【悲報】トヨタ・ポルテとスペイド、2018年中に販売終了へ!?

最近は軽自動車だけではなく、普通車でもスライドドアタイプの新車が人気。トヨタだとシエンタやルーミー、タンク。他にもポルテやスペイドといった車種も販売中であります。

ただ特にトヨタ車ではシエンタが人気。最近はダイハツ製のルーミーやタンクが絶好調。そのためポルテやスペイドの販売台数は後塵を拝しており、2つ合わせても月販台数が1000台を超えないことも。

そのためベストカー情報によると、ついにトヨタ・ポルテやスペイドが今年2018年中に販売終了される可能性があるとのこと。そこでカーギークでは本当にポルテとスペイドが販売終了するのか考察してみようと思います。

いずれポルテとスペイドは販売終了する可能性は高い

結論から書くと、情報としては曖昧。ベストカーでは「年内(2018年)いっぱいあたりで生産中止になる可能性があります」と書かれているに過ぎず、実際にポルテとスペイドが販売終了するかまでは不明。

断定できるほどの根拠はなし。

あくまで最近はルーミーとタンクに需要がシフトしていることに対して、トヨタディーラーの中の人が「ポルテとスペイドの役割は終わった」という発言からなんとなく予想しているだけ。

とはいえ、現状ポルテとスペイドが売れてないことは間違いない。実際、左側に大きなスライドドアが一枚だけという仕組みが特殊。しかもハイブリッドが搭載されないなど、シエンタなどよりも選択肢が狭い。

またトヨタは「ラインナップの整理」を掲げており、実際既にFJクルーザーやアイシスといった車種は販売終了済み。そのため2018年中に販売終了しなくても、ポルテやスペイドはいつ販売終了してもおかしくない状況。

だから、いずれトヨタ・ポルテとスペイドが数年以内に販売終了する可能性は非常に高いとカーギークでは考えます。もし欲しいと考えてる方は、今のうちにポルテやスペイドを購入しておくことをおすすめします。

フォローする