【2021】ホンダ新型オデッセイがビッグマイナーチェンジで外観一新か?【2020】

ホンダの高級ミニバン車が「オデッセイ」。

特にオデッセイはシリーズハイブリッドの一種である「i-MMD(現在はe:HEV)」をいち早く搭載したことで話題になりました。走行性能ではアルファード・ヴェルファイアに見劣りしない。オデッセイの2019年は月販平均台数が1000台前後と価格帯を考えるとまずまず売れてる方かなと思います。

8cc0a462d3483e4b67f009a6929cb222 500x237

(ホンダ現行オデッセイ)

そこで今回カーギークではホンダ新型オデッセイのマイナーチェンジ最新情報を解説してみました。

car-geek.com

早くて2020年にマイナーチェンジか?

まずは「マイナーチェンジのタイミング」に関する最新情報。

結論から書くと、ホンダ新型オデッセイは「2021年初旬」にビッグマイナーチェンジを行う模様。場合によっては、2020年に早まる可能性もあります。やはりオデッセイは価格が価格だけに、安倍政権の消費増税はそれなりに影響が大きい。

一方、当初は新型オデッセイのフルモデルチェンジも噂されていましたが、後述するテコ入れの内容を見る限りはビッグマイナーチェンジに留まる可能性がありそう。

実際、ホンダ・オデッセイは「国内向け」と「北米向け」で作り分けられてる。意外と北米向けオデッセイは人気のようですが、日本向けのオデッセイと車格が全く異なる。そのため開発コストを考えると、オデッセイレベルの販売台数では大胆にテコ入れするのは難しいのか。

car-geek.com

新型オデッセイはエスクァイア顔にマイナーチェンジ?

続いてはマイナーチェンジ情報の目玉。

9b96c031a0624f2ba4e84f34a460a552 500x302

(トヨタ・エスクァイア)

結論から書くと、ホンダ新型オデッセイは「トヨタ・エスクァイア」のような顔付きに変身すると言われてます。エスクァイアはノアやヴォクシーの高級バージョン。車格が1ランクほど落ちるのでどうかと思ったりもしますが、新型オデッセイは質感が高められてくる。

8cc0a462d3483e4b67f009a6929cb222 500x237

(ホンダ現行オデッセイ)

一方、現行オデッセイのフロントマスクがこちら。意外とそこまで違いは見て取れないので、実際問題として新型オデッセイがどこまで雰囲気が変わるかは不明。どちらかというとエスクァイアというより、トヨタ・アルファードに近い雰囲気になるのかも。

それでもマイナーチェンジ後は更にメッキ感が強まりそう。マイナーチェンジ後は縦長にメッキグリルがあしらわれ、存在感や張り出し感が強まりそう。オデッセイは典型的な箱型ミニバンではなくやや流麗なフォルム感ですので、これ以上ワイド感を強める必要がないとの判断か。

少なくとも、今回のマイナーチェンジで新型オデッセイのデザインが変わる可能性が高そうですが、逆に言うとパワートレインや足回りなどに変化はなさそう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました