【自動車】凍ったフロントガラスをすぐ溶かす方法まとめ【熱湯は危険?】

最近、めっぽう寒くなってまいりました。

地球温暖化問題はどこに消えてしまったのやらといった感じですが、こんな寒い冬に自動車ユーザーの多くを悩ませるのが「凍結」の問題。

道路の凍結は言うまでもなく、とりわけ朝に通勤で使おうと思ったら、自動車の「フロントガラスが凍結してる」ことしばしば。

正確には霜と表現してもいいかも知れませんが、フロントガラスが凍結すると、もちろん視界が悪化してドライバーの運転に支障をきたす。下手すりゃ、大事故に発展しかねない。

でも通勤前で急いでる場面、アイススクレイパーでいちいちガリガリとフロントガラスを削ってられない。

そこで今回カーギークでは「フロントガラスの凍結を一瞬で溶かす方法」を解説したいと思います。どうやら凍ったフロントガラスを意外と簡単に溶かすことができるらしい。

【最悪の結果】熱湯はフロントガラスが割れる危険性大!

まず最初に誰でも浮かびそうな対処方法は、おそらく「熱湯」。凍った物体には熱いお湯をぶっかければええやんかいさ、って話。

ただ結論から書くと、熱湯を凍結した車のフロントガラスに掛けるのは危険だから絶対に止めておきましょう。簡単に言うと、フロントガラスが割れる危険性が高いから。

フロントガラスは夜間の放射冷却現象でものすごく冷えてる状態。そこに一気に高温の熱湯を掛けてしまった場合、温度差でガラスにヒビが入ることも。

そのため「お湯」は危険。

もし凍結したフロントガラスに使用するのであれば、強いて言えば「ぬるま湯」。それでも水の温度がぬるすぎると、かえってフロントガラスが余計に凍結してしまう恐れも。

【予防対策】フロントガラスを凍ったままにしておかない!

だから、フロントガラスが凍結してしまう原因は「水分」。正確にはホコリや油を中心核に水分が付着して、そこから凍結が進んでいく。雪の結晶が生まれる原理と同じ。

そのため自動車のフロントガラスが凍結しない事前の予防としてはまさに「撥水対策」

そもそもフロントガラスが凍結しなければ、わざわざ毎朝対策しなくて済むってもんです。だからガソリンスタンドなどで撥水加工を行ったり、自分で撥水スプレーをフロントガラスに掛けておくことが効果的。

他にも、「凍結防止カバー」も効果的な対策法になります。

この凍結防止を車のフロントガラスにそのまま被せておけば、翌朝凍結してないことが多いと思います。イエローハットなどのカー用品店やAmazonなどネットショップで普通に数千円程度で購入できるため、一番現実的な対処法かも知れない。

【すぐ溶ける】消毒用エタノールと水を混ぜた液体を使うだけ!【溶かし方】

ということで順序はズレましたが、「自動車の凍結したフロントガラスを一気に溶かす方法」を最後に紹介して記事を終わりたいと思います。

結論から書くと、「とある液体」を掛けただけで凍結した車のフロントガラスが溶けます。

そのとある液体とは「水」と「エタノール」。いわゆる消毒用アルコールを水で薄めた液体。具体的には、水とエタノールを2:1の割合で混ぜるだけ。

消毒用アルコールの融点はマイナス90度前後と非常に低いため、凍結したフロントガラスは結果的に霜が溶けていく。

例えば、市販のスプレーボトルに入れて吹きかけると良いと思います。そのままペットボトルに入れてしまうと、必要以上にフロントガラス以外にも掛けてしまうのであまりおすすめしません。

実際、アルコールの濃度やワイパーゴムなどに吹きかけると傷んでしまったりするため注意。無理せずフロントガラス全体を溶かそうとはせず、ドライバーの視線部分に重なる部分だけで良いと思います。

そのため、カー用品店などで市販されている「解氷ウィンドウォッシャー液」を素直に購入することをおすすめします。価格は1000円2000円程度に過ぎず、本当に一発でガラスの霜が即溶けます。

あくまで雪があまり降らない地域での話。テレビニュースなどでよく見かけますが、フロントガラス上に大量に積もった雪にも効果的かは不明。是非これからの寒い季節の自動車ライフの参考にしてみてください。

ちなみに、【自動車雑学】暖機運転は本当に必要か?などもご参照ください。

フォローする