【2021】スズキ新型アルト フルモデルチェンジ最新情報まとめ!次期アルトワークスは発売される?発売日や価格は?

スズキの軽自動車のエントリーモデルが「アルト」。とにかく安いことが売り。現行8代目アルトは2014年12月に発売され、往年のスポーツモデルのアルトワークスなど途中で投入されたことも話題になりました。

ただし、既に現行アルトが発売されて5年が経過。2020年以降は6年目に突入しようとしてる。アルトのライバルであるミライースは2017年にフルモデルチェンジしていおり、さすがに相対的に古さは否めない。

978406121342f9d616f76860a3c10005 500x324

(ベストカー2020年1月26日号 講談社)

そこで今回カーギークでは「スズキ新型アルトのフルモデルチェンジ最新情報」をまとめたいと思います。次期9代目アルトはいつ発売されるのか?次期デザインは一体どうなるのか?アルトワークスもフルモデルチェンジするのか?

car-geek.com

発売日は2021年か

最初は「発売時期」の最新情報。スズキ新型アルトがフルモデルチェンジするタイミングは一体いつ頃なのか?

結論から書くと、スズキ新型アルトの発売日は2021年以降になりそう。一方、2020年にフルモデルチェンジが早まる噂もあります。実際、現行アルトは2014年12月に発売しており、そこからちょうど6年後にあたる時期は2020年12月。

だから新型アルトがフルモデルチェンジするタイミングとしては「2021年前後」が一番可能性としては高そう。次期アルトの発売時期が2020年前半に早まることも、2022年まで大きく遅れることもなさそう。

ただし、スズキはあまり社内から情報が出てこない自動車メーカー。正直、割とフルモデルチェンジ直前になるまで分からないというのが全自動車メディアの本音でありましょう。

アルトワークスもフルモデルチェンジする?

続いては「次期アルトワークス」の最新情報。現行アルトでは10年以上ぶりの復活に車好きは歓喜したとかしてないとかですが、9代目でもアルトワークスは発売されるのか?

結論から書くと、スズキ新型アルトワークスもフルモデルチェンジされそうです。最近は各自動車メーカーはスポーツモデルの投入が盛ん。一時期はスズキもオープンカーの再販も噂されていましたが、アルトワークスが主軸になりそう。

現行アルトワークスは後付けでサイズ不相応のレカロシートを搭載するなど、さすがに付け焼き刃感は否めなかった。でも次期アルトワークスではしっかり設計され、乗り心地などもスポーティーさが追求されそう。

ただし、次期アルトワークスの発売はノーマルアルトのフルモデルチェンジから一年ほど遅れそう。タイミング的なことを踏まえると、2021年の東京モーターショーに次期アルトワークスが出品される可能性も大。

car-geek.com

新型アルトの次期デザインはどうなる?

続いては「次期デザイン」の最新情報。現行8代目アルトは確かアウディのデザイナーが設計したことが話題になりましたが、次の9代目新型アルトはどうなるのか?再び奇抜なデザインに?

978406121342f9d616f76860a3c10005 500x324

(ベストカー2020年1月26日号 講談社)

例えば、ベストカーだとスズキ新型アルトの次期デザインを画像のように予想している模様。さながらノーマルのスペーシアとイグニスを合体させたようなフロントマスク。四角風ヘッドライトは現行アルトもやや彷彿とさせるか。

f9362a2704b1194f613b79931d8e5517 500x146

(ベストカー2017年6月10日号 講談社)

一方、これまでのアルトのフルモデルチェンジの変遷を見てみると、こんな風に毎回デザインを大胆に刷新してる。そのためベストカーが予想してるような「ややもするとキープコンセプト」のようなデザインにはならないのではないか?

とはいえ、もはや不安半分諦め半分って感じですが、新型アルトは「普通のデザイン」では発売しないだろうなとは思います。

car-geek.com

シャシーはフルモデルチェンジ後も刷新しない?

続いては「搭載エンジンやプラットフォーム」などの最新情報。

まず9代目新型アルトの搭載エンジンは「R06D型」に刷新されます。

これは2020年1月にフルモデルチェンジする新型ハスラーや同時期にマイナーチェンジ予定の新型ワゴンRに初めて搭載される新型エンジン。スズキ車初のデュアルインジェクションシステムを採用してるのが特徴。新型アルトも当然これに換装されます。

また自動ブレーキの搭載は2021年以降に義務化されるため、新型アルトもステレオカメラタイプの最新のものに換装されそう。グレードによっては分かりませんが、フルモデルチェンジ後はアルトにも追従クルーズコントロールが設定されるはず。

逆に価格の上昇は避けられなくなるため、アルトの価格帯を踏まえると「マイルドハイブリッド化」はいっそ大胆に取りやめる可能性がありそう。新型アルトも車体はかなり軽量なので電気モーターのちょいアシストは今更不要でしょう。

一方、新型アルトはプラットフォームは刷新されないと報じられております。現行アルトに初めて「ハーテクト」と呼ばれる新型シャシーが採用されており、フルモデルチェンジ後も流用されるとしたら微妙。逆に言うと、まだ新型アルトの情報が少ない裏返しか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました