【疑問】軽自動車のナンバープレートが黄色い理由とは?

最近、軽自動車の白いナンバープレートを装着できることが各所で話題になっております。これを裏返すと軽自動車の「黄色いナンバー」が嫌いという方が、それだけ今でも一定数の割合は存在する証拠。

ただ今更ですが、何故軽自動車のナンバープレートは黄色いんでしょうか?別に黄色である必要はなくね?そこで今回カーギークでは「軽自動車のナンバープレートが黄色い理由」を解説していこうと思います。

軽自動車と普通車の見分けが付くように

結論から書くと、黄色いナンバーに設定した理由は「軽自動車と普通車の違い」をよりハッキリさせるため。何故なら税金面や維持費など、軽自動車と普通車の法的な扱いは割と結構多い。

最近はETCカードなどが普及しておりますが、例えば軽自動車と普通車の「高速料金」は結構違うのは誰しも体感したことはありそう。特に一昔前までは高速料金はオジちゃんに手渡しして払っておりました。

その時に「ナンバープレートの色」でパパっと車両が見極められるメリットが大きかった。軽自動車は何度も規格が拡大されており、もちろんフォルムの違いは大きいものの、現在だと意外と大きさはパット見変わらなかったりします。

○じゃあ何故黄色なのか?

ただ軽自動車が普通車と見極められるようにするなら、別にナンバープレートは何色でもいいじゃないか?って話。極論するとピンク色だって構わないはず。何故軽自動車のナンバーは黄色なのか?

簡単に言っちゃえば、「黄色と黒字のコントラストは視認性に優れる」から。冒頭画像を見てもわかるように、非常に遠目からでも確認できるぐらいクッキリと数字が確認できる。逆に目が痛いほど。

事業用の軽自動車は逆に黒地に黄色い数字が描かれていますが、やはりクッキリとナンバープレートが確認できます。特に夜間は視界が悪化するため、軽自動車は普通車よりも却って目立つほど。

そう考えたら軽自動車のナンバーを白にするのではなく、普通車のナンバーを黄色に変えた方がいいぐらいかも知れない。以上、カーギークによる軽自動車のナンバープレートが黄色い理由まとめでした。

もし興味があれば「アルファベット表記のナンバープレートが存在する?」「光るナンバープレートは実は違法?」「希望ナンバーおすすめの数字一覧まとめ」なども参照してみてください。