインに仕上がるはず。あとタイヤサイズも異様に大きいため、UXは大径タイヤが装着するのは確定的ですがここまで大きくはなさそう。

レクサスUX コンセプトモデル

レクサスUXのコンセプトモデルの内装を確認しても、かなりぶっ飛んだデザイン。市販車版のUXは常識的な内装に仕上がるはず。どこを見ても市販車に活かせそうな部分が皆無(笑)のため、基本的にレクサスUXの内外装のデザインは「NXベース」と考えていいんじゃないでしょうか。

ただ一方、リアデザインはそのまま市販されそうな雰囲気。UXのコンセプトモデルでもリアコンビネーションランプが繋がったデザインなんですが、トヨタ・プリウスPHVなどを参考にすると既に現実的な範疇に収まったデザイン。