【2018】マツダ新型アテンザ、3度目のマイナーチェンジで何が変わる?【最新情報まとめ】

スポンサーリンク

マツダのフラッグシップモデルといえば「アテンザ」。このアテンザは2012年に発売されて以来、何度かテコ入れが図られております。時期的にそろそろモデルチェンジしても良さそうな気配。

ただこの度、マツダ新型アテンザは三度目のマイナーチェンジを施す予定とのこと。そこで今回もカーギークがマツダ新型アテンザのマイナーチェンジ最新情報をまとめてみたいと思います。

新型アテンザはいつ頃マイナーチェンジするのか?果たして新型アテンザは大きく進化することはあるのか?ちなみにアテンザワゴンもアテンザセダンも基本的に、あまり区別なく表記しております。

新型アテンザはマイナーチェンジで内外装がブラッシュアップ!

まずは新型アテンザの見た目。もっと言うと、今回のマイナーチェンジで内外装がブラッシュアップされます。

(ジュネーブモーターショーに出品された新型アテンザワゴン)

つい先日開催されたジュネーブモーターショーでは、既に新型アテンザワゴンがお披露目済み。ちなみに2017年のロサンゼルスモーターショーでは新型アテンザセダンが出品済みです。

(マツダ現行アテンザ)

一見すると新型アテンザの見た目がどう変わったのか分かりづらいですが、現行アテンザの画像と比べると変化に多いことに気付きます。

例えば新型アテンザのフロントグリルは心なしか大きさが拡大し、また格子状のデザインに変更されて質感がアップ。あとはメッキガーニッシュも新型アテンザではヘッドライト下部まで突き抜けたことで、よりアテンザのワイド感が演出されてることが伺えます。

(ジュネーブモーターショーに出品された新型アテンザワゴン)

またマツダ新型アテンザの内装の質感が更にアップしてることも、今回のマイナーチェンジの特徴として見過ごすことはできません。新型アテンザは本当にDセグメントカーらしいプレミアム感が増している気がします。

新型アテンザは300万台で購入できるセダン車、ステーションワゴンとして風格みたいなんが醸し出されており、もしアテンザの購入を考えてるのであれば是非マイナーチェンジ版を購入したいと思わせてくれます。

マイナーチェンジの目玉は「新型2.5Lターボエンジン」

そしてマイナーチェンジの最大の目玉が「新型2.5Lターボエンジン」でしょう。

この「スカイアクティブG-2.5T」はアメリカ専売のCX-9に既に搭載済みのパワフルなエンジン。最高出力は245PS、最大トルクは42.8kgm。スペックだけ見たら、4LのV8エンジン並み。それでいて燃費性能にも優れる万能選手。

このターボエンジンはずっと他の車種には展開されないのではないかと言われていたものの、今回の新型アテンザに搭載されるらしい。でも、あくまで海外での話であって、日本国内では引き続き投入されないといったマイナーチェンジ情報もあります…。

ただ既に2.2Lクリーンディーゼルターボを搭載した「マツダ新型CX-8」が人気を博してる。新型アテンザとしては、そことの差別化を図る意味でも新型2.5Lターボが搭載される可能性は高いとカーギークは予想。

もし今回のマイナーチェンジが内外装のテコ入れだけでは、さすがのアテンザさんの名前が泣いてしまいます。

マツダ新型アテンザのマイナーチェンジ時期は2018年10月

最後はマツダ新型アテンザの発売時期。果たして一体いつ頃マイナーチェンジされるのか?

結論から書いちゃうと、マツダ新型アテンザの発売時期は2018年秋頃と予想されております。確かに、これまでのアテンザのテコ入れ時期を考えると、何故か秋口に一部改良やマイナーチェンジが集中してることが多い。

そのためカーギークでは、マツダ新型アテンザは「2018年10月発表、2018年11月にマイナーチェンジ」という流れだと予想してみます。どのみちマツダ新型アテンザ(セダンもワゴンも同時に)はあと半年程度で発売されるはず。

ちなみに、今回のマイナーチェンジでは自動ブレーキ「i-ACTIVSENSE」も改良される模様。あとNASVAのテストに合わせるためか、新たに360度アラウンドビューモニターも設定されます。