【価格】スズキ・ハスラー おすすめ人気グレードTOP4まとめ!どれが売れ筋モデル?何を買うのがお得?

スズキの人気軽自動車が「ハスラー」。軽では珍しくSUVテイストのモデルとして2014年に売り出されて大ヒット。2020年に現行2代目ハスラーはフルモデルチェンジしたばかりですが、現在ではスペーシアについでスズキの稼ぎ頭をつとめるほど。

ae68c788e7fddd22b797bca81907927d 500x366

そこで今回カーギークでは「スズキ・ハスラーのおすすめ人気グレードTOP4」を解説しようと思います。

a7c63ccab679929a05980f0570927fd2
【価格】スズキ・ソリオ おすすめ人気グレードTOP3まとめ!どのモデルを買うのがお得?
【価格一覧】スズキ・ソリオのおすすめ人気グレードTOP3を徹底解説まとめ!ソリオはどのモデルを買うのが一番お買い得?

ハスラーの価格帯

まずはハスラーの価格帯をおさらい。

  • ハイブリッドG…約136万円
  • ハイブリッドX…約151万円
  • ハイブリッドGターボ…約145万円
  • ハイブリッドXターボ…約161万円

ハスラーのグレード構成は合計4個。先代ハスラーと比べるとずいぶん簡素化されてますが、理由は全車マイルドハイブリッド化されたから。そのため新型ハスラーの値段は先代比で最大10万円以上の割高にはなってます。

ただ全車で自動ブレーキシステムやカーテンエアバッグが標準装備されるなど、とりわけ安全面での装備はしっかり充実。一応、自動ブレーキ非搭載車は128万円から購入することも可能ですが、これを選択してるユーザーは基本的に少ないはずです。

ハスラーのターボモデルには「全車速域の追従クルーズコントロール」や「車線逸脱防止支援システム」が備わるなど、NAモデルから更に先進的な安全装備が備わります。またターボモデルには「パドルシフト」なども標準搭載されています。

上級モデルの「X」では本革ステアリング、フルLED、LEDサイドターンランプ、15インチアルミホイール、助手席バニティミラー、ギアシフトパネルにピアノブラック塗装、ドアトリムパネル部分が新たに加飾されるなど、室内外の質感が高められています。助手席前のアッパーボックスは蓋代わりに使えるなど、「G」よりも実用面が充実。

だから「G」と「X」で15万円程度の価格差はあるものの、至って妥当な金額と言えそうです。

acc577c3217d75b1112565096a9657e5
【価格】スズキ・ジムニー おすすめ人気グレードTOP3まとめ!どれが売れ筋モデル?ジムニーシエラの人気グレードは?
【価格一覧】スズキ・ジムニー(ジムニーシエラ)のおすすめ人気グレードTOP3を徹底解説まとめ!ジムニーやシエラは売れ筋モデルは何?どのグレードを買うのが一番お買い得?

ハスラーのおすすめ人気グレードは?

続いてはハスラーの人気おすすめグレードTOP4を解説。

  1. ハイブリッドX
  2. ハイブリッドG
  3. ハイブリッドXターボ
  4. ハイブリッドGターボ

以上がスズキ新型ハスラーの売れ筋グレードになります。

ハスラーで一番人気の売れ筋グレードが「X」

前述のように内外装の質感が高められた最上級モデルのノンターボモデル。車両価格は150万円と中々のお値段ですが、例えば、ホンダのフィットで本革ステアリング仕様のモデルを購入しようとしたら176万円以上。同装備のコンパクトカーを購入するぐらいであれば安いもの。

続いてハスラーの2番人気はエントリーグレード「G」。ハスラーは女性人気が高いこともあって、「走りや安全性にはこだわらないから、できるだけ安く乗りたい」という層はそれなりに多い模様。やはり100万円台の新車で【15万円の価格差】は決して無視はできない。

続いてハスラーの3番人気は「Xターボ」。一番売れ筋だった最上級モデルのターボ仕様。先代ハスラーではXターボがGより人気だったんですが、価格が160万円を超えてくると選ぶ人は若干減ってしまう模様。それでも先進的な安全装備を選択するハスラーユーザーは多い模様。

そして、ハスラーの最も不人気グレードが「Gターボ」。車両価格は145万円と一番人気の「X」と価格差はわずか6万円。ほぼ同じ価格帯のGターボを買うぐらいなら「X」を選ぶ人が多いのでしょう。そう考えるとハスラーの価格設定はわりと絶妙。

コメント

タイトルとURLをコピーしました